「岸田総理は大阪に来んでえぇ」と自民党関係者が語る理由 吉村知事人気で自民全敗の可能性も

【衆院選】吉村大阪府知事人気で自民全敗の可能性も 岸田文雄首相は大阪で人気なし?

記事まとめ

  • 衆院選で「わざわざ岸田総理は大阪に来んでえぇ」と話す人が多いという
  • 「大阪の自民候補はヘタすると全敗の可能性も囁かれている」と自民党の大阪府連関係者
  • 大阪府議の補欠選挙では、大阪維新の会から出馬した候補が自民の候補に圧勝した

「岸田総理は大阪に来んでえぇ」と自民党関係者が語る理由 吉村知事人気で自民全敗の可能性も

「岸田総理は大阪に来んでえぇ」と自民党関係者が語る理由 吉村知事人気で自民全敗の可能性も

岸田文雄総理

 岸田文雄総理(64)の“電撃解散”で、今回の衆院選は解散から投開票までわずか17日間しかない。戦後最短といわれる限られた日数をどう戦うか。候補者たちは知恵を絞るが、特に激戦が予想される選挙区では無党派層を取り込むために応援弁士がものをいう。

 知名度のある大物が来れば有権者も拍手喝采。本来、その筆頭は政権与党の総理総裁である筈だが、大阪ではどうも様子が違う。

「わざわざ岸田総理は大阪に来んでえぇ。そう話す人は多いですわ」

 と明かすのは、さる自民党の大阪府連関係者である。

「岸田さんは参院の静岡補選で2回も現地入りしたのに、結局は自民の候補が負けて縁起も悪いでしょ。それに大阪に来たら、現職の総理やから恥かかせんようにコッチで聴衆を一生懸命、動員しなきゃならん。それが大変なのよ。安倍元総理や河野太郎さんなんか自民支持者だけでなく、一般の人にも人気あるから、何もせんでも人が集まる。岸田さんは票の上積みも見込めんし、来たら逆に面倒な手間が増えるだけ。そら“岸田は要らん”と思っとる大阪の自民関係者は少なくないんとちゃうか。大阪の自民候補はヘタすると“全敗”の可能性もささやかれとって、どこも苦戦しとるさかいに……」

 実際、大手マスコミなどによる情勢調査の結果は芳しくない。大阪の小選挙区で立候補した自民候補者15人のうち、「当確」とされる候補は皆無なのだ。

 地元記者が解説する。

「10月3日に大阪府議の補欠選挙があり、大阪維新の会から出馬した候補が自民の候補に圧勝したんです。そもそも選挙は『週刊新潮』にヤミ献金疑惑を報じられた元維新の副代表の辞職が発端だったのに、自民はまったく歯が立たなかった。それほど“吉村人気”は高いと言わざるを得ませんね」


■「総理でラッキーやった」


 日本維新の会の副代表も務める大阪府の吉村洋文知事(46)は、コロナ対応を理由にテレビ出演などを繰り返してお茶の間の好感度を上げてきた。全国の選挙区でみても、獲得が予想される同党の議席数は公示前の約3倍となる30議席との報道もある。

 維新の選対に所属する地方議員のひとりはこう話す。

「10月24日に岸田総理が大阪入りして街頭演説をしましたが、維新の人間は“総理でラッキーやった。河野太郎さんなら具合が悪かった”って話していましたよ。大阪人は、河野さんのような改革者のイメージのある政治家に好感を抱く。それに比べて岸田さんって人気ないですからね。演説も聞きましたがパンチがなかったですよ。総理の掲げる“新しい資本主義”なんて、大阪の人間で理解できる奴なんていないと思う。皆“なんのこっちゃ、ようわからん”って言っていますから。岸田さんなら何回来てもらってもOKです」

 現職総理も舐められたものだが、10月25日には総理自らSNSで「#衆院選は大変厳しい情勢」と発信したことが話題となった。

 政治部記者によれば、

「自民は単独過半数を維持する勢いではあるものの、維新の地元・大阪や野党共闘で候補者が一本化された激戦区、特に無党派層の多い東京をはじめとする大都市では苦戦しています」

「週刊新潮」2021年11月4日号 掲載

関連記事(外部サイト)