覚醒剤で逮捕の「53歳区議」はロッキード事件“ハチの一刺し”の長男だった

覚醒剤で逮捕の「53歳区議」はロッキード事件“ハチの一刺し”の長男だった

榎本一容疑者のホームページより

 11月9日夜10時過ぎ、警察官がJR上野駅・入谷口付近の路上で不審な車を発見。車中にいた男に声をかけた。車内からは覚醒剤を吸引するためのパイプが見つかり、男に尿検査をしたところ陽性反応が出た。逮捕された男は、現職の東京都北区区議・榎本一容疑者(53)。父親は田中角栄元首相の辣腕秘書・敏夫氏、母親は“ハチの一刺し”で注目を浴びた三恵子氏である。

 ***

 北区のある区議は言う。

「母親が“一刺し”、息子がクスリじゃ洒落にもならないよ」

 榎本区議は、やはり“ハチの一刺し”を避けて通れないようだ。

 今からちょうど40年前の81年10月28日、東京地裁に緊張が走った。この日は、77年に始まったロッキード事件の第146回公判だった。

 検察側証人として出廷したのが、敏夫氏の元妻・三恵子氏だった。身長171センチ、スラリとした美貌の彼女はグレーのスーツに身を包み、元夫と元首相が見つめる中、証言台に立った。そこで、5億円の賄賂を受け取り田中邸へ運んだとされる、元夫のアリバイを崩す証言をしたのだ。決め手に欠けると言われていた裁判がひっくり返る瞬間だった。公判後のインタビューで彼女はこう発言した。

「ハチは一度刺したら死ぬという。私もそれだけの覚悟はしていました」


■政治家を志した


 一氏は長男で、当時中学1年生だった。両親は既に4年前に離婚していた。彼は後にこう振り返っている。

《父と母のことでは、幼かった榎本氏も傷ついた。9歳の時だ。「父が兄弟3人を集めて『お母さんと離婚するけど、いいか』と聞くんです。僕は嫌だと言いました。でも、2人の弟は車のおもちゃで遊びながら元気に『いいよー』って答えるんです。離婚の意味がわからなかったんですね」》(「日刊スポーツ」99年4月4日付)

 公判の証言後、三恵子氏は“死ぬ”どころか一糸まとわぬ姿での写真集を出版し、「オレたちひょうきん族」(フジテレビ)にハチの着ぐるみを着て出演するなど妙な活躍をしていた。

 両親の離婚後、一氏は母と会うことは全くなかった。その後、玉川大学へ入学するも中退すると、日本を離れて23歳までロンドンに留学していたという。帰国後は環境専門業界紙の記者として活動し、99年に30歳で北区区議会議員選挙に民主党の公認を得て立候補。当時、「週刊新潮」の取材に答えている。

《「前々から政治家を志す気持ちはありました。環境専門誌の記者をしている時、政治の世界に触れることがあり、その後、鳩山邦夫先生や藤田幸久先生の下で仕事をして、自分もやれそうだ、と考え立候補しました」》(「週刊新潮」99年5月6・13日号)

 両親については、こう語っている。


■若くてハンサム


《「出馬に当たって父から特に言葉はありませんでしたが、“出るからには勝て”といわれました。母にはこの22年間会っていません。20歳の時、母に会いたくて行方を探しましたが、居所がわかりませんでした。今度、母が選挙事務所に弁当を届けてくれ、その後再会を果すことができました」》(同)

 さらに――。

《北区の自民党の長老もこう語る。/「立候補表明をした当初は、“あのハチの息子”と中傷されたりもしたが、腰が低くて礼儀正しく、私などは党は違いますが好感を持ちました。選挙期間中は熱心に環境問題を訴えていましたが、女性層に食い込んでいました。なにしろ、若くてハンサムですからね。やっかんだ他陣営から、ホストクラブで働いたことがある、などというデマが流されたぐらいです」》(同)

 選挙戦の最後は、母と共に地元を回ったことも報じられた。


■自民党から激励


《選挙事務所には20日、自民党の田中派に所属していた野中広務官房長官の激励文が届いた。党派を超えた支援で、文面には「御父上の果たせなかった政治への情熱を生かされますよう期待しております」とあった。/選対本部長の藤田幸久代議士(48)は、今回の選挙について「一氏は選挙を戦っていたが、敏夫氏にとっても名誉回復をかけた戦いであり、三恵子さんにとっても、息子との交流を回復するきっかけとなった。榎本家3人がそれぞれ戦っていたわけだ」と話した》(「日刊スポーツ」99年4月27日付)

 前述のように、当初は民主党から立候補していた。かつての榎本家を知る人物は言う。

「やはりお父さんの関係があったからこそ、野中さんから激励が届いたし、地元の長老議員もベタほめだったんでしょう。父親の敏夫さんも、かつては北区の区議をやっておられましたからね。そこから角栄さんに引っ張られたと聞いています。一さんが鳩山邦夫先生の下で仕事をするようになったのも、邦夫先生が角栄さんの弟子だったからですよ。もっとも、邦夫先生は自民党を出て民主党を立ち上げましたからね。民主党の藤田先生の秘書になった関係もあり、民主党から出馬することになったようです」

 もっとも――。


■区議会議長まで務めた


「身長は180センチもあるし、ハンサム。敏夫さんは(背が)小さかったから、三恵子さんの血を受け継いだんだろうね。カッコが良すぎて、議員向きじゃないなあとさえ思ったよ」

 02年に結婚。仲人は鳩山邦夫夫妻が務めた。しかし不可解なのは、彼が現在、自民党議員だという点だ。09年1月に民主党を離れ、3月に自民党に入党。同年8月の総選挙で、民主党が政権を握る直前だ。すでに民主党が勢いを見せていた頃に、敢えて自民党に移ったのはなぜなのか。別の北区区議が言う。

「民主党はずいぶん引き留めたそうですが、聞かなかったそうです。もともと邦夫さんのところにいた人だから、邦夫さんが民主党を出ちゃったのが関係していたのではないかな」

 ともあれ、19年には6期目の当選を果たして区議会の議長を務めるなど、すでに北区の重鎮となっていた。なぜクスリなどに手を出したのだろう。北区の自民党議員に聞くと、

「事実関係がまだわからないんです。逮捕・拘留までしかわからず、問い合わせても逮捕容疑すら教えてもらえてないんです」

 別の区議は言う。

「環境問題を一貫してやっていて、留学経験もあるから国際問題にも通じていましたが、クスリとなると今後はねえ……。有能な人材だけに残念です。昨年末あたりから急に太り始めて、何かおかしいとは思っていました。疲れていたのかなあ。もちろん、そんなものは言い訳になりませんが」

デイリー新潮編集部

2021年11月15日 掲載

関連記事(外部サイト)