安倍元総理が細田派“乗っ取り”を画策か 次期総裁選で高市総理大臣が生まれる可能性も

安倍元総理が細田派“乗っ取り”を画策か 次期総裁選で高市総理大臣が生まれる可能性も

細田氏の座を狙う新キングメーカー

 今回の選挙後、自民党内で注目を集めるのは、間違いなく最大派閥「清和会」(細田派)であろう。

 自民党担当記者が言う。

「清和会では、細田博之会長が立民の亀井亜紀子さんの追い上げに遭い、12回の当選歴を誇る派閥の最高顧問・衛藤征士郎さんは、わずか654票差で辛勝。会長代理の塩谷立・元文科相は小選挙区で敗北を喫しています。清和会のベテラン議員が揃って苦しい戦いに終始したのです」

 こうした結果を受けて、安倍晋三元総理の動きに関心が寄せられている。

「総裁選で高市さんを担いで存在感を示した安倍さんは、今後、本腰を入れて清和会のトップを狙ってくるはずです。もともと清和会には細田さんに近い“福田系”と、安倍さん寄りの“安倍系”という二つの系統がある。岸田政権で党役員や閣僚に取り立てられたのは主に福田系なので、安倍さんとしては面白くなかった。安倍さんは党内での地位を確立し、人事に影響力を及ぼすために、細田さんに派閥の禅譲を迫っていくものとみられます」(同)

 細田氏を巡っては、かねて“次期衆院議長”の椅子が取り沙汰されてきた。

 さる自民党関係者が明かすには、

「大島理森・前議長は、今回の衆院解散を受けて退任している。後継候補のひとりだった河村建夫さんは衆院選前に引退。他に額賀福志郎さんらの名前も挙がっていますが、大島前議長の前任は清和会の町村信孝さんが務めており、当選回数や経歴、最大派閥の領袖という立場を考えても、細田さんは据わりがいい。議長に就くと会派(政党)から離脱するので、派閥からも抜けることになります」


■派閥復帰、そして領袖への就任


 そのため安倍氏は、議長に推薦するのを口実に細田氏を清和会から遠ざけ、自身の派閥復帰、そして、領袖への就任を目論んでいるというワケである。

「松野博一さんが岸田政権の官房長官となったことで、安倍さんに近い西村康稔さんが派閥の事務総長を継いだ。また、福田系の有力議員は閣僚や党の要職に就いているため、派閥の動向に口を挟みづらい。さらに、安倍さんと距離を置く重鎮たちが総選挙での苦戦で勢いを失えば、安倍さんの復帰は時間の問題。細田さんにしても、派閥の分裂を避けるためには安倍さんへの禅譲を呑まざるを得ないのではないか」(同)

 細田派から安倍派に看板が書き換えられると、いよいよ安倍氏のキングメーカーとしての地位も強固なものになる。

「安倍派が誕生すれば、当然ながら、清和会出身の高市さんも合流する。次期総裁選では、清和会全体で高市さんを推す可能性が高いと考えられます。高市さんが“女性初の総理”に上りつめる日は遠くないかもしれません」(同)

 自民党は単独過半数割れという悪夢は免れたものの、甘利明前幹事長が小選挙区で敗れ、石原派は領袖が落選。現職大臣が地盤を失うという波乱もあった。そうしたなか、

「今後は、これまで以上に安倍さんの影響力が増すのは確実です。巧妙に安倍さんを遠ざけてきた岸田総理にとっても脅威に違いありません」(同)

 加えて、安倍元総理が最大派閥を牛耳ることになれば、党内政局は避けられないところだ。

「週刊新潮」2021年11月11日号 掲載

関連記事(外部サイト)