「橋本岳・衆院議員」「自見英子・参院議員」、ダイヤモンド・プリンセス不倫の後に晴れて入籍へ

「橋本岳・衆院議員」「自見英子・参院議員」、ダイヤモンド・プリンセス不倫の後に晴れて入籍へ

不倫報道の橋本岳議員入籍か

「橋本岳・衆院議員」「自見英子・参院議員」、ダイヤモンド・プリンセス不倫の後に晴れて入籍へ

職場恋愛?

■陣頭指揮にあたって


 2020年7月、厚生労働省の副大臣だった橋本岳衆院議員(47)と自見英子参院議員(45)が不倫関係に陥っていることを週刊文春(8月6日号)が報じた。2人は大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号で新型コロナウイルス対応の陣頭指揮にあたったことから、その関係をダイヤモンド・プリンセス不倫などと当てこする声もあったが、晴れて入籍するという。

 2人は2019年9月の内閣改造に伴って、それぞれ厚労省のナンバー2と3である副大臣と政務官に就任。新型コロナウイルスをめぐっては、ダイヤモンド・プリンセス号で陣頭指揮を執っていた。乗員乗客3711人のうち感染者は712人と、メガクラスターが発生した豪華クルーズ船だ。

 先の文春記事では、2人はコロナ対応で残業を強いられる職員をよそに夕方には厚労省を退庁し、デートを重ね、その頻度は2週間で5度にのぼったという。都内で感染者が最多を更新する中、橋本氏が自見氏の住む参院議員宿舎に夜から未明にかけて滞在したことも報じられた。

 既婚者である橋本氏との関係について自見氏は、「付き合っているって言われても仕方ないのかな」「これからも変わらず2人セットで仕事をしていくと思います」などとコメントしていた。


■4人の子供の母親に


 橋本氏の父親は橋本龍太郎元首相、祖父は、橋本龍伍元厚労相、自見氏の父親は医師でもある自見庄三郎元郵政相と、いずれも政界のサラブレッドだ。

 2人は安倍政権の退陣後、共に厚労省ナンバー2と3の座を離れた。自見氏は二階派へ入会し、橋本氏は先の衆院選で5選を果たしていたが、2人の関係はどうなっていたかと言うと、

「ほんの少し前ですが、“入籍しますと連絡があったよ”と永田町関係者が言っていました」

 と政治部デスク。

「職場恋愛と言うなら、自見さんと同じ二階派所属の中川郁子衆院議員の路チュー場面が浮かびますね。一方で、橋本さんは奥さんと離婚しての結婚なのでちょっと古い例えですが、令和の政界失楽園とでも言うのでしょうかね。橋本さんは前妻との間の4人の子を引き取るということで、いきなり自見さんは4人の子供の母親となるわけですね」

 来年2月には披露宴も予定されているようだ。新型コロナで婚姻数の減少や出生率の低下が懸念される中、国民に範を示したと受け取られるだろうか。いずれにせよ、末長くお幸せに。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)