夫から告発された「ミセス京都市議」の評判 「将来の市長候補」とチヤホヤした人々

夫から告発された「ミセス京都市議」の評判 「将来の市長候補」とチヤホヤした人々

夫から告発 豊田市議の評判

 京都新聞(電子版)は12月10日、「政務活動費137万円を返還意向 豊田恵美・京都市議、勤務実態ない人件費疑惑で」の記事を配信。YAHOO!ニュースのトピック欄にも転載された。

 ***

 発端は週刊文春の報道だ。ネット上では文春オンラインが、12月8日に「『私を隠れ蓑にして』“ミセス京都”市議の政務活動費不正を夫が実名告発」の記事を配信した。

 ちなみに“ミセス京都”と書かれている理由は、豊田恵美氏(41)が今年の「ミセス京都」ファイナリストに名を連ねたからだ。

 それでは記事の要点を箇条書きにしてご紹介しよう。

▼週刊文春の12月16日号で、自民党・京都市議の豊田恵美氏が「政務活動費を詐取している」とで告発したのは、夫の貴志氏(46)。

▼貴志氏は京都府議や市議を務めた元政治家で、現在は会社経営者。恵美氏が市議になると「偉くなったと錯覚したのか、家庭内でも暴言が増えた」(文春記事より)と主張。離婚に向けて話し合っている最中、政務活動費の不正を示す資料を発見した。

▼収支報告書には貴志氏が「事務所職員」と記述され、約130万円が給与として計上されていた。しかし、貴志氏は昨年3月に頸椎を捻挫しており、仕事はできない状態だった。

▼捻挫で休業状態だったにもかかわらず、「事務所で勤務している」と市議会に報告。架空の人件費を不正に受給していた疑いがある、と貴志氏は指摘。

■旧民主から維新へ


 文春のほか民放のワイドショーなどでも大きく報道されたためか、恵美氏は市議会議長に人件費の返還を申し出た。京都新聞の記事から、こちらも要点をご紹介する。

▼市議会議長が聞き取りを行うと、恵美氏は「夫の勤務実態はあった」と強く主張。

▼ただし、夫の勤務実態を示す客観的な証拠の提出は困難として、20年度の人件費を全額返還したいとの申し出があった。

 京都市議会の関係者は、「夫が妻の不正を告発するという前代未聞の事態になったのは、2人が離婚協議中であることが大きいと思います」と言う。

「貴志さんは同志社大学を卒業し、民主党衆議院議員の前原誠司さんの秘書を務めていました。その後、2007年4月の京都府議選に民主党公認で立候補し初当選。民主党の勢いを象徴する結果として、地元紙の京都新聞を筆頭に大きく報じられ注目を集めました」

 ところが、2012年に自民党が政権を奪取すると、翌年2月、貴志氏は民主党からの離党を表明する。

「離党届を提出した貴志さんは、『政権交代後、党内が常にゴタゴタしている』、『労働組合に依存しており、党改革が行えない』と党を強く批判しました。これに民主党は除籍処分で応じましたが、貴志さんは維新の会に合流します」(同・関係者)


■1期で市議を引退


 2015年4月には京都市議選に転じ、維新として初めての議席を獲得した。

「ちなみに当時、大阪市長は維新の代表だった橋下徹さんでした。15年5月に大阪都構想の賛否を問う住民投票が行われています。橋下人気から維新候補に追い風が吹き、京都市議選では貴志さんを筆頭に5人が当選を果たしました。ところが、その後、迷走が続くのです」(同・関係者)

 16年2月に京都市長選が行われたのだが、独自候補を擁立するかを巡って二転三転。”共闘”していた京都党の女性市議が離党するなど内部対立が鮮明化したのだ。

「結局、貴志さんも7月に維新を離脱。維新側も離党勧告処分を下しました。そのまま貴志さんは市議として活動を続けましたが、2019年3月に引退を発表。1期だけで市議を辞め、それ以後は会社の経営に専念していました。具体的にはコンビニ店を運営していたようです」(同・関係者)

 一方の豊田恵美氏は大阪経済大学を卒業後、パチンコ店の経営などに関わり、同志社大学の大学院に進んだ。

「夫の貴志さんとは京都商工会議所の青年部で知りあったと聞いています。恵美さんは2018年11月に自民党京都府連の公募に応募しましたが、この時は選ばれませんでした。その後、自民党推薦とはなりましたが、党支部の支援はほとんどなかったそうです。引退した夫の貴志さんが、市議選では常に妻をサポートしていました。当選できたのも貴志さんのおかげです」(同・関係者)


■高く評価された妻


 夫の助力を得て、恵美氏は当選を果たした。市議になると、一気に注目を集めるようになったという。

「誤解を怖れずに言えば、京都の自民党支部も彼女をチヤホヤしており、女性より男性の有権者に人気があるタイプです。中には『将来の国会議員候補』、『将来の京都市長候補』などと持ち上げる市議もいたほどです」(同・関係者)

 夫婦仲が良好なら、妻の高評価を夫も祝福したかもしれない。だが実際は、離婚話が進んでいた。

「貴志さんからすれば、誰のおかげで偉くなれたと思っているのか……という気持ちだったでしょう。実際、文春のインタビューに《私に「ヒモみたいやな」「自民はすごい」などと小ばかにするようになった》と訴えています。また《妻から暴力を受けた》として、貴志さんが警察に被害届を出したことも記事には出ています。妻が市議になったことで夫婦仲に亀裂が入ったことは間違いないと思います」(同・関係者)

 貴志氏は「少々変わったところはあるものの筋を通すタイプ」という。妻との関係が修復される可能性は低いようだ。

「一度決めたことは絶対に曲げず、徹底的にやり抜くタイプです。関係者の間では、まだ他にネタがあると言われています。彼女を潰すつもりで政務費の不正受給を告発したのだと思います」(同・関係者)

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)