甘利幹事長が寵愛する高橋舞子、地元・大分では悪評だらけ 地元紙を読まず支援者の顔も覚えらない体たらく

甘利幹事長が寵愛する高橋舞子、地元・大分では悪評だらけ 地元紙を読まず支援者の顔も覚えらない体たらく

高橋舞子候補

 小泉チルドレン、小沢ガールズと過去を遡(さかのぼ)れば、時の政権を象徴する新人議員が騒動を起こしてきた。今回の衆院選では「甘利チルドレン」が誕生しそうだとの見方がもっぱらだ。

 その筆頭が大分1区から出馬している高橋舞子候補(33)である。

「甘利明幹事長は衆院選で、やはり不人気ですね」

 と政治部デスク。

「政治とカネの問題が過去にありながら幹事長となって、政権支持率もよくありませんし、候補者からの演説の要望がそれほど多くないようです。そうした中、10月24日にわざわざ大分へ飛んで応援に出向きました。よほどの力の入れようです」(同)

 本誌(「週刊新潮」)はこれまで甘利幹事長と高橋氏の関係や彼女の“素行”を報じてきた。大学卒業後、時事通信とブルームバーグで記者として働いていた高橋氏は、甘利氏を取材した縁で親しくなり、2019年、自民党大分県連の公募に応じている。その際、小論文が小学生並みの稚拙な文章ながら、審査を突破。甘利幹事長から県連サイドへの強烈な“口利き”があったとされる。

 大分県連関係者がため息をつく。

「甘利さんがねじ込んできた候補なんですけど、とにかく失礼なんですよね。公募の時は本人から“選挙資金が足りなければ、親戚中に頭を下げてかき集めます!”と言ってきたのに、いざ選挙準備に入るとびた一文出す気がないらしく、県連などにおんぶにだっこ。公認候補になって企業を回っても政策について聞かれるとしどろもどろになってしまうし、地元紙も読んでいないので相手企業から“新聞くらい読ませろ”と指摘される始末です。大分に来て2年半も経つのに、市内の地名や支援者の顔もろくに覚えられない。地元から呆れられています」


■信じられない集客力のなさ


 そんな体たらくなので選挙が始まっても劣勢は変わらず。そこで実現したのが、甘利幹事長の来県だった。

「その日、大分駅近くの商店街で高橋さんと甘利さんの個人演説会が開かれました。千人を集めるのが目標で、幹事長が来るならそのくらいは容易(たやす)いはずなのに、実際は300人程度しか集まりませんでした。甘利さんの人気のなさが如実に表れているというか、信じられない集客力のなさで……」(同)

 演説会で甘利幹事長は、

「高橋舞子さんの無限の可能性と自民党の未来が重なり合う」

 と熱弁。少ない聴衆を前に必死の訴えを見せた。

 その後、当の甘利幹事長を直撃すると、

「あなた方が下種(げす)の勘繰りをしているのとは違いますよ。彼女は私の番記者で国際感覚に優れ、(私が担当した)TPPの国際交渉の現場を見ているんですよ」

 君らが思うような人じゃない、彼女は優秀だ――。そう言って寵愛ぶりを隠そうともしない。

 地元政界関係者は、

「今回の選挙戦は異様です。いつも支援してくれる自民党員は出陣式や集会にほとんど顔を見せていません。先日、河野太郎さんが来た時も甘利さんと昵懇(じっこん)の大分県知事が関係者を動員していました」

 国際感覚に優れていても、“地元感覚”がなければ、民意を吸い上げることなど不可能な気がするが……。

「週刊新潮」2021年11月4日号 掲載

関連記事(外部サイト)