高市早苗政調会長が前夫・山本拓と再婚か 関係者が再婚理由を証言

高市早苗政調会長が前夫・山本拓と再婚か 関係者が再婚理由を証言

再婚情報の震源地は?

 縁は異なもの味なもの。かくも男女の仲は常識で量れないものだが、師走の永田町では、ある二人について何やら喧(かまびす)しい。政調会長として政権与党を支える高市早苗衆院議員(60)と前夫が極秘再婚したとの情報が駆け巡ったのだ。

 ***

 先の総裁選で岸田氏を猛追し、存在感を示した高市氏。その戦いを支えたのが前夫である山本拓前衆院議員(69)だった。

 政治部デスクが解説する。

「山本さんの力の入れようは相当でしたね。ご本人に自民党のトップは女性がいいという考えがあったそうで、高市さんへの応援は以前より決めていたのだとか」

 二人が結婚するきっかけは2004年、落選中だった高市氏に山本氏が「結婚相手に立候補します」と申し込んだことだった。当時、ともに森派(現・安倍派)の所属という“職場結婚”。しかし、その後の二人のキャリアは明暗を分けた。高市氏が政調会長、総務大臣などを歴任する一方で、山本氏は大臣になれない日々が続く。

「第2次安倍政権時代に高市さんが安倍さんに対し、山本さんに役職をつけてほしいと直談判したことがありました。しかし、安倍さんは“山本さんは高市さんに料理を作ってあげていればいいんじゃない”と相手にしなかった」(同)

 そうした状況が積み重なり、17年に二人は離婚。当時、高市氏は本誌(「週刊新潮」)の取材にこう答えている。

「主人の我慢の風船が破裂したのでしょう。私がアイロンをかけていたところ、突然、切り出されたんです。“ずっと我慢してきた”って」

 政治家としての立場の違いが辛かったのだろうか。言いたいことも言えず、ついに気持ちの糸が切れてしまった。13年に及んだ結婚生活は、突如、幕を下ろしたのだった。


■「焼け棒杭に…」


 総裁選後、高市氏は政調会長に抜擢され、かたや山本氏は衆院選で落選し、“タダの人”となった。一度は終わったはずの二人。再びその「関係」が人々の口の端に上り始めたのはこの師走に入る頃だった。

 山本氏の地元・福井の政界関係者が言う。

「11月末に高市さんと山本さんが復縁したらしいという話が関係者の間で囁かれ、地元マスコミも取材をしていました。まさか、総裁選で焼け棒杭(ぼっくい)に火が付いたのではないかと……」

 そこで、山本氏の元妻との子である山本建・福井県議(37)に聞くと、

「私個人は再婚してもらってよかったなと思います」

 そう再婚を認めてこう続ける。

「父は60代後半なので、今後パートナーがいるっていうのはいいことですし。11月下旬に父から電話があり、籍を入れるから、という報告がありました。改めて後日会うと、“籍を入れた”と話していました」

 その理由については、

「もともと仲は良いですからね。離婚した時も性格の不一致ではなく政策の不一致やったと聞いています。父が議員でなくなったことで、その障壁がなくなったんかなあと思っています」

 さて、年の瀬に訪れた吉報について、高市政調会長を直撃すると、

「くだらない記事が出て、全国からお祝いでも届いたら、(記事の)情報提供者を訴えたいくらいです」

 と、しかめ面。再婚については黙して語らず。夫唱婦随、あるいはその逆なのか。ともあれ、ますますのご活躍を――。

「週刊新潮」2021年12月23日号 掲載

関連記事(外部サイト)