泉田裕彦議員が録音データを公開、それでも「裏金要求」告発が今ひとつ盛り上がらない理由

泉田裕彦議員、星野伊佐夫氏から「買収資金を要求された」と告発 背景に公認争いか

記事まとめ

  • 自民党の泉田裕彦氏が、星野伊佐夫氏から「買収資金を要求された」と告発した
  • 地元紙の新潟日報は、自民党の公認争いが背景にある可能性を指摘している
  • 星野氏と確執がある泉田氏は、自民の公認に選ばれないのでは、との観測もあるとか

泉田裕彦議員が録音データを公開、それでも「裏金要求」告発が今ひとつ盛り上がらない理由

泉田裕彦議員が録音データを公開、それでも「裏金要求」告発が今ひとつ盛り上がらない理由

泉田裕彦氏

 自民党の国会議員が、自民党のベテラン県議から「買収資金を要求された」と告発──。この報道に驚いた方は多かったに違いない。他に類を見ない事態と言っていいだろう。

 ***

 新潟県の地元紙「新潟日報」電子版は12月1日、「泉田氏『裏金要求は星野県議』星野氏『事実無根』法的措置検討も」の記事を掲載した。要点をまとめると、以下のような具合だ。

▼衆議院議員の泉田裕彦氏(59)は10月の衆院選で再選を目指したが、小選挙区の新潟5区では落選。比例復活を果たした。

▼泉田氏は11月29日、Twitterに「【総選挙の闇:新潟5区】」と題したツイートを投稿。《今回の衆議院総選挙で、2〜3千万円の裏金要求をされました》と暴露した。

▼泉田氏は12月1日、東京・永田町の衆院議員会館で記者会見を行い、裏金を要求したのは自民党元新潟県連会長で県議の星野伊佐夫氏(82)だと明らかにした。

▼会見で泉田氏は、星野氏が以下のような《買収》を意味する発言をしたと述べた。

◇「比例に引っかからなかったら終わりだよ」
◇「2000万や3000万円の金を惜しんで一生を投げ出してはいけない」
◇「いちいち警察に報告するわけじゃないんだから」
◇「(金を)まけ、まけ」

▼質疑で「星野氏の発言は一般的な選挙費用を指すのでは?」と問われ、泉田氏は「金を有権者に渡す意味に解釈した」と答えた。刑事告発については明言を避けた。


■買収の“相場”は30万円!?


 星野氏も報道陣の取材に応じ、「事実無根」と全面否定。泉田氏と衆院選に関して打ち合わせをしたことは認めた上で、以下のように反論した。

◇「必要な経費があったら各支部に出さなきゃいけないよ」とは言った。
◇「お金を渡さなかったらあなた落ちる」と言ったことはない。
◇今後の対応によっては法的措置を検討する。

 担当記者は「泉田さんと星野さんは、かつて“師弟関係”と呼ばれたほど蜜月な時期がありました」と言う。

「泉田さんは京大法学部から当時の通産省に進み、2004年から16年まで新潟県知事を3期務めました。星野さんは田中角栄元首相(1918〜93)の後援会『越山会』幹部で、1978年から県議を務めています。2009年には自民党の新潟県県連会長にも就任しました。当選12回という、まさに“新潟政界のドン”です。元知事が元県連会長に反旗を翻したわけで、星野さんからすればまさに“飼い犬に手を噛まれた”ようなものでしょう。なぜ、こんなことが起きたのか、謎は少なくありません」

 永田町関係者も「録音の全てを聞くまでは軽々なことは言えませんが、我々の常識では考えられない点があります」と首を傾げる。


■100人分の買収資金?


「特に違和感を覚えるのは、2000万円から3000万円という額です。例えば、国会議員だった河井克行(58)、河井案里(48)元被告の場合、参院選で買収を行ったとして公選法違反で逮捕・起訴され、今年になって有罪が確定しました。裁判では地元の地方議員や首長など計94人に約2570万円を渡したことが明らかになりました。これを1人あたりの額にすると27万3000円となります。こういう場合の“相場”は30万円前後ですからリアルな数字です」

 この“1人あたり30万円”を、泉田氏が告発した事例に当てはめてみよう。3000万円を30万円で割ると、100人に配るための“裏金”ということになる。

「いくら星野さんが“新潟のドン”でも、100人分の買収資金を用意しろとアドバイスするとは思えません。河井夫妻の場合は、同じ自民党の参議院議員だった溝手顕正さん(79)に負けない知名度を短期間で獲得する必要がありました。やり方は違法ですが、参院選は県下全域ですから、計94人に金をばら撒こうとしたのは理解できます。しかし泉田さんは、小選挙区の自民党公認候補です。たとえ“挨拶”のために現金を包んだほうがいい関係者がいるとしても、せいぜい数十人だったと思いますね」(同・関係者)


■深まる謎


 仮に2000万円から3000万円という買収資金を“ばら撒く”必要があるのなら、裏金を準備して一人ひとりに手渡す必要などない。政治団体を利用するほうが、よほど安全だという。

「細かいノウハウはありますが、基本的には国会議員の政治団体が持つ資金を、活動費として県議の政治団体へ寄付してしまえばいいのです。団体間の資金移動には制限がありません。堂々と処理してしまえば、警察や検察も捜査が困難になります」(同・関係者)

 泉田氏の記者会見では、「星野氏が助言した内容は一般的な選挙費用を指すのでは?」との質問が出た。

 関係者も「あくまでも現時点での判断ではありますが、私も記者と同じことを考えていました」と言う。

「選挙資金は、参院選で3億円、衆院選で1億円かかると言った人がいます。領収証をもらっても処理できない出費が少なくないのです。例えば、文房具代やポスターを貼る時に使う両面テープなどの消耗品代、レンタルができないバッグや脚立などの事務所の備品代は、意外に処理が難しい。準備を手伝ってくれるスタッフに対する日当も馬鹿になりません。こうした出費が積もり積もって2000万円や3000万円になる。『今のうちから金を準備しておけ。必要経費を早く撒こう』と星野さんが助言したというほうが、私にはしっくりきます」


■地元有権者の反応は?


 12月4日、泉田氏は音声データを公開。会見で説明した「2000万、3000万円の金を惜しんで一生投げちゃいけないよ」という発言が確認された。

 前日の3日、星野氏も記者会見を行い、泉田氏との会話は政党活動費について言及したものであり、裏金の意味ではなかったと全面的に反論した。

「双方とも一歩も退かない構えです。特に民放のニュース番組は音声の紹介に重点を置いているため、星野氏に分が悪いような報道も散見されました。しかし録音データには、星野さんだと思われる人物が『必要経費ということでね、領収書等々もらっておいてください』と泉田さんに助言している音声も収められていました。本気で買収をするのなら、領収証のやり取りはあり得ません。星野さんの『政党活動費について言及した』という反論と整合性があると思います」(前出の記者)

 今のところ、どちらの説明が有権者の支持を得ているのかは分からない。だが、泉田氏がどのような判断から告発を行ったのかは注視する必要があるという。

「泉田さんは星野さんを告発することで、自陣営で未だに残る“昭和の選挙戦術”を問題にしたかったのかもしれません。自身のクリーンさを有権者にアピールしたかった可能性も考えられます。だとすれば、半分は理解できます。しかし、結局は自民党同士のゴタゴタです。『何をやっているんだ』と呆れる有権者も少なくないでしょう。泉田さんが有権者の人気を得ようとしてやったとするにしては、リスクが大きすぎます」(同・関係者)


■背景に公認争い?


 泉田氏と星野氏の“確執”は、既に複数のメディアが指摘している。前出の担当記者が言う。

「知事時代の泉田さんと県連会長だった星野さんの蜜月はよく知られていました。泉田さんが2017年に行われた衆院選に出馬する際も、星野さんが全面的にバックアップしました。ところが、泉田さんが初当選を果たすと、東京での活動が中心になり、地元を軽視していると関係者の不満が強まりました。一気に二人の関係は冷え込んだようです。結局、今回の選挙で星野さんは、泉田さんと距離を置きました」

 泉田氏の告発について、地元紙の新潟日報は、自民党の公認争いが背景にある可能性を指摘している。早ければ次の衆院選で、新潟県の小選挙区は現行の6選挙区から5選挙区に減少するかもしれないと取り沙汰されているのだ。

「星野さんと確執がある泉田さんは、自民党の公認に選ばれないのではないかという観測もあります。そうなれば3選どころではありません。泉田さんは新潟政界の重鎮である星野さんを告発し、公認選考における影響力の低下を狙っていると見る向きもあります」(同・記者)


■県連は反発?


 前出の永田町関係者は「星野さんの追い落としを画策しているのが事実だとしたら、泉田さんのやり方はあまりに稚拙です」と言う。

「泉田さんは星野さんとの会話を録音していることを明かしました。仮にも政治家が政治家とサシで話したときに、録音機器で隠し録りしていたわけです。今後、誰も泉田さんと腹を割って話そうとは思わないでしょう。おまけに自民党は、独断専行やパフォーマンスを嫌う政党です。果たして泉田さんは会見を行う際、どれだけ根回しをしたのでしょうか。新潟県連の中には呆れている人もいると思いますね」

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)