草津町長選「町長室で性交渉」告白の新井元町議が立候補へ 黒岩町長と全面対決の異常事態

草津町長選「町長室で性交渉」告白の新井元町議が立候補へ 黒岩町長と全面対決の異常事態

新井祥子元町議

 群馬県の地元紙・上毛新聞(電子版)は12月17日、「草津町長選 新井元町議が出馬表明 『町長から性被害』告白」との記事を配信した。新井祥子元町議(52)の名前を記憶している方も多いだろう。担当記者が言う。

 ***

「町議だった新井さんは、2019年11月にライターが出版した電子書籍や、その後の記者会見などで、現職の黒岩信忠町長(74)から性被害を受けたと告発しました。15年1月に町長室で性的な行為をされたというのです。町議会は19年12月、議会の品位を傷つける発言があったとして、新井さんの除名を求める懲罰動議を賛成10、反対1の賛成多数で可決しました」

 ところが新井氏は、群馬県に除名処分の執行停止を申し立てる。それを受けた県は、新井氏の言い分を認め、除名処分の執行を一時停止するよう通達。そのため草津町では、新井町議のリコール(解職請求)運動が開始される。黒岩町長も積極的に運動を後押しした。

「20年12月にリコールの賛否を問う住民投票が行われ、賛成2542票、反対208票という圧倒的多数で新井さんの解職が支持されました。ただ、一部の女性団体や有識者、全国紙、更に海外メディアなどから、『性被害の問題でリコールを行うのは不適当』、『一種のセカンドレイプに該当するのではないか』との異論も指摘されました」(同・記者)

 国内ニュースの枠を超え世界的に大きく報じられてしまったわけだが、“人の噂も七十五日”。報道は次第に沈静化していった。


■双方が告訴


 久しぶりにニュースが伝えられたのは今年11月。新井氏はリコールの無効を求める訴訟を起こしていたのだが、最高裁が棄却して敗訴と解職が確定したのだ。

 これで更に多くの人から忘れられる──はずだった。

 ところが新井氏は、来年1月に行われる町長選への出馬を表明した。これで再び、町は大騒ぎになっているのだ。

「新井さんは12月13日、黒岩町長を“強制わいせつ容疑”で前橋地検に告訴しました。この容疑内容を巡って、記者の間では混乱が起きました。というのも、これまで新井さんは、電子書籍や会見で『肉体関係』などの言葉を使っていたからです。多くの記者が『“強制性交等罪”での起訴ではなかったのか?』と驚きました」(同・記者)

 同日、新井氏が開いた会見でも、その点について記者から質問が出た。彼女は「性被害を受けたのは間違いない。刑法に照らし合わせて強制わいせつ容疑で告訴した」と説明した。

 黒岩町長も20日に記者会見を行い、虚偽告訴の疑いで16日に告訴状を提出したことを明らかにした。前橋地検は双方の告訴状を受理したと報じられている。


■町長選出馬の波紋


 黒岩町長も4選を目指して立候補する予定だ。取材に応じた地元関係者が言う。

「当初、新井さんは町長選と同時に行われる、町議補選に出馬すると見られていました。欠員2議席を争う選挙です。当選する可能性は高いと言われていました。この時点で町民の雰囲気は、『マスコミから変な注目を集めないよう、新井さんの補選出馬については触れないようにしよう』、『また性被害の件が全国ニュースで蒸し返されるのはこりごり』というものだったと思います」

 ちなみに12月1日現在、草津町の人口は6168人で、有権者数は5344人。2019年に行われた町議選では、定数12に対して13人が立候補した。

 結果は新井氏が最下位での当選となり、得票総数は110票。次点は90票だった。わずか110票で当選できるのだ。補選当選が確実視されていたのも頷ける。

「町長を告訴したことより、16日に町長選に出馬すると表明したことのほうが、町民に与えたインパクトは大きかったと思います。『町長選に出馬するとは、どういうつもりなのか?』という雰囲気に変わってきているのです」(同・関係者)


■圧勝が必要条件


 現時点では黒岩町長と新井氏の一騎打ちとなる公算が高いという。

「町長選が始まると、全国ニュースになる可能性があります。単に開票の結果を伝えるだけでなく、選挙戦を紹介するかもしれません。ひょっとすると、外国メディアが入ってくるかもしれません。新井さんの告訴や主張は虚偽の疑いがあり、それを町民も問題視していることを立証するためには、黒岩町長が圧勝する必要があります」(同・関係者)

 町長選の供託金は50万円。有効投票数の10分の1の得票がなければ没収されてしまう。

「新井さんの供託金が没収されるような結果になることが、1つの目安と言われています」(同・関係者)

 だが、黒岩町長にも“逆風”となる懸念材料はある。候補者同士の舌戦が転じて、泥仕合となってしまう展開だ。

「草津町の選挙では、候補者が新聞の折り込みチラシで公約を主張するという“伝統”があります。怪文書すれすれの内容が記載されていることも珍しくありません。今回の町長選で、どんなチラシ合戦となるかは焦点の1つでしょう」(同・関係者)


■「伝統湯」問題


 何枚も発行されるチラシの全てを保管し、隅から隅まで熟読することで、「選挙の実情がよく分かる」と評価する高齢者も少なくないという。一方で、若い有権者からは「いつまでこんなことをやっているんだ」と呆れる声もあるそうだ。

「心配なのが黒岩町長の対応です。正直なところ、あの人は頭に血が昇りやすいところがあり、相手の挑発に乗ってしまいがちです。対立候補にビラで批判されると、こっちも反論のビラを出すのですが、余計なことまで書き込んでしまうんです。これまで失言に近い記述もあり、余計なことを書かなければいいのですが……」(同・関係者)

 デイリー新潮は19年12月に「草津町長に『関係強要された』でも『好きだった』ともいう前町議の女心」の記事で、今回の対立の背景には「時間湯」の問題があると指摘した。

 時間湯とは上限48度で湯治を行う草津の伝統的な入浴法のこと。黒岩町長は、高温浴には危険があるなどの理由から時間湯の制度を変更し、さらにその指導役だった「湯長(ゆちょう)」を廃止したのだ。

 新井氏を支持する有権者層のかなりの割合が、この黒岩町長の“時間湯改革”に反対する勢力だという。

「かつての時間湯は、医事法や薬機法に抵触するおそれや、運営が不透明という問題点を抱えていました。今は『伝統湯』と名称を変更し、町が直接管理することでコンプライアンスや透明性を確保しています」(同・関係者)

 対立の根っこは、かなり深いようだ。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)