岸田総理が沖縄入りへ なんとか安倍・菅時代との違いを…応援演説の先に待つ試練

岸田総理が沖縄入りへ なんとか安倍・菅時代との違いを…応援演説の先に待つ試練

岸田文雄内閣総理大臣

 岸田文雄総理が沖縄入りする予定を立てていることが独自取材で分かった。来週19日に始まる選挙戦で自民党候補を応援するもので、那覇などで街頭演説に臨む。総理大臣が国政選挙の応援で沖縄入りするのは2013年の参院選以来、8年ぶりである。【武田一顕/ジャーナリスト】


■沖縄で苦戦続きの自民党


 沖縄での選挙は自民党の苦戦が続いている。

 国政選挙に6連勝して政権基盤を盤石にしていた安倍晋三も、沖縄だけは例外だった。2014年の衆院選で沖縄の小選挙区当選はゼロ。もっとも、これに先立つ2012年の総裁選時、候補の一人だった安倍は那覇市内で街頭演説したが、沖縄の問題には一言も触れなかった。「安倍さんは沖縄にまったく関心がない」(沖縄県自民党関係者)と思わせるような態度では、県民の心を掴むことはできなかったのだろう。

 ましてや、官房長官として名護市辺野古への基地移設を強引に進め、沖縄基地負担軽減担当大臣を兼務しつつも住民の声に耳を傾けなかった菅は、県民の反感を買いまくった。県内からは「菅さんは沖縄を蹂躙している」という声まで上がっていた。

 一方、岸田は2007年の第一次安倍内閣で沖縄北方担当大臣として初入閣。在任中は離島を含め何度も訪沖し、沖縄の方言で「おしゃべり」を意味する「ゆんたく会議」を開いて、現地の人々と語らってきた。岸田が提唱している車座対話の走りだ。その岸田が率いる今回の総選挙では、沖縄をめぐる情勢も変化しようとしている。


■注目は「1区」


 まず4区では、岸田内閣に沖縄北方担当、復興担当大臣として入閣した西銘恒三郎が有利に戦いを進め、当選する見通し。

 2区と3区はオール沖縄と呼ばれる社民、立憲の牙城を自民候補は崩せず、それぞれの野党候補が頭一つ抜け出していて、議席を確保すると見られている。

 注目は那覇を中心とする1区だ。10月16日現在の立候補予定者は次の通り。

赤嶺政賢(73)   共産
国場幸之助(48)  自民
下地幹郎(60)   無所属

 沖縄1区は小選挙区で共産党が議席を獲得している珍しい選挙区で、今回の選挙でも立憲民主党は候補の擁立を見送っている。先頭を走る前職の赤嶺を自民比例当選の国場が激しく追い上げる展開だが、注目すべきは無所属の下地だ。自民党で初当選したが、その後離党。国民新党や維新を転々と渡り歩き、前回選挙では維新で比例復活当選している。しかしIR問題で下地事務所職員が中国企業側から現金100万円を受け取っていたことを報告書に記載せず、昨年、維新からも除名された。そんな下地は14日、選挙への出馬を宣言したが、票は全く伸びていない。では、なぜ注目なのか? 読み解く鍵は、地元で広がるこんな声だ。「出馬宣言しても、下地さんは実際には出馬しないのではないか」。


■かつては沖縄に尽力していたが…


 下地が正式に選挙戦を始めた場合、1区は保守分裂となる。自民党としてはなんとしても国場への一本化を図りたい。下地はそれを見越して、自らの自民党復党と引き換えに出馬の見送りを模索しているというのだ。これには地元の沖縄県連が強く反発していて、関係者の一人は「下地が復党なんかしたら県連が乗っ取られる」と強い警戒感を示している。

 対する国場は、2012年に小選挙区で当選したものの、2014年と2017年は比例復活。安倍・菅という沖縄に無関心な政権が続いて逆風に悩まされてきた。しかし今回は、自身が属する宏池会の岸田が総理に就任。8年ぶりの総理の沖縄応援を受けて、小選挙区当選に弾みをつけたい考えだ。自民党のベテラン議員は「来年の参院選が終われば、国場の入閣もあるのではないか」と話す。

 自民党はかつて、小渕恵三や橋本龍太郎、野中広務らが沖縄に強い関心を持ち、沖縄のために汗を流した。小渕は沖縄にサミットを誘致し、アメリカ大統領の沖縄訪問を実現。橋本は普天間基地返還をアメリカに約束させた。野中は自らが受けた差別体験をもとに沖縄に深い同情の念を寄せ、議員を辞めてからも幾度となく足を運んでは、沖縄に思いを寄せることの重要性を説いた。何より野中は、自民党有力者に上り詰めてからも沖縄で金集めをしなかったという。しかし、2012年の自民党政権復帰後、トップである安倍の無関心が伝播したのか、沖縄を重視する声が党内で上がることはほとんどなくなり、中央政府と沖縄は乖離を続けてきた。


■首相に問われる「説得力」


 沖縄はいま、辺野古の基地建設をめぐって民意が分断され、コロナ禍によって経済的にも大打撃を受けている。その中での岸田政権誕生と総選挙は、これから沖縄にどう向き合っていくのかを決める重要な機会となる。

 この週末に西銘復興大臣とともに東北の被災地3県を視察している岸田が、続いて沖縄を訪れる様子はイメージアップにつながるだろう。特技という「人の話をしっかり聞く」姿も見られるかもしれない。ただし、安倍政権誕生からほぼ9年もの乖離を経た沖縄への対応は、一筋縄ではいかない。辺野古移設を含めて沖縄県民をどう説得し、工事を進めていくのかも岸田には問われている。尖閣諸島を抱える沖縄は、好むと好まざるとにかかわらず、いまや米中対立の最前線となってしまった。安全保障上の重要性と米軍基地があることによる日常の不安や負担をどう両立するのか……岸田にとっては応援演説の先に大きな試練が待っている。

武田一顕(たけだ・かずあき)
元TBS北京特派員。元TBSラジオ政治記者。国内政治の分析に定評があるほか、フェニックステレビでは中国人識者と中国語で論戦。中国の動向にも詳しい。

デイリー新潮取材班編集

2021年10月17日 掲載

関連記事(外部サイト)