自民党青年局長が2度目のスピード離婚となるか 妻は社長令嬢…“政略結婚”破綻の裏側

自民党青年局長に就いた小倉將信衆院議員が2度目のスピード離婚か 週刊文春が報道

記事まとめ

  • 自民党青年局長に就いた小倉將信衆院議員の“離婚”の一報を、週刊文春が報じた
  • 自民党青年局長は総理への登竜門で、小倉氏はテレビ朝日のアナと結婚も離婚した
  • 小倉氏は東証1部上場企業の社長令嬢と再婚したそうだが、2度目のスピード離婚か

自民党青年局長が2度目のスピード離婚となるか 妻は社長令嬢…“政略結婚”破綻の裏側

自民党青年局長が2度目のスピード離婚となるか 妻は社長令嬢…“政略結婚”破綻の裏側

幸せな結婚は何処へ

 7年ぶり2度目のスピード離婚となりそうなのは、「総理への登竜門」とされる自民党青年局長に就いた小倉將信(まさのぶ)衆院議員(40)だ。そのトラブルの詳細が週刊誌に報じられたのだが、裏の裏をめくると、ある上場企業の思惑が……。

 ***

「離婚」の一報を報じたのは2月10日に発売された週刊文春だった。

 小倉氏は町田市などを地盤とする東京都第23区選出の4回生。日本銀行出身の政策通で、何人もの総理を輩出した党の青年局長に昨年10月就任し、次世代のホープとして注目を集めている。だが、私生活では8年前にテレビ朝日の島本真衣アナと結婚するも、わずか1年半後に離婚。当時、小倉氏の母との関係に悩んだ島本アナが家を出た、とされた。

 小倉氏が再婚したのは、昨年10月の衆院選の公示直前だった。今回の週刊文春の記事をかいつまんで説明すると、すでに二人は〈離婚寸前の危機に〉あり、その原因の一つがマザコンなのか、という文春の質問に対し、小倉氏は、

〈全く事実ではない。(中略)前回の離婚の原因もマザコンではない〉

 と否定。さらに小倉氏が選挙区の多摩市を出身地としているのは偽りだと妻側が主張し、だとすれば、公選法違反にあたるとの指摘にも強く反論している。

 では、記事内でも明らかにされていないこの「妻」とは一体何者なのか――。


■「政治家の結婚相手を探していた」


東証1部上場企業の社長令嬢ですよ」

 と小倉氏の後援会関係者。

「滋賀県に本社があるフジテックというエレベーターなどの開発、据付などを行う企業で、内山高一(たかかず)社長の娘さんが小倉さんの奥さんなんです。創業70年以上のフジテックは昨年3月期の売上高が約1700億円で黒字続き。いまの内山社長は創業者の長男にあたります。娘さんはいま32歳で、かねてから政治家の結婚相手を探していたそうです」

 二人の出会いは一昨年末。

「知人の紹介で、お見合いのような形でした。どうやら、彼女のお母さんが政治好きで“娘を政治家の妻に”という思いがあったようです。出会って意気投合し、昨年5月に小倉さんがプロポーズしました。8月に結納、衆院選前の10月に入籍することになったのです」(同)

 晴れて“政略結婚”は成就したが、あっという間に破綻してしまう。

 小倉氏の知人が言う。

「昨年12月20日までは仲睦まじくLINEで連絡を取り合い、まもなく議員宿舎で同居する予定でした。そこへ12月21日、議員会館の事務所に弁護士名で封書が届いた。妻が離婚の決意を固めており、協議したい旨が書かれていたそうです」


■「脅しと言われても仕方ない」


 この弁護士は誰あろう、かつて「行列のできる法律相談所」(日本テレビ)に出演していた住田裕子(ひろこ)氏だった。

「妻側は小倉さん親子からの嫌がらせで精神的苦痛を受けたとして、離婚に際し5千万円を払うよう要求してきました。衆院当選に妻が貢献し、将来的に得られる収入から計算した結果の金額だそうですが……。難病を患う小倉さんの母が妻と会ったのは結納と顔合わせの際のたった2回と聞いていますし、小倉さんからすれば夫婦間の諍いはなかった上に、話し合いすらしていない状況で弁護士が出てきてしまった。青天の霹靂でした」(同)

 文春の記事内でも妻の弁護士なる人物が、

〈請求金額の五千万円は、離婚に際しての慰謝料ではなく財産分与です〉

 とコメントしている。

 離婚問題に詳しいフラクタル法律事務所の田村勇人(はやと)弁護士によれば、

「婚姻期間が短く、同居もしていないとなると財産分与が認められる可能性はゼロに近いです。また、財産分与にあたり将来の収入は考慮されません。選挙での当選は本人の資質によるものが大きいと思われるので、この請求は脅しと言われても仕方ありません」


■なぜ、取ってつけたような離婚理由を持ち出すのか……


 しかも、その住田弁護士は、週刊文春が発売された当日に辞任してしまったという。当の住田氏に尋ねるも、

「代理人を辞した立場から申し上げることは差し控えたいと思います」

 と逃げの一手。前出の後援会関係者が続ける。

「結局、奥さんが離婚したいという理由はよくわからない。念願だった政治家の妻になったものの、経済的な面を含め、理想と違ったと感じたのかもしれません。奥さんはフジテックのエレベーターを使ってほしいと小倉さんの支援者らに売り込んでいましたが、思ったより売れなかったのか……」

 当の妻は、

「弁護士に聞いて下さい」

 と言うが、住田氏に代わり就任した弁護士も、

「本件に関する取材には一切対応いたしかねます」

 と書面で回答。

 もう一方の当事者である小倉氏を直撃すると、

「先方は私が多摩市出身という“嘘”が離婚の一因だと主張されています。でも多摩市に生後住んでいたのは事実ですし、総務省にも公選法上の問題はないと確認済みです。妻とは出身地について話したことすらないのに、なぜ取ってつけたような離婚理由を持ち出すのか、全く不可解なんです。私に足りない点を直接指摘してもらえれば変える努力をするつもりでしたが、いまは会って話すことすら阻まれているので……」

 そう言って口を閉ざしてしまった。

「週刊新潮」2022年2月24日号 掲載

関連記事(外部サイト)