山口壯環境相に公選法違反疑惑 「温泉ホテル接待」で利益供与、事務所は請求書に“小細工”

山口壯環境相に公職選挙法違反の疑惑が浮上 「温泉ホテル接待」で有権者に利益供与か

記事まとめ

  • “闇献金”と給与ピンハネ疑惑が報じられた山口壯環境相に新たな疑いが噴出した
  • “宿泊付き接待セミナー”だといい、「安すぎる」のでは、と疑念を持たれているという
  • “罪の意識”を事務所側も認識していたといい、事務所は請求書を小細工したそう

山口壯環境相に公選法違反疑惑 「温泉ホテル接待」で利益供与、事務所は請求書に“小細工”

■官僚に偉そうにするのが悲願だった


「週刊新潮」は2021年10月28日号で、山口壯(つよし)環境相(67)の勉強会の会場費をめぐる“闇献金”と、公設秘書の給与をピンハネしていた疑惑を報じた。今回さらに、有権者への利益供与を行っていた疑いが噴出した。

 ***

 温暖化対策に消極的だった国に贈られる「化石賞」。11月13日までイギリスで開催されたCOP26(第26回国連気候変動枠組条約締約国会議)で、日本がこの賞を受賞した。小泉進次郎氏が環境大臣だった時も受賞したことは記憶に新しいが、山口壯・新環境大臣もそれに続く形になった。大臣としての初の国際舞台にもかかわらず、与えられたのがかように不名誉な賞では、本人も忸怩(じくじ)たる思いがあるに違いない。

「外務省出身の山口さんは以前から大臣になりたくてしょうがなかったんです」

 とは山口大臣の元秘書の談である。山口大臣は外務省を1995年に退官し、2000年、兵庫12区から衆院選に無所属で出馬している。初当選後、民主党を経由して自民党入り。苦節20年でようやく掴んだ大臣の椅子なのである。

「昔から“俺は大臣になるために外務省を辞めたんだ”“大臣になって俺を見下した奴にガツンと言うんだ”とよく言っていました。自分を蔑(さげす)んできた官僚に偉そうにするのが山口の悲願でした」(同)

 官僚を見下す立場に立てても、化石賞で各国から“見下される”立場に追いやられては、初の大臣として必ずしも好調なスタートとは言い切れないだろう。

■闇献金、ピンハネ疑惑に続き…


 本誌(「週刊新潮」)は岸田文雄内閣発足直後にそんな山口大臣の疑惑を報じている。それは大臣の勉強会の会場費について、親しくしていた企業に肩代わりしてもらい事実上の“闇献金”を受けていたこと、公設秘書の給与を山口大臣がピンハネしていたことなどだった。今回、本誌が取材を進めると、さらなる疑惑が浮上した。地元兵庫の有権者に対し山口大臣が「利益供与」していた疑いがあるのだ。

 利益供与といえば、安倍晋三元総理大臣の「桜を見る会前夜祭」の問題が知られる。桜を見る会の前日に都内のホテルで地元山口の後援会員らを招いた夕食会が開かれ、その会費5千円が安すぎるのではないかと問題視された。野党に散々追及された挙句、安倍元総理は東京地検特捜部に聴取される事態に。結果的に安倍元総理の公設秘書が略式起訴されている。

 今回、山口大臣のケースで取り上げるのは“宿泊付き接待セミナー”。この事案も「安すぎる」のでは、と疑念を持たれているのだ。

■懐石料理と飲み放題の宴会


 疑惑のセミナーが開かれたのは19年11月16日。山口大臣の選挙区にある兵庫県内のホテルだった。部屋やテラスから瀬戸内海の絶景を見下ろすことができ、周辺を観光するならうってつけのリゾートホテルだ。

 地元政界関係者が言う。

「当日は『山口つよし政治アカデミー』と銘打たれ、土日にわたり1泊2日で開かれました。参加者は50名強で、ほとんどが選挙区内の有権者でした。初日は13時から16時まで、マスコミ幹部やゲストの国会議員の講演がありました」

 問題はここからである。

 講演が終わると、参加者は皆で先の東京パラリンピックで注目された「ボッチャ」という、ボールを使ったスポーツに興じた。

 その後は懇親パーティー。参加者はホテルの宴会場に集い、懐石料理に舌鼓を打ったのだ。

 参加者によれば、

「和食のコースですね。最初のお膳に小鍋や前菜が乗っていて、その後、お刺身や揚げ物、茶わん蒸しなどがきました。結構ボリュームがあったと思います。飲み放題で、瓶ビールや焼酎、ワインもあり、お酒はバリエーションがありました」

 別の参加者も、

「夕方以降はずっと飲んどったな。1次会からよう飲んだわ。かなり酔っぱらっていたな」

 と、相当の量のお酒が提供されたことを窺わせる。宴会が終わると、ホテル内の別の部屋に移動し、2次会となった。

「畳の部屋に小さなテーブルがあって、30名くらいの参加者が座布団の上で車座になっとった。2次会でも飲み放題やったで。缶ビール、ウイスキー、焼酎、レモンサワーなど、1次会よりもフランクな感じやったわ。山口さんは二階派に所属するので、二階事務所がかつて記念に作った『新しい波』という梅酒まで振る舞われたわ。みんな相当酔ってたで」(同)

■有権者への利益供与の疑い


 また、このホテルには準天然温泉の大浴場がある。HPによると、その効能は神経痛、リウマチ、腰痛、肩こりなど。ジャグジーやサウナなども併設され、瀬戸内の眺望を望みながらリラックスできる。

 この参加者が続ける。

「風呂はみんな自由に空いた時間で入っとった。俺は夕方と朝で2回入ったわ。いい風呂やった。露天風呂がついてる部屋まであったしな。朝食はバイキングやった。参加費? 1万円や。これで1万円ならよかった。楽しかったで」

 割安感と満足感に溢れたセミナーだったようなのだ。ところが――、

「このセミナーに参加した参加費の収入が52名分で52万円、かたや支出は約103万円なので、その差額分を事務所が補填している形になっているのです」

 と後援会関係者が語る。

「そもそも、このホテルは土日に泊まるプランだと1泊2食付きで1万4千円程度かかり、さらに飲み放題をつけると2千円上積みされます。参加費1万円だと事務所側は有権者を安い価格でこのセミナーに招いたことになり、利益供与ということになるのです」

 公職選挙法では有権者に対して財産上の利益を供与することを禁じている。いわゆる「寄附の禁止」だ。温泉宿など遊興施設での有権者への接待もそれにあたる。選挙区内の有権者に寄附をしてはならないのは議員本人に加えその関係会社、後援会などで、ケースによって政党支部も含まれる。


■事務所は請求書を小細工


 兵庫県の選挙管理委員会にこうしたセミナーに関して聞くと、

「一般的に費用がかかるところを安く済ませたということであれば、寄附の可能性があります」

 実はこの“罪の意識”を事務所側も認識していたのだという。

 手元にこのセミナーについての3枚の請求書がある。ホテル側から山口大臣が支部長を務める自民党の政党支部に対して送られたものだ。1枚目の請求書は正規のもの。2枚目、3枚目の明細を見ると、かかった費用である103万2100円の総額は変えず、内訳の飲食代や宿泊代などの値段を下げて、会議室料などに転嫁しているのだ。

「特に飲食代は公選法上、有権者への提供が厳しく制限されています。そこで、それらが参加費の1万円を超えないようにホテル側に用意させたというわけです。こうしたことを山口事務所の秘書が勝手に行うことはありません。山口さんは一から十まで知りたい人なので、代議士からの指示があったはずです」(先の後援会関係者)


■「公選法違反の疑い」


 さらに2次会の酒代についても、別の事務所関係者が囁く。

「酒は事務所が購入し、ホテルに持ち込んでいます。地元のマックスバリュと酒屋で買い、金額は合計で数万円だったと思います。代金は事務所の持ち出しになっており、こちらも利益供与となるのです」

 これらについて、公選法に詳しい神戸学院大の上脇博之教授は、

「今回の場合、政治の勉強を目的とした活動であれば、そもそも1泊2日ではなく、日帰りにできたはずです。また、宿泊する必要があったとしても、温泉付きのリゾートホテルに泊まる必要も懐石料理もお酒も必要ありません。つまり、政治セミナーを口実にして選挙区の有権者に利益供与をしており、公職選挙法違反の疑いがあります。2次会のお酒代についても政治家側が負担していたら、こちらも公選法で禁じられている寄附にあたります」

 では山口事務所に聞くと、まず利益供与疑惑について、

「事務所担当者がホテルと話をして、1人1泊2食付き1万円でお願いし、会費を1万円としました。参加者52名からの会費分を事業収入として収支報告書に計上しています。したがって、選挙区寄附に該当するなどの貴誌の見解は事実に反します」

 だが、正規の請求書には食事代と宿泊代、飲み物代を含めると1万円を超える金額が示されている。そもそも問題の本質を理解されていない様子なのだ。

「週刊新潮」2021年11月25日号 掲載

関連記事(外部サイト)