元SPEED「今井絵理子参院議員」のイケメン神戸市議との「一線は越えていない」不倫略奪愛【政治家の黒歴史05】

元SPEED「今井絵理子参院議員」のイケメン神戸市議との「一線は越えていない」不倫略奪愛【政治家の黒歴史05】

参院議員として5年が経過し、来年に改選を迎える

■女手一つで育てた


 10月31日の投開票の衆院選。候補者らの立派な公約に目を奪われるあまり、本人のキャラクターが見えなくなることもしばしば。それぞれの人柄や歴史を知っておくのは有権者にとっては大切なことだろう。もっとも、その歴史の中には本人は消し去りたいものも多いのだが……。政治家のスキャンダルを振り返る第5回、今回は参議院議員を取り上げる。元SPEEDのメンバーで自民党の今井絵理子氏(38)。電撃的な参院選出馬を陰で支えたイケメン神戸市議との道ならぬ恋は当時、大きな話題となった。

(※週刊新潮2017.08.03、08.10、09.14、2019.09.19号の内容に加筆・修正しています)

 ***

 今井議員は2004年、前夫との間に長男をもうけたが、生後3日で聴覚障害者と判明。3年後に離婚した後は、女手一つでその子を中学1年生となる今日まで育て上げた、「シングルマザー」として知られている。

「現在の絵理子は仕事よりも男に溺れている。彼女の周辺は、みなそのことを苦々しく思っています」

 と話すのは、今井議員とごく親しい芸能関係者である。彼女の行動を追ってみた。

 7月14日(金)。夕刻、国会付近での会食を終えた彼女は、迎えの車で19時頃、千代田区内の高級賃貸マンションに入っていった。ここは今井議員がセカンドハウスとして使っている。

 マンション前に神戸ナンバーの白いスポーツカーが停車。日産GT-R。安くても1000万円近くはする高級車である。運転席には若い男性の姿が。


■グリーン車内で禁断の


 翌15日(土)。

 朝7時。前日の男性がマンションから出てきた。すなわち「お泊り」の構図。男は駐車場で車に乗り込んだ。

 その10分後、今度は今井議員が迎えの車に乗車。秘書と東京駅に向かった。

 別々に走った2人が再び交じり合ったのは、東京駅、7時40分発の新幹線車内のこと。別車両に乗った秘書に対し、グリーン車で並びに座った2人は終始、親密な雰囲気だ。喫煙ルームに向かい、今井議員が男性の腕に手をかけたり、男性の消えかけたタバコに、くわえタバコで火を移したり。

 出発2時間後になると、昨日の疲れが出たのか、2人は揃って眠りこけていた。下に伸ばしたその手はお互いしっかりと握り合っていた。

 10時過ぎ。新幹線は新大阪に滑り込む。ここで今井議員のみが下車し、2人は一旦別れる。彼女は講演を済ませ、18時、府内のシティーホテルにチェックイン。最上階14階の部屋に向かった。

 2人がこの日、3度目に交じり合ったのは、20時半頃である。

 部屋から出てきた彼女が携帯を片手に話しながら、エレベーターに乗り込み、下へ。誰かを迎えに行くようだ。風呂上りなのだろう、髪は濡れ、ホテルに備え付けの白いパジャマ姿。数分後、エレベーターは再び14階に上がってきた。すると、中から件(くだん)の男性が。その後ろから間を置いてパジャマ姿露わな今井議員も出てくる。そして、2人はそのまま別々に14階の同じ部屋へ消えていったのであった。


■自民党ホープの歯科医


 翌16日(日)朝7時。今井議員がホテルを出て、目の前のタクシーに乗り込む。なぜか5秒ほど間を空けて男性もホテルを出、同じタクシーに乗り込んだ。

 2人を乗せたタクシーは新大阪駅へ。2人はそのまま新幹線に乗り込んだ。前日と同じ、席はグリーン車の隣同士。2時間後、昨夜の疲労が出たのか、共にまた眠り込んでいた。今井議員を覆うタオルケットの下に男性の手がもぐりこんでいる。

 10時。三島駅で2人は下車。そのまま彼女は、御殿場近郊でのイベントに向かう。男性は駅周辺をぶらぶら。その後、2人の姿は、14時東京駅着の新幹線出口にあった。

 今井議員を捉えて片時も離さないこの男性は、橋本健という。自民党の神戸市議会議員を務めている。

 年齢は37歳。10年前に27歳の若さで神戸市議に当選し、現在は3期目で、市議団の幹事長も務めている。大阪大学歯学部卒で、5年前には歯科医院を開業しています。将来は衆院選へとの声もある自民党のホープだ。

「実は橋本は妻帯者なのです。奥さんは高校の同級生で、学生結婚しています。現在、上の男の子が小学生、下の女の子が幼稚園児」(兵庫県政関係者)

 つまり、2人の関係は不倫に当たるわけだ。


■出会いのキッカケは


「知り合うキッカケは、昨年の2月。絵理子が参院選への出馬を発表した頃のことでした」

 と、先の芸能関係者が言う。

「それを受けて、自民党の兵庫県連の青年局が4月の勉強会の講師を彼女に頼んできた。その窓口が青年部長の橋本だったワケです。講演会後、2人は急速に親しくなり、7月、絵理子が当選するとヒートアップ。いつの間にか、絵理子の立ち回り先に、秘書のように同行するようになり、“何だ、あいつは”と噂になりました。それどころか、しばしば上京し、千代田区内のマンションにも訪れるようになったのです」

 一方の地元でも、2人の関係をいぶかしむ声はあった。

「橋本と不倫するようになって以来、絵理子はそっちに夢中で、子どものことはお母さんにまかせることが増えたという印象です」(同)

 では、ここで当事者の話を聞いてみよう。

 まず橋本氏は、

「今井さんとはお付き合いをしていません。恋愛感情もありませんよ。未来のことはわかりませんが、今はただ、尊敬する政治家の仲間として、選挙も応援させていただきました。そういう関係です」

 と言いながら、医院に消えていった。 

 続いて今井議員に取材を申し込むと、しぶしぶながらも面談に応じた。そこでのやり取りはこんな具合だ。


■一線は越えていないんです


――橋本先生と交際されていますよね?

「男女の関係はありません。同じ志を持った、大変頼もしい先生だと感謝しています」

――我々は、千代田区内のマンションや大阪のホテルに泊まっているのを確認しています。

「あの……軽率なことだと思いますが、とにかくこれだけはお伝えしたいのは、一線は越えていないんです。翌日のお仕事、実は橋本先生の紹介でいただいたものだったんです。その時に講演内容を一緒に考えてほしい、という思いで、結局、深夜まで一緒に原稿を書いていたんです。しっかりちゃんとした場所で打ち合わせしたいと思っていたんですけれども、政治の話もしますので、あんまりね、人がいないところで」

――男女が一晩を共にする意味というのは、だいたいの人が想像できると思うのですが。

「おっしゃりたいことはわかりますが……。正直申しますと、好意というのはお互い持っていると思います。だからこそ一線を越えてはいけない」

――新幹線の中で手をつないでいますよね。

「(写真を見て)いや〜これ、私、寝てますね。これは覚えていないですよね。寝てるところをこう……(手を差し出す素振り)」

 他方、そんな今井議員が否定する手つなぎ写真を見て、

「これは決定的ですね」

 と言うのは、他ならぬ橋本氏の妻である。

「今井さんは、この写真は間違いです、と言うんでしょうか。本人がいくら否定しても、こんな証拠があったら世間に通用しないと思うんですけど」


■突然、離婚を申し出た夫


 この“事実”を本誌が報じた後、2人は釈明に追われた。その内容を要約するとこうなる。

 まず、今井議員は、

〈最近、市議から交際の申し込みがあったのは事実。私も彼に好意を抱いていた。市議からは結婚生活が長く破綻し、離婚調停をしていると聞いている。しかし、法律上は妻帯者なので、一線を越えてはいない。「略奪不倫」ではない〉

 一方の橋本氏は、

〈自分の婚姻関係は4〜5年前から破綻していて、昨年8月には離婚したい旨を申し出、別居を開始した。既に破綻している婚姻関係は自由恋愛を妨げないと認識した。しかし、今井議員は友人関係のままでいようと答えた。だから一線を越えてはいない〉

 本誌が彼に取材をして時には「今井議員に恋愛感情はない。離婚調停は4〜5年している」と述べていた。そのわずか3日後の会見で、「交際を申し入れていた」「離婚調停は今年の3月から」と、しれっと前言撤回したわけだ。

 さらに、

「彼が述べている『婚姻関係の破綻』というストーリーもまったくの嘘」

 と真相を明かすのは、橋本氏妻の知人である。

「そもそも、橋本は、あちこちで遊び歩いて、家に帰ってこない夫だったんです」

 酔っては外泊を繰り返す生活の中、

「去年の8月になって、突然、橋本が離婚の申し出をしてきた。そして、9月になると、いきなり近くにマンションを借り、家を出ていってしまったんです」(同)


■突然、妻の実家に現れた夫


 これは、橋本氏が今井議員と会って4カ月目、そして、今井議員が当選した参院選の直後に当たる。

「もちろん橋本は、別居後も生活費は奥さんに渡していました。しかし、しばらくすると勝手に減額するようになったんです。2人の子を抱えた奥さんは困ってしまった。それで仕方なく弁護士を付け、生活費をきちんと支払ってくれ、という婚姻費用分担の調停を起こしたんです。すると3月、橋本は逆にいきなり離婚調停を申し立ててきた」(同)

 さらに本誌から取材を受け、それが発売される前日の7月26日、橋本氏はこんな行動に出ていた。

「いきなり、奥さんのところに“会いたい”と連絡をしてきたのです。既に奥さんは週刊新潮の取材を受け、不倫のことを知っていました。代わって弁護士が会うと、何と言ったと思いますか? “離婚届に判を押してくれ”ですよ。そんなことは出来ない、と弁護士は席を立ったんです」(同)

 すると橋本氏はしつこく、今度は妻の実家に赴いたのだという。

「橋本が行くと、ちょうどご両親が外出するところに出くわした。で、同じように、離婚届を出したのです。さすがに両親も怒って、話すことはない、と」(同)

 記事が出る前日に離婚を成立させ、不倫ではないと強弁し、虚偽の「婚姻破綻ストーリー」を補強しようとしたのであろう。


■議員辞職に有罪判決、そして離婚


「絵理子の許しがたいのは、こうした不倫に公金を使っていることです」

 と述べるのは、先の芸能関係者だ。

「7月14日からの不倫デートでは、東京から新大阪に向かい、その後、東京に帰ってきています。その間、政務をこなしていますから、往復の新幹線グリーン車のチケット代は、国会議員のパスを使ってタダ。つまり、絵理子は政務に不倫デートを組み込み、旅費を税金で賄った。とんでもない話です」

 ***

 この後、橋本氏は政務活動費の詐取が露見して議員辞職。妻とも離婚が成立し、18年秋には有罪判決が下され、経営する歯科医院も廃業かと伝えられた。が、逆境によって2人の「愛」はより深まったようで、今井議員が堂々「交際宣言」したほど。

 そもそも不倫発覚前までは、橋本氏は日本歯科医師連盟の組織内候補として国会議員になる可能性もあったとされる。人生とはわからないものだが、来年に今井議員は6年の任期を終え、改選を迎える。岸田首相応援団としてメディアに登場した彼女は再選を目指すことだろう。

デイリー新潮取材班

2021年10月25日 掲載

関連記事(外部サイト)