「茂木・新幹事長」は線香でも公選法違反、“おい、デブこの野郎”と秘書にパワハラ、携帯をへし折って辞めた秘書も(第3回)

「茂木・新幹事長」は線香でも公選法違反、“おい、デブこの野郎”と秘書にパワハラ、携帯をへし折って辞めた秘書も(第3回)

麻生前財務相は茂木氏を高く評価する

■新盆で線香を配布していた事実


 11月4日、自民党の幹事長に就任した茂木敏充氏(66、栃木5区)。当選10回で外相、経産相、政調会長、選挙対策委員長などを歴任し、海外との交渉にも簡単に折れないタフネゴシエーターとしても知られる。一方で、前任者の甘利氏とは別のタイプの「政治とカネ」の問題は何度も伝えられた過去を持つ。第1回は衆議院手帖、第2回は香典についてお伝えした。今回は「線香の配布」問題である。線香配布に関しては、かつて小野寺五典元防衛相が議員辞職・公民権停止に追い込まれたことがあるから、決して軽い話ではないのだが……。

(※週刊新潮2018.02.01の記事に加筆・修正しています。肩書などは当時のママです)

 ***

〈「金があって、選挙で丸がついて、信用もある。これをつなげた名前の金丸信がここまで来たことに意味がある」〉

 与党重鎮を40年に亘ってウォッチしてきた元日経政治部長・岡崎守恭氏。その著書『自民党秘史』には、金丸信元自民党副総裁のことばがこう引かれている。

 その金丸氏が草創メンバーである経世会の流れを汲む平成研に所属する茂木氏が2016年に集めたカネは1億5655万円で、安倍首相を凌いで全閣僚中トップ。先の衆院選でもライバルをダブルスコアで圧倒して9回連続当選と、「金・丸」は確かに十分だ。しかし、「信なくば立たず」と胸を張って言えるか否か。これからそれを見て行くことにしたい。


■小野寺氏の議員辞職


 これまで茂木氏をめぐっては、衆議院手帖の無償提供・香典配布問題という公選法違反問題が報じられてきた。そして、ここにきて「新盆で線香を配布していた」事実が浮かび上がってきたのである。

 新盆とは初盆とも言い、その人の死後、初めて迎えるお盆を指す。

「線香と聞くと、小野寺さんでしょう」

 と政治部デスクが言うように、永田町で線香とは、同じ安倍内閣に並ぶ小野寺五典防衛相の過去のキズだ。

「もう18年前になりますか。自民党の1年生議員だった小野寺さんは選挙区内の有権者の自宅を訪れ、線香セットを1組ずつ配って回った。黒い箱の表には金字で『衆院議員 小野寺五典』で、地元の県警捜査2課は、共謀した7人の秘書と共に本人も公選法違反の疑いで書類送検したんです」(同)

 公選法は一部を除き、現職の議員や候補者が選挙区内の有権者に寄附することを禁止している。例外とは、議員本人が、結婚披露宴で出す祝儀、葬式・通夜で出す香典。つまり、議員本人か秘書かに関係なく線香1本でもアウトで、事実、小野寺氏は程なく議員辞職し、3年の公民権停止を含む略式命令を受けたのだった。

 そしてこれと同様のケースが、茂木氏の選挙区である栃木5区でも展開されてきたという。


■茂木事務所が表にまとめたリスト


「お線香の値段は1000円とか高ければ1500円まで。購入先は、普段からお世話になっている選挙区内の葬儀屋さんで、宛名は事務所で領収書をもらうようです。これを本人が直接渡しに行く場合と秘書が配るケースとがあり、前者は規模の小さくない企業の社長とか日頃から大きなサポートを受けている方や、そのご両親が亡くなった時に限って。後者は、それ以外の親しい人になりますね」(茂木事務所関係者)

 本人が出張る場合は「代議士対応」、秘書が回る際は「秘書対応」と事務所内では色分けしているという。

「代議士対応だと、茂木とドライバー役の秘書がワンセット。お線香はトランクの中に、A4程度の大きさの紙袋に小分けして入れておきます。茂木がクルマを降りている間に、秘書はトランクからお線香1セットを取り出し、後部座席に置いておく。その繰り返しですね。当初、『秘書対応』に指定された対象でも、“ここはオレが行く”と訪問前の打ち合わせで覆ることもままあるんです」(同)

 これらを茂木事務所が表にまとめたものがリストとして存在する(写真)。故人の氏名・享年・命日・死因、葬儀に事務所の誰が出向いたか、遺族の氏名と肩書き・役職までが網羅されている。


■こっちからじゃ、入れねえだろっ!


 リストについて、茂木事務所の関係者が打ち明ける。

「まず、足利(政党支部所在地)・佐野・栃木という3地域の各事務所が個別に配布先を決める。そして7月に入ってから毎週末、3事務所合同の秘書ミーティングにおいて、その配布先で本当に良いのかどうかを揉む。物故者やご遺族の肩書き、組織にしっかり貢献してくれていたか否か、が配布先の選定基準。代議士に直接回ってもらう場合、相手方が配布予定日にご在宅かも当然、調べます」

 そしてこの関係者は、茂木氏の人との接し方について触れて、

「“このハゲー”発言で有名になった豊田真由子さんに負けないくらい、本人(茂木氏)もすごく怒鳴るんです。“おい、デブこの野郎”とかは普通に言う。些細なミスでもネチネチずっと説教するから、ある秘書は我慢できずにキレて、携帯をへし折ってそのまま辞めたと聞いたことがあります。だから茂木事務所の秘書は辞める人がたくさんいて、一時はハローワークで求人を出していたくらいなんです」

 と明かし、こう続ける。

「運転していて“こっちからじゃ、入れねえだろっ!”みたいに。怒られたくない秘書は、初盆の何日も前からルートの下見をします。本人を訪問先にどう送り届けるか、実際に運転して確認するのです。ナビや地図だけでは、訪問先の家の正面ではなく裏側についてしまうこともありますから。更に、次の訪問先までの時間も計っておいて、“どれくらいだ?”と訊かれたら、答えられるように準備しておきます」


■茂木事務所の秘書を名乗る人物


 リストに加え、この証言から、茂木氏自身が線香を携えて遺族を回ったことは明らかだろう。それに加えて、リストにある遺族宅を訪問してみると、「名前はよくわからないけれど、茂木事務所の秘書を名乗る人物」が“日頃お世話になっています”と言って線香を配布していたという証言が得られたのである。例えば以下の通りだ。

記者 茂木さんの秘書が、新盆の時にお線香を持ってきた?

有権者 はい。はい。覚えています。

記者 どんな感じのものですか?

有権者 うーん、普通だったと思いますけど。特別なものではなかったですね。

 別のお宅にもお邪魔してみると……。

記者 茂木さんとは?

有権者夫 年に換算したら1回お会いできるかどうか、かなあ。

記者 代わりに秘書が?

同夫 かもしんねえなあ。秘書さんがいろいろ連絡文とか届けてくれてるけど。

記者 結婚式やお通夜、お葬式は?

同夫 来ねえなぁ。電報は頂いたことあります。秘書の方が来てくれたことはあったかな。初盆も来てくれたかもしんねえ。

記者 手土産などは持ってこず、ですか?

同夫 お線香だったか、かもしんねえなあ。

同妻 箱に入ってる感じのね。

同夫 入ってたなあ。

同妻 箱に入ってたね、幾つかね。6つだか5つだか、折箱みたいなんに入ってた。

記者 その時に秘書は、「日頃お世話になってます」というような感じで来るんですか?

同夫 そうだね、一応オレも(名簿などに名前が)入ってるんだろうから。

記者 ちゃんとお通夜や新盆の義理ごとは欠かさず?

同夫 そうだね、そういう義理ごとは気まわしてくれてるから、本当にありがたい限りなんですけど。

記者 この辺を担当している秘書さんの名前は?

同夫 名前は……忘れちったなあ。

同妻 年配の方、いつもよく来てくれる人だね。


■公職選挙法が禁じる違法な寄附


「線香1本でもアウト」をなぞる恰好である。これらを茂木事務所に質すと、

「秘書も生前の故人との付き合いがあり、故人と秘書との人間関係に基づき、行っているものと承知しております」

 との回答を頂いた。

 しかし、有権者に名前を忘れられた秘書が人間関係など結べるものだろうか。政治資金問題に明るい上脇博之神戸学院大教授に解説してもらうと、

「政治家が選挙区内の有権者に線香を配る行為は、公職選挙法が禁じる違法な寄附になります。秘書が配った場合でも、政治家の代理であることがわかる形であれば同様です」

 今回、事務所が購入した線香は市販のもので、茂木氏の名前などは記載されていない。そうだとしても、

「有権者が秘書個人の名前を知らず、政治家の秘書とだけしか認識していない場合がありますよね。その秘書が“いつもお世話になっています”と言って線香を持ってきたら、それは秘書個人として線香を渡したものだとは言えない。その時は、政治家の事務所として選挙区内の有権者にお世話になっていることを挨拶したものと理解されるので、やはり違法な寄附と見做されます」(同)

デイリー新潮取材班

2021年11月10日 掲載

関連記事(外部サイト)