岸田総理は「高市氏の次期首相」を潰したい? 安倍元総理に忖度せず林芳正氏を外相に

岸田総理は「高市氏の次期首相」を潰したい? 安倍元総理に忖度せず林芳正氏を外相に

首相"高市氏次期首相"潰しか

岸田総理は「高市氏の次期首相」を潰したい? 安倍元総理に忖度せず林芳正氏を外相に

高市早苗氏

 甘利明前幹事長が辞任したことに伴って茂木敏充氏が外相から幹事長へとスライドしたため、新たに外相に就任したのが、参院から衆院・山口3区に転出した林芳正衆院議員(60)である。

 政治部デスクが言う。

「茂木さんの幹事長就任が決まった後、外務大臣候補に林さんの名前が挙がったのですが、一度立ち消えとなってしまったんです」

 なぜなら、“アノ人”が反対したらしく、

「安倍晋三元総理とその周辺です。表立った理由は林さんが日中友好議連の会長だからというものですが、そう単純な話でもない。安倍さんと林さんの地元、山口選挙区の区割りの問題があるからです」(同)

 山口県に4区ある選挙区は2022年以降に一つ減り、3区となる。すると、今いる4人の山口県選出の衆院議員1人が“イスを失う”ことになるのだ。

 地元の県議は、

「現状ですと、1区の高村正大さんと林さんがその候補となります。しかし、林さんが外相になり、将来の総裁候補となれば、山口に留まることになるでしょう」


■岸田総理は安倍氏の意向を聞き入れず…


 その際、不都合が生じるのが安倍氏である。地元政界関係者が言う。

「林さんの父、林義郎元衆院議員の地盤は安倍さんの山口4区にある下関でした。それが96年、小選挙区制になった時に安倍さんが選挙区から立候補することになり、義郎さんは比例に回りました。しかし、安倍さんにはいま後継者がいません。そこで安倍さんが恐れているのは、林さんが下関に戻って後継に、という声が地元から上がることなんです。安倍さんが林さんに対し、河村建夫さんの山口3区に行くよう、けしかけたのもそういう背景がありました」

 しかし、その安倍氏の胸中を岸田文雄総理は知ってか知らずか、

「岸田さんは結局、自派のナンバー2の座長である林さんを外相にすることに決めた。茂木幹事長も将来の総理候補になりうる林さんではなく、小野寺五典さんを外相に推していたのですが……」(自民党関係者)

 林氏に聞くと、

「岸田政権をしっかり支えていきたい」

 と、優等生的回答。

 その林氏を起用した岸田総理は官房長官、幹事長に萩生田光一氏や高市早苗氏を、という安倍氏の意向も聞き入れず。今回も忖度(そんたく)することはなかったのだ。

「岸田さんは衆院選でも事実上の勝利を手にし、COP26も経て自信を深めている。確かに安倍さんは今後、最大派閥、細田派の領袖となり、高市早苗さんを総裁候補とするでしょう。高市総理就任を阻止するためのつばぜり合いがすでに始まっているのです」(先のデスク)

「週刊新潮」2021年11月18日号 掲載

関連記事(外部サイト)