辻元清美は“敵前逃亡”、蓮舫は社長業に? 八方ふさがりの立憲民主党はどこに向かうのか

立憲民主党の女性議員の『私利私欲』ぶりを指摘 蓮舫氏は自宅を売却し『社長』に就任

記事まとめ

  • 泉健太氏が立憲民主党代表となったが、党をとりまく状況は悪化しているという
  • 辻元清美氏が参院選出馬を表明したが、参院候補の間で執行部への不満が出ているらしい
  • 蓮舫氏は政治の世界における目標を見失っているらしく、『社長』に就任したという

辻元清美は“敵前逃亡”、蓮舫は社長業に? 八方ふさがりの立憲民主党はどこに向かうのか

辻元清美は“敵前逃亡”、蓮舫は社長業に? 八方ふさがりの立憲民主党はどこに向かうのか

「黙ってられへん!」とは言うけれど……

 昨年の衆院選で事実上敗北し、新たに泉健太代表(47)を戴いて早3カ月――。党をとりまく状況は好転するどころか、悪化の一途だ。支援組織や共闘相手との板挟みに遭い「選挙の顔」となる女性議員は“私利私欲”で……。これを八方ふさがりと言わずしてなんと言うのか。

 ***

 野党をまとめるべき立場の「第1党」はいまや“敵だらけ”である。

 立憲民主党の泉健太代表が今夏の参院選で共産党との共闘を「白紙」としたことで、当の共産党の志位和夫委員長は「白紙にするという議論は成り立たない」と不満をあらわにした。

 一方で、立憲を支援するはずの連合の芳野友子会長は大の「アンチ共産党」で知られ、先の泉氏の発言にも、「白紙の意味を明確にすべきだ」と噛みついた。

 昨年12月に船出した「泉体制」の羅針盤はどっちつかずの方角を指すばかりで、孤立を深めているのだ。

「今の執行部はいわば素人集団です。幹事長も選対委員長も選挙の陣頭指揮をとったことがないし、国会でも劣勢を強いられています」

 とは野党担当記者。

「通常国会で与野党が闘うのはまず予算です。野党国対は衆議院の審議でいかに3月まで持ち込ませるかが勝負です。しかし、いまの国対は自民党にいいようにやられていて、予算案は2月20日過ぎにも衆院を通過してしまいそう。与野党バトルをまったく演出できていないのです」


■敵前逃亡


 その苦境の泉氏が満面の笑みで歓迎したのは、辻元清美前衆院議員の参院での出馬だった。

 昨年の衆院選で大阪10区から立候補し、日本維新の会の候補者に敗れた辻元氏は今夏の参院選で比例区から出馬すると、先月31日に正式に表明したのだ。

「辻元さんは昨年末から比例に転出するかどうか、“悩んでるねん”と周囲に話してきました。還暦を迎えている辻元さんは、政治家人生を考えれば次の衆院選まで待つのは得策ではありません。さらに、次期選挙も維新を相手に勝てる見込みがあるかもわからない。ならば、参院から出ようというわけ。泉さんにとっても選挙の顔が増えたことで渡りに舟でしょう」

 敵前逃亡、私利私欲による出馬ともいえようが、その辻元氏を参院選で支援すると見られるのは、大手私鉄などの労働組合が加盟する私鉄総連である。

 立憲所属の議員が言う。

「辻元さんは民主党政権時代に国交副大臣を務めており、その縁で私鉄総連とは深い関係を築き上げてきました。自治労や日教組ほどの集票力はありませんが、辻元さんの知名度と合わされば当選は間違いないでしょう。しかし、前回参院選で立憲は比例で8人しか通っておらず、辻元さんの参戦で一つの枠が埋まり誰かが落選することになる。参院候補の間では執行部への不満の声が渦巻いています」


蓮舫氏は“社長”に就任


 もうひとり、今回の改選組の中で高い知名度を誇るのは蓮舫参院議員だ。彼女もかねて参院比例へまわろうと画策してきた。

 立憲関係者によれば、

「蓮舫さんは昔から総理になるために衆院へ鞍替えしたいと親しい人には話してきました。しかし、参院東京選挙区選出といういまの立場で辞職すると、欠員となり、立憲の議席が失われます。かたや、比例選出の立場で辞めれば、立憲の次点者が繰り上がる。そのため、この参院選も比例への転出を検討してきたのですが……」

 蓋を開ければ、辻元氏が比例にまわり、蓮舫氏は東京選挙区で公認と相成った。

 その蓮舫氏、プライベートでは実母と住んでいた都内の自宅を昨年9月に売却していた、と報じられた。

 実はその過程で、“社長”に就任していたと語るのは蓮舫氏の知人である。

「それまでお母さんが社長を務めていた齊藤家の会社の代表を蓮舫さんが昨年末に引き継いでいます」

 その会社の目的欄には食料品の輸出入や不動産の売買などの項目がある。まさか、社長業に乗り出すつもりなのか……。

「確かに彼女はいま党内的にも無役で、行き所がない。本人も“枝野・福山体制が続いてほしかった”と漏らしていて、政治の世界における目標をやや見失っている。いまは子どもたちとも住めるような広い家を“買いたい”と話しています」

 党より「家」ということのようだ。

 そうした選挙が安泰な議員はいざ知らず、泉代表の足元ではいつ爆発するともしれない「火薬庫」からきな臭い煙が立ち込め始めている。


■「臭いものに蓋」


 新年早々、公共のメディアを名乗っていながら、立憲から1500万円の資金提供を受けたとして問題になった「Choose Life Project」(CLP)について、西村智奈美幹事長が調査結果を公表した。しかし、その中身は「支出は適切ではなかった」としたのみ。

 先の立憲関係者が続ける。

「この支出は仲介したウェブ制作会社を通じて行われており、事務方トップで“立憲のドン”と言われる秋元雅人前事務局長と福山哲郎前幹事長によるものとされています。秋元氏はSEALDsとの関係が疑われている広報会社、ブルージャパンに対し2017年以降に党から支払われた9億円以上のカネについても深く関与しています。通常、党から支出する場合は担当局長など関係局の決裁が必要ですが、ブルー社への支出は秋元氏と福山氏の二人だけで決裁をしたと見られているのです」

 奇しくも福山前幹事長も今夏改選だが、地元の京都府選挙区では野党共闘のめどが立たず、落選の危機を迎えている。秋元氏はこの1月に事務局長を退任し、党の選挙対策委員会の特別参与に。近く、退職するという話まで流れている。

「臭いものに蓋」で天下分け目の参院選に臨むおつもりなのか。


■「政党として厚みがない」


 福山事務所は、

「都度見積もりを受けて党としての決裁を行い、毎年政治資金収支報告書に公開されている通りです」

 政治アナリストの伊藤惇夫氏が指摘する。

「立憲民主党は政党としての厚みがないように思えます。どこか旧社会党の雰囲気が感じられる。ブルージャパン問題を見てもそうで、閉鎖的で身近な仲間を重んじ過去をひきずる傾向があるんです。だから、党としての一体感が醸成されず、野党第1党としての方向性が見えなくなっている。与党の問題点を指摘するという役割をいま一度考え直したらいいと思います」

 崩壊寸前、風前の灯となったリベラル政党。新代表を筆頭にいま、その胆力が試されている。

「週刊新潮」2022年2月17日号 掲載

関連記事(外部サイト)