「麻生太郎自民党副総裁」の失言癖をふり返る…次官セクハラ擁護、民度が違う、ナチスの手口に学べ

「麻生太郎自民党副総裁」の失言癖をふり返る…次官セクハラ擁護、民度が違う、ナチスの手口に学べ

自民党副総裁として「自由に動ける」と意気軒高

■「半径1.5メートルの男」と呼ばれて


 自民党の麻生太郎副総裁は政界で「半径1.5メートルの男」と呼ばれてきた。気さくなキャラクターに接すると魅了されることが少なくないが、そうでなければ無遠慮な振る舞いな不愉快な思いをすることを指している。TPOをわきまえない発言も枚挙にいとまがなく、16日の派閥の会合でその種の言葉を述べたと報じられている。改めて、関係者の気分を逆なでし、ときに国益を損なってきた失言癖をふり返ってみたい。

 麻生氏は16日の派閥の会合で、今国会が行われている予算委員会について、「テレビで楽しく拝見している」「岸田さんの答弁が良いのか、新人の方々(大臣)の答弁が良いのか、それとも俺がいないから、安心して見ていられるのか」と述べ、笑いを誘った。

「その前日、森友問題をめぐる財務省の公文書改ざん問題に絡んで自殺した職員の妻が国に損害賠償を求めた訴訟で、国側が雅子さん側の請求を受け入れることで終結しました。改ざん問題をこれ以上追及されないようにするためと見られます。まぁ裁判ですから様々な闘い方があるわけですが、賠償金の約1億円は税金から支出されることになりますし、当時担当大臣だった麻生さんが予算委員会について軽口を叩いたのは不謹慎のそしりを免れないのではと言う人が多いですね」

 と、政治部デスクは指摘する。自殺の責任が国にあるとして、赤木さんの「上司」のトップは麻生氏。1億円の責任をもっとも負うべき人物だと言われても仕方ないのだが……。


■はめられて訴えられているんじゃないか


 財務省絡みで言えば、2018年4月に明らかとなった事務次官が担当の女性記者に行ったセクハラ行為への対応も顰蹙(ひんしゅく)を買った。次官のセクハラ音源が公開され、次官が処分されるに至っても、

《はめられて訴えられているんじゃないかとか、ご意見はいっぱいある》

《セクハラ罪という罪はない。殺人とか強制わいせつとは違う》などと筋違いの発言をしつつ、次官を一貫してかばい続けた。

 女性に対して無神経なのは芸風か、2019年2月の国政報告会では、少子高齢化について「年寄りが悪いみたいなことを言う変なのがいっぱいいるが、間違ってる。子どもを産まなかった方が問題なんだから」と発言。その後の予算委員会で発言の撤回を余儀なくされている。

 弱者への思いやりにも欠けるようで、2013年1月、終末期の高額医療について、《私は少なくともそういう必要はないと遺書を書いているが、いいかげんに死にたいと思っても『生きられますから』と生かされたらかなわない。さっさと死ねるようにしてもらわないと》《政府のカネでやってもらっていると思うと、ますます寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらうとかいろいろ考えないと、この種の話は解決しない》と発言。

 外相時代の2007年7月には、日本の農産物輸出に関し、《7万8000円と1万6000円はどっちが高いか。アルツハイマーの人でも分かる》などと述べている。


■お宅とうちの国は国民の民度のレベルが


 新型コロナウイルスについても持論を展開していた。

 2020年6月の参議院の財政金融委員会で、《(新型コロナの)死亡率を調べてみると、人口100万人当たり、フランスが228人、アメリカが824人、イギリスが309人、日本は7人だった》《おまえらだけ薬を持っているのかと海外からかかってきた電話でよく言われたが、「お宅とうちの国は国民の民度のレベルが違うんだ」と言うと、みんな絶句して黙る》と述べた。

 日本の死亡率が低いことをアピールしたかったようだが、日本の副総理兼財務相の民度、ひいては国民の民度も問われることになった格好だ。相手が絶句したのは、発言のレベルに驚いたからではないか。

 今年に入ってからも舌禍はとどまるところを知らず、北海道小樽市で衆院選候補の応援演説に立った際に、《温暖化と言うと悪いことしか書いていないが、いいことがある。(北海道産のコメについて)温度が上がり、うまくなった。それを輸出している。これが現実だ》と主張。

 世界中が血眼になって温暖化対策を採る中で、温暖化礼賛とも取られかねない発言に自民党の候補は肝を冷やしたことだろう。そもそも北海道のコメは農業関係者の血のにじむような努力の末にうまくなったのであって、温暖化のおかげではない。応援先の情報すらまともに仕入れずに放言したのは明らかだ。


■その人が名政治家と言われる


 一方、東京五輪に絡んで、開閉会式のディレクターが過去のナチスをモチーフにしたコントがもとで解任に追い込まれたことで、同種の言及をしていた麻生氏の発言も蒸し返されることとなった。

《ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていた。誰も気づかないで変わった。あの手口に学んだらどうかね》との発言が2013年7月。2017年8月には、《結果が大事だ。何百万人も殺しちゃったヒトラーは、いくら動機が正しくてもダメなんだ》と述べたが、いずれも撤回している。ヒトラーについては、《国民に確たる結果を残して、その人が名政治家と言われる》とも言及していた。

「財務次官のセクハラや森友問題で財務省が窮地に陥っている際、麻生さんは辞任するつもりだったようですが、安倍首相に慰留され、踏みとどまりました。半径1.5メートル内で付き合う人たちにとって麻生さんは居心地がよいのでしょうが、過去の失言をふり返ってみれば国民の常識と乖離していることは明らかでしょう。肩書きだけの副総裁が多かった中、麻生さんは岸田さんにかなり気を遣ってもらっている立場で、楽しい日々を過ごしているようです。これからも自由に発言・行動することでしょう」

 問題は、ご本人は常に正論を述べていると思っているあたりだろう。その分、今後も失言も重ねられるということになりそうだ。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)