茂木新幹事長のパワハラ伝説 担当者の間で共有される20ページ超の「接遇リスト」の中身は

茂木新幹事長のパワハラ伝説 担当者の間で共有される20ページ超の「接遇リスト」の中身は

モテキ到来?

 わずか1カ月で前任者が退いたために訪れた千載一遇のチャンス。茂木敏充前外相(66)が党のカネと実権を掌握する幹事長へと歩を進めた。だが、将来の総裁候補となった彼の過去の行状を繙(ひもと)くと信じられない逸話の数々が……。世にも珍しい「超人」の履歴を辿った。

 ***

「大学生の時に家庭教師をやりたかったんだけど、できなかったんだよね。なぜなら、生徒に対して“何でできないんだ!”って思っちゃうからなんだよ」

 自民党の茂木敏充・新幹事長はかつて記者へのオフレコ懇談でこう語ったことがある。「自分の頭が良すぎて周りがバカに見えてしまう」ことを吐露したこの発言は新幹事長の人間性を的確に言い表している。一貫したその姿勢が茂木氏を“超人”的な仕事をこなす「ビジネスエリート」へと変身させ、時にパワハラ・セクハラを働く「上司」にもなるのだから――。

 1978年、東京大学経済学部を卒業した茂木氏は丸紅、読売新聞を経て、83年にコンサルティング会社のマッキンゼー&カンパニーに入社する。すると、同社の幹部だった大前研一氏が92年、「既成政党の枠を超えた政治を」と政策提言集団・平成維新の会を発足させ、茂木氏が事務総長に就任した。ここが彼の「原点」と言える場だ。

 当時を知る元議員が語る。

「マッキンゼーでやっていただけあって、非常に頭脳明晰でした。どんな政策でも聞かれたらすぐに答えることができるし、一方で大前さんが親しくしていた細川護煕さんにも取り入るたいこ持ちのような一面もありました」

 平成維新の会の推薦もあり、93年の衆院選でその細川氏が代表だった日本新党から初当選を果たす。

「当時から極めて上昇志向の強い人だった。あれだけ細川さんにくっついていたのに、日本新党の先行きが見えなくなると、いの一番に自民党に移ってしまったんですから。当時の仲間は違和感を持っていましたよ」(同)


■レクで物音を一切立ててはいけない


 新進党結成に参加せず、95年に自民党に入党すると、トントン拍子に出世。2003年に小泉純一郎内閣で当選3回ながら沖縄・北方担当相として初入閣。政調会長、経産大臣、外務大臣なども歴任した。そして、この度、自民党の幹事長へと昇り詰めたというわけだ。ハーバード大学大学院の修士課程も修了している氏の「聡明」エピソードはこの間、枚挙に遑(いとま)がない。

「うるさ型の政治家に慣れた官僚でも、茂木さんへのレクの場面では緊張で硬直してしまいます」

 とはある省庁のベテラン官僚の談。

「茂木さんのレクでは物音を一切立ててはいけません。紙をめくる音も一緒でないといけないといわれるくらいで、何か音がすると“うるさい!”と怒号が飛んできます」

 レク時に茂木大臣が愛用するのは青いペンで、

「茂木さんは資料に青いペンで修正を入れて、後に官僚がそれをパソコンで打ち直します。再度資料が出たときに修正漏れがあると、必ず茂木さんは気づくのです。実は、レク時に物音を立ててはいけないのは“全集中”しているからだそう。文章を映像として記憶する特殊能力を持っているとされ、レクの資料を丸ごとすべて記憶しているといわれています」(同)

 いわゆる「直観像素質」の能力を持つとされているという。


■恐怖のトリセツ


 精神科医の片田珠美氏が解説する。

「直観像素質は以前に一度見たことのある事物が明瞭に再現されて、あたかも実際に存在するように眼前に見える特殊な才能を指します。成人の場合、1万人に1人の割合で見られ、天才肌もしくは自閉症患者に多く見られます。レオナルド・ダ・ヴィンチもそうだったといわれているので、茂木さんは非常に類まれな素質をお持ちです。それゆえ、自分と同じような完璧さを官僚や政治家などの他者に求めてしまうのかもしれません」

 天才肌だからか、偏執的なこだわりもある。最もよく知られるのは、経産大臣時代、海外に出張する茂木氏に官僚がどう接するべきかを担当者が記した〈接遇リスト〉の存在である。

 そこには大要、こうある。

〈嫌いな食べ物は煮物全般、酢の物、ゴマ豆腐〉

〈コーラは可能な限りコカ・コーラゼロ〉

〈栄養ドリンクとして、メガシャキ、葛根湯ドリンク、ユンケルの3本セットを日本から持参〉

〈麺類を注文した際にのびないようにちょうどよいタイミングで提供する。以前、冷麺ができてから、提供まで20分ずれて麺がかたくなり大臣が大激怒〉

〈以前国内出張でトラブルになった日本航空は極力避ける〉

 こんなことが20ページ以上にわたりびっしりと書かれたそれは、まさに「恐怖のトリセツ」である。

 経産省関係者が言う。

「有名なのは茂木大臣が出張した13年のインドネシアでのトラブルでしょう。茂木さんは当時、ラフな格好で飛行機に乗り込み、スーツは別途、持ってこさせていたのですが、現地に着くとお気に入りのスーツではなかったために激怒してしまった。そこで経産省職員がわざわざ東京から飛行機に乗り、別のスーツを届けました。そのことは接遇リストにも注意事項として書かれています」

 19年に外務大臣になってからは、

「本人も多少優しくなり、官僚への対応もマイルドになったものの、大臣が廊下を歩くときは注意が必要です。職員が誘導のために茂木さんの視界に入ると怒るんです。視界に入らずに一歩下がって誘導するのはなかなかテクニックがいるので、習得するにはそれ相応の時間がかかります」(外務省関係者)

「週刊新潮」2021年11月18日号 掲載

関連記事(外部サイト)