路チュー不倫の「中川郁子」は苦戦 スキャンダルの余波で地元の支持を得られず

北海道11区の中川郁子元衆院議員"路チュー不倫"で苦戦 夫は故人の中川昭一さん

記事まとめ

  • 今回の衆院選では、北海道11区の中川郁子(ゆうこ)元衆院議員が、苦戦している
  • 郁子氏は6年前、門博文前衆院議員との"路チュー"不倫が報じられ、支持者が戻らなずこ
  • 中川一郎氏、息子の昭一氏と受けつがれた「中川王国」の復活は難しいとの見方

路チュー不倫の「中川郁子」は苦戦 スキャンダルの余波で地元の支持を得られず

路チュー不倫の「中川郁子」は苦戦 スキャンダルの余波で地元の支持を得られず

中川郁子氏

 今回がラストチャンスとなりそうなのは、北海道帯広市などを選挙区とする北海道11区の中川郁子(ゆうこ)元衆院議員(62)。6年前、本誌(「週刊新潮」)に同僚の門博文前衆院議員との“路チュー”不倫が報じられた。その余波で、中川一郎から息子の昭一氏と受け継がれ、選挙の強さゆえ「中川王国」と謳われた選挙区を立憲民主党の石川香織前衆院議員に譲り渡し、郁子氏は比例復活もままならず。亡き夫・昭一氏の地盤を取り戻すべく、今回はまさに背水の陣、満を持しての出馬、のはずだったが……。

 地元町議が嘆息する。

「情勢は悪いよ。各社の世論調査で負けてるし、今回もダメだったら郁子は政治を辞めるだろうな。2回も落ちたら公認は得られない。“路チュー”で離れた支持者がなかなか戻ってこないんだ。あれがなかったら普通に勝てるんだけどな」

 天国の夫にも勝利を誓っているようで、

「今回も前回に続いて選挙事務所にニッコリした昭一さんの遺影を飾ってね。しかし遺影に郁子が手を合わせるのを見る度に、“路チュー”写真を思い出してしまうから皮肉なものですよ。どんな気持ちで手を合わせているのかなって……」

 殊勝な姿にも、どうにもこびりついて離れないあの光景。人の口に戸は立てられぬもので、やはり、あの一件が未だに地元でも尾を引いている様子だ。醜聞後の姿勢もまずい、と地元後援者が言う。

「どうしても対抗馬で石川知裕元衆院議員の妻、石川香織さんと比べられてしまうんですよ。香織さんは酒好きで、どんな会合でも最後まで残ってみんなに挨拶して帰る。でも、郁子さんは幹部だけに挨拶するくらいなんだよね。また、郁子さんが出席したある会合で、急遽香織さんが現れたりすると、“私は聞いていない!”と怒って帰ってしまうんですよ。並んで座るのが嫌なのではないですか」


■マスコミ対応に問題


 さらにこの後援者が度々アドバイスしているのが、マスコミとの距離感だ。

「陣営の幹部はとにかくマスコミを大事にしろって諭しているんだけど、言うことを聞かない。石川さんが1時間取材を受けても、郁子は10分しか受けない。記者が“もう少し”と食い下がっても、ダメなの。すると記者の心証も悪くなるでしょう。必然、石川さんの方が扱いは良くなっている印象を受けてしまいます」

 よほどマスコミと口を利きたくないのか、郁子氏に架電するも、取材には応じなかった。

「郁子には、商社に勤める長男とフジテレビに勤める長女がいます。ニューヨークで小室圭さんを直撃した記者ですよ。でもどちらもほとんど地元に帰ってこないから、選挙に興味がないんだろう。かつて選挙区だった鈴木宗男さんの娘の貴子さんもこの選挙区では勝てないと思っているから、戻ってこない。有望な後継もおらず、また落選すれば、20年は議席を取り戻せないかもしれない」(同)

 火遊びが暗転させた王国の命運。その口から飛び出るのは敗者の弁か、それとも歓喜の叫びか。

「週刊新潮」2021年11月4日号 掲載

関連記事(外部サイト)