「茂木・新幹事長」の公選法違反「衆議院手帖」の無償提供を裏付ける証言・証拠と茂木氏の弁明(第1回)

「茂木・新幹事長」の公選法違反「衆議院手帖」の無償提供を裏付ける証言・証拠と茂木氏の弁明(第1回)

地元・栃木5区では無類の強さを誇る

■安倍氏の評価は高かったが


 11月4日、自民党の新しい幹事長となった茂木敏充前外相(66)。前任の甘利明氏が総選挙において選挙区で敗退し、わずか1か月で辞任を余儀なくされた後にチャンスがまわってきた格好だ。甘利氏の敗因は「政治とカネ」の問題だという見方が大半だが、実は茂木幹事長も決して過去に問題がなかった人物ではない。過去に公選法違反を問われ、国会でも質問を受けたこともあるのだ。

(※週刊新潮2017.08.17の記事に加筆・修正しています。肩書などは当時のママです) 

 ***

 2017年8月3日、安倍晋三首相が内閣改造を断行し、茂木敏充経済再生相は4度目の入閣を果たした。当選3回時の沖縄・北方相就任を皮切りに、自民4役の選挙対策委員長と政調会長を歴任するなど、政府与党に重きを成す。

「本人は外相をやりたくて、トランプ以降のホワイトハウスにおける人脈作りに余念がなかった。安倍さんにもそれとなく希望は伝えていたみたいですが、“改造のテーマは経済”と説明を受けた結果、今のポストでやる気満々に。茂木さんは、ペーパーをパッと見ただけで書いてある数字とかあらましが頭に入るから、会見や国会答弁でも安定感があり、首相は評価している」

 と、政治部デスク。もっとも、人としてどうかと言うと、内情はこうである。


■安倍氏は“人には優しく”とアドバイス


「首相が信用している雰囲気はありません。そもそも自民党が政権を奪還する直前に行われた12年の総裁選では石原さん(伸晃)を推してましたし、人望がないという情報が入ってくるから、安倍さんは“人には優しくした方がいいよ”とアドバイスしたこともあるそうです。茂木さん自身はお構いなしで“あとは幹事長やって首相へ”と思っているみたいですけど果たして……。所属する平成研内でも子分がいないのにどうするのっていうのがみなの一致する見方でしょう」(先のデスク)

 そんな人物が改造の目玉のひとつ、「人づくり革命」をも担当しているとは悪い冗談でしかないのだが、それはともかく、栃木県足利市を中心とする5区で連続8選し、王国の評判は高い。盤石の組織をベースにいずれは官邸の主へ――という人生設計を抱く大臣の公職選挙法違反を、事務所関係者が打ち明ける。

「茂木氏の事務所は、5区の有権者に対して『衆議院手帖』を配っています。毎年3000部ほどで、1部600円なので、180万円に相当するものです」

 黒地に金色で「衆議院手帖」と入り、縦15センチ×横9センチ×厚さ1センチと、iPhone7Plusとほぼ同じサイズ。前半はスケジュール欄、半ばに官公庁などの連絡先、巻末に日本国憲法や国会法が並ぶのが特徴で、永田町でしか取り扱われていない代物だ。


■無償で手帖の提供を受け


「配布対象の選挙区内の有権者というのは各地域内にある『後援会』の幹部が主ですが、後援会費を払っていない人がかなり含まれており、彼らが無償で手帖の提供を受けていると認識しているのは間違いありません」(前出・事務所関係者)

 茂木事務所では「手帳(ママ)配布予定概要」(写真参照)と題されたリストを作成し、それを元にこれを配っているという。実際、後援会の面々に聞くと、

「(後援会費は)ないです。正月なんかには(茂木氏)本人が“これ作ったから使ってください”という感じで手帖をくれます。お蔭様で私は毎年もらっています」(後援会長Tさん)

「初めて国会議員になる時からのお付き合いです。後援会に会費はありません。茂木先生は話しやすくて、顔立ちが優しくって。この手帖ってなかなかないものだからね、大事にさせて頂いてます。選挙を手伝ってるから、そのお礼っていう感じで。お金なんてもらっちゃったら大変なことになっちゃうからね」(後援会連合会次長Kさん)

「後援会に入ってからは随分経つねぇ。会費は納めていない。手帖は年末、自宅まで秘書さんが持ってきてくれるんです。もう5年とか長いあいだね」(後援会幹事長Mさん)

「茂木先生はいつでも庶民の目線に立ってくれる議員さん。(後援会の)会費とかはありません。選挙の際も、何人かでお手伝いに行くだけです。手帖はありますね。幾冊ほどしかまわってはこないですけど。私のところは10冊もらって、みんなに分けるっていう形。今のところ毎年ですね」(後援会副会長Aさん)


■以前にはカレンダーも配っていた


 彼らは一様に後援会費は支払っていないと言うし、中にはこんな証言も出て来たのである。

「実は以前にはカレンダーも配っていました。1枚に12カ月分を記載し、下に議員の名前・顔写真があるもので、秘書から各地域の責任者がまとめて受け取り、それを配って歩くという風にしていました。ただ、書き込む所もなくて使っていませんでした。でも、うちわで揉めた時期かな。テレビでやってたでしょ。あの時にカレンダー配るのは選挙違反だっていうことも持ち上がって、それでなくなったんじゃないですか」(後援会支部長Kさん)

 うちわで揉めた時期……。2014年10月、第2次安倍改造内閣で法相を務めていた松島みどり氏につきまとったうちわ問題がこれに当たる。彼女は1枚80円のうちわを2万強発注し、祭りで配っていた。公選法は選挙区内の有権者への財産上の利益の供与または交付を禁じていることから、松島氏への批判が渦巻いたのである。

「財産上の有価物かと言えば、配ってもそのまま捨てられる。だから寄附行為とは思っていない」

 などと述べ、松島氏は法律違反ではないと強弁し続けたものの、世間の白い眼はこの事案を確実に黒と捉え、それに抗し切れず万事休すとなった。1枚80円のうちわですら、クビが飛んだのだ。


■松島法相の一件を受け配布は中止


 このあたり、茂木大臣の心のうちに後ろめたさがなかったかと言うと、どうも引きずっていた気配がある。

「茂木氏は、カレンダーも無償で選挙区内の有権者に配布してきました。でも、松島さんのうちわの一件以降、カレンダーは取りやめたという経緯がある。更に、配布継続を選んだ手帖については、事務所スタッフを集めた全体ミーティングの場で本人が“手帖の領収書は小分けして計上すること。配布に際しては慎重に行なうこと”と念入りに指示していました」(先の事務所関係者)

 これまで見てきたのは、衆議院手帖を選挙区内の後援会幹部に無償で配布しているという実態である。本件について、政治資金問題に明るい上脇博之神戸学院大教授に聞くと、

「結論から申し上げて、公選法199条の2第1項が公職の候補者に禁じる『寄附行為』に該当し、違法である可能性が高いと言わざるをえません。その場合、問題になるのは、(1)選挙区内の(2)不特定多数に(3)無償で(4)有価物を提供したか否かで、今回のケースだと(2)と(4)が考えられる。(2)は、幹部が実際に後援会活動を行なっているかが重要で、判断材料となるのは、その人物が後援会費を納めているかどうか。単に名前を貸しているだけでは一般の有権者と変わりはなく、したがって不特定多数に提供したと判断されても仕方ない」

(4)に関しては、

「これまでに『うちわにも用いることができる円形のビラ』だと、“ビラが主”で有価物として評価できないという議論がありました。しかし、衆議院手帖は販売されているものだから、間違いなく有価物と言えます」


■茂木大臣との一問一答


 茂木大臣に聞いてみた。

「党員であったりとか後援会や支部の役員について政治活動で手帖を配ることは、公選法上、一般論として問題ありません」

 と仰る。そこで、後援会費を払っていない人達にも配っているという事実を指摘すると……。記者とのやりとりは以下の通りである。

「あのー、それはないと思います……手帖は配っていないんですから、もらった人はいないと思います」

─今後、手帖をもらった人が名乗り出てきた際に、先生のご回答を有権者がどう受け止めるか?

「1名なり2名、間違って渡したことがあるんなら、それは修正いたします」

─でも渡したか否かというのは修正できることではないと思いますが。

「金銭を取るのを忘れていたのかもしれない。その場合は支払ってもらうこともあるでしょう」

─勝手に持ってきて払えって言うのでは先方は怒ってしまうのではないか。

「いやいや、そんなこと言ってません。そんなこと言ってません、いや、仮に、仮に徴収をしてなかったとして……」

─手帖を配っている数は3000近いですよ。

「いや、配ってないです、そんなに」

─茂木事務所が手帖を買うのを代行したということですか。

「それはある、それはあると思いますよ。だって、普通の本屋さんでは売ってないわけですから。うん。それは可能性としてはあるんじゃないですか」

─カレンダーの配布はいつやめたんですか。

「ずっとやってないと思います」

─松島みどりさんのうちわ問題に際してやめたと聞いていますけれども。

「いや、それはあのー、何ていうか、私は少なくとも何ていうか、そういう配布物については、えー、管理しておりませんので、わかりません」

 その他、手帖の配布についても指示を下したことはないと主張するのだった(第2回に続く)。

デイリー新潮取材班

2021年11月8日 掲載

関連記事(外部サイト)