立民代表選、不発に終わった「泉健太包囲網」… 小川淳也は決戦投票に残る気満々だった

立民代表選、不発に終わった「泉健太包囲網」… 小川淳也は決戦投票に残る気満々だった

11月30日に開かれた立民臨時党大会にて(撮影:青山和弘)

 立憲民主党の新代表に泉健太議員が選出された10月30日の午後6時。小川淳也議員は有楽町の駅頭に立っていました。恒例となった青空対話集会。小川氏は代表選からの解放感と、敗れた悔しさが入り混じった表情で語り始めました。

「代表選挙は学ぶところが多かったです。自分を見つめなおし続けた10日間でした。今回…実は決選投票に残る気満々だったんです。そして決選投票に残れば、かなりの確率で勝算はあると思っていました」

 ギリギリで代表選出馬に漕ぎつけた小川氏ですが、実は代表の座に指が掛かっていた。立民代表選を巡る激しい駆け引きの舞台裏を取材しました。

【青山和弘/政治ジャーナリスト】


■トップランナー泉健太の憂鬱


 選挙戦で当初から先頭を走っていたのは、枝野代表の下で政調会長を務めた泉氏でした。党三役を務めていた安定感の一方で47歳という若さ。そして中道に軸足を置く立ち位置。小沢一郎議員らの支持を得て、早々と党所属国会議員140人の内45票近くを固めて優位に立っていました。ただ4人が出馬したため1回目の投票で過半数を超えるのは困難で、決選投票にもつれ込むのは確実な情勢でした。

 実は泉氏の頭を悩ませ続けていたポイントがここにありました。決選投票でリベラル色の強い3陣営が結託する、いわゆる「泉包囲網」が敷かれ、逆転されるのではないかという懸念でした。泉氏は去年まで国民民主党に所属していたことから、「外様」という扱いを少なからず受けてきました。立民ではそれぞれの議員が元々どこの政党にいたかの色分けが根強く残っています。


■小沢一郎、「動こう」とする


 この状況を打開しようと動いたのが小沢氏でした。小沢氏は一回目の投票で3位になるとみられていた逢坂陣営に幹事長ポストを約束することで、決選投票では泉氏を支持するよう確約を取ろうと考えたのです。

 代表選5日前の11月25日、小沢氏はこの考えを泉氏に持ち掛けます。しかし泉氏は「それはちょっと待って欲しい」と首を縦に振りませんでした。泉氏周辺はこう語ります。「ポストの約束が早くから表に出て、裏取引と見られるのは避けたかったのだろう。あと泉さんは小沢さんが前に出ることにも慎重だった」


■3陣営が泉包囲網で合意


 一方の小川陣営も水面下の交渉を続けます。そして代表選前日の11月29日夜。小川陣営、逢坂陣営、西村陣営の代表者が集まり、決選投票に3陣営の誰が残っても、その候補に投票することで合意しました。「泉包囲網」の成立です。小川陣営はこれで「決戦投票で逆転できる」と確信しました。

 この合意を巡って小川陣営には、もし逢坂氏が決選投票に残った場合に、刷新感の乏しい逢坂氏に投票することに否定的な意見がかなりありました。しかし「小川氏の2位が揺るがない中で、泉氏に逆転するには合意しかない」と説得して了解を取り付けました。今振り返れば甘い見立てですが、小川陣営幹部は、「議員票での2位は固い上に、1回目の投票では半分を占める地方議員票と党員票で他候補に大きく後れを取ることは考えられなかった」と言います。


■小沢氏「人事カードを切るのが遅すぎた」


 一方の泉陣営選挙対策本部。夜11時過ぎに小沢元代表がひょっこり姿を現しました。そして一通り情勢分析をした後、こうこぼしました。

「健太は人事カードを切るのが遅すぎたな」

 実は小沢氏はこの日の夕方、ようやく泉氏の同意を得て逢坂陣営に幹事長ポストの打診をしていました。しかし交渉は決裂。すでに敗北を意識したコメントでした。

 ただ泉陣営には一縷の望みがありました。それは決選投票の相手が逢坂氏になることです。立民の地方議員は旧社会党系が多い上、逢坂氏の地元北海道に多くいます。また逢坂氏は党員数が多い自治労などの労働組合に強い組織票を持っています。地方議員票や党員票の行方はまだ分からないとの見方を持っていました。

 もし逢坂氏との決選投票になった場合は、いくら3陣営の合意があっても、清新さを求める議員の票がかなり泉氏に流れると予測していました。泉氏側近議員は「決戦相手が小川氏ならば数票差で競り合い。逢坂氏ならば小川支持の議員票が泉氏に流れて80票を超えて勝利」と話していました。


■予測できなかった地方議員・党員票


 11月30日。情勢混沌のまま迎えた決戦の日。都内のホテルで臨時党大会の設営が急ピッチで進んでいる最中、地方議員票・党員票を巡る情報が私のもとにも入ってきました。

「地方票で意外に逢坂氏への組織票が強そうで、2位で決戦に進むのは逢坂かもしれんぞ」

 13時、党大会スタート。4候補の演説の後、国会議員の投票が行われる前に地方議員、党員票が発表されます。結果が書かれた紙が配られると、場内がざわめきます。

 逢坂氏86ポイント、小川淳也氏61ポイント、泉健太氏93ポイント…

 逢坂氏が2位。しかも小川氏に25ポイントもの差をつけています。国会議員票は1票2ポイントなので、支持する国会議員の数で13人以上小川氏が上回らないと2位に浮上しません。小川氏支持の若手議員は「あの紙を見た瞬間、愕然とした」と語ります。決選投票の構図が泉VS逢坂で決まった瞬間でした。

 決選投票直前に再び演題に立った泉氏は、会場の国会議員を前に切々と訴えました。

「私はこの党の中に垣根をなくしていきたい。誰がいつこの党に入ったか
ではなく、皆が一つになって頑張っていきたい」

 決選投票で泉包囲網はほころび、泉氏は陣営の読み通り84人の国会議員票を獲得して圧勝しました。


■自民党総裁選との違い


 立民代表選の結果を見ると、9月の自民党総裁選も同じ構図だったことが思い出されます。自民党総裁選は保守系議員が画策したリベラル色の強い河野太郎氏を総裁にさせない、「河野包囲網」を巡る戦いでした。安倍元首相らは高市早苗氏を擁立して決選投票への流れを決める一方、岸田陣営が乗りにくい高市氏が2位になる可能性が出てくると手を緩めて、河野VS岸田の決戦に持ち込みました。そして決選投票では高市票を岸田氏に乗せて勝ち切るという、保守系議員の計算がピタッと嵌った戦いでした。

 一方、立民のリベラル系議員たちは決戦投票に向けた「泉包囲網」を構築したものの、想定外の逢坂氏が2位になってしまい。結果として決戦投票で泉氏の圧勝を招いてしまいました。決選投票に残った逢坂氏が、壇上で見せた戸惑いが印象的でした。

「決選投票と言うことで、正直申しまして私も驚いております」

 泉氏に対する忌避感が自民党内における河野氏ほどでもなかったことや、党刷新の必要性が強く求められていたことも泉氏が選ばれた理由です。しかし、党所属の地方議員票の動向がここまで掴めていなくて大丈夫なのか。さらに党全体のガバナンスが効いていないのではないか。権力闘争における自民党と立民の組織力の違いが浮き彫りとなりました。


■薄氷の勝利の先に


 泉氏は自分が党の代表になるのは、まだ早いんじゃないかという葛藤を抱えてきました。しかし代表選出後の演説ではそれを振り切るようにこう訴えました。

「47歳の新しい船長に就任をいたしました。若すぎるということはございません!」

 野党勢力が政権交代の受け皿として認められるかどうかは、日本政治の行方を左右します。しかし党内基盤の脆弱な泉氏が結束を保ちながら、党の姿勢や体質を変えて、支持のウイングを中道・保守層まで広げられるのか、極めて厳しい道のりなのは言うまでもありません。この薄氷の勝利が立憲民主党にとって吉と出るのか、凶と出るのか。我々国民も見守っていく必要があります。

青山和弘(あおやま・かずひろ)政治ジャーナリスト
1968年、千葉県生まれ。東京大学文学部卒。92年、日本テレビ放送網に入社し、94年から政治部。野党キャップ、自民党キャップを歴任した後、ワシントン支局長や国会官邸キャップ・解説委員を務める。与野党を問わず幅広い人脈を持つ。本年9月からフリーの政治ジャーナリスト。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)