#野田聖子ブロック祭りの顛末 子育て世代猛反発で問われる覚悟

#野田聖子ブロック祭りの顛末 子育て世代猛反発で問われる覚悟

野田聖子氏

 ツイッター上に妙なスレッドが乱立した。昨年の自民党総裁選に名乗りを上げた、あの女性議員を巡るものである。

#野田聖子ブロック祭り
#野田聖子が国民の声をブロック
#野田聖子ブロック大臣
#野田聖子ブロックチャレンジ

 一体、何ごとなのか。【中西美穂/ジャーナリスト】

 ***

 調べてみると、ことの発端は、少子化担当相をつとめる衆院議員・野田聖子氏による1月28日付のツイッターでのコメントにあった。

〈こども家庭庁では、誰一人取り残さず、抜け落ちることのない支援を掲げており、子ども・若者総合相談センターの設置促進と機能強化、NPO等と連携した学習支援の場をはじめとする居場所づくりに対する支援の拡充に取り組んでいくことを答弁させていただきました〉

 子を持つすべての世帯に向けた、誰一人取り残すことのない支援を――。野田氏のこの表明を見た“子育て世帯”は敏感に反応した。上記コメントをリツイートし、児童手当や高校無償化における「所得制限の撤廃」を求めて声を上げたのだ。

 昨年の総選挙では、公明党がコロナ禍における子育て世帯への支援策として「18歳以下1人あたり10万円の支給」を公約に掲げた。ところが、選挙後の与党間の話し合いで、世帯主年収が960万円を超える家庭は支給の対象外とする「所得制限」が設けられた。

 これにより子育て世帯の1割と、子ども200万人が「切り捨てられた」形となった。多子家庭だろうと障害児を抱える家だろうと、「世帯主年収」が960万円以上なら支援はない。一方、たとえば夫の年収が700万円で、妻の年収が500万円の「世帯年収」1200万円の家庭は支援を受けられる。かくも穴と矛盾だらけの決定だった。

 これ以外にも、国の子育て支援策には様々な所得制限があり、今年10月からの児童手当法改正では、世帯主が年収1200万円以上の家庭は月額5000円の児童手当が受け取れなくなる。子育て世帯はこのような措置が相次ぐ状況下、野田氏に対して自ら言明した「抜け落ちることのない支援」の実行を求めて声を上げたのである。

 ところが、何を思ったのか、そうした声を野田氏が一方的にブロックし始めた。「国民の声をブロックする大臣」。ネット界に困惑と批判がうずまいたのも無理はない。


■河野太郎氏に「私は決してブロックしない」と言いながら…


 そもそも野田氏は、昨年の総裁選の際に出演した番組で、河野太郎候補が自身と意見の合わない相手をツイッター上でブロックしていることを受け、以下の発言をしている。

「SNS上で私が河野さんに勝っているのは、私は決してブロックはしない(ことだ)。どんな嫌なことも受け止めて返せるように努めている」

 育児や障害児施策に力を入れている兵庫県明石市の泉房穂市長のもとには、野田氏からブロックされたことに関する疑問の声が多く寄せられたという。

 泉氏はツイッターで、こう綴った。

〈所得制限撤廃を訴えただけで「ブロック」されたとの驚きと悲しみの声が、次々と寄せられている。もしそうなら、公約違反だし、大臣失格だ。子育て層の生の声をブロックしていて、「少子化担当大臣」が務まるわけがない。何かの間違いだと思いたい〉

〈野田聖子少子化担当大臣ご本人ではなく、スタッフが勘違いでブロックしていると思いたいです。親の経済的事情などで分断することなく、社会全体で「すべての子ども」を「等しく」応援することが、少子化対策のポイントだと思っています(明石市で証明済)。どの「子ども」も「子ども」ですから〉

 私は当初、この件で野田氏の事務所に確認を行っている。事務所は、ブロックの事実は認めながら、「秘書の判断で」という定型的な釈明を加えた。

 私が直接取材した泉氏は、これに関してツイッターで再び訴えた。

〈「秘書の判断」でブロックしたなら、「大臣本人の判断」で、そのブロックを解除していただきたい〉


■国民の声が「心ない発言」「誹謗中傷」に


 そうした中、2月17日にネットのABEMAチャンネルは「変わる報道番組#アベプラ」で、野田氏の“ブロック問題”を取り上げた。野田氏の事務所はその中で、ブロックに及んだ理由を次のように説明している。

・政策とは関係なく心ない投稿をしたユーザーをブロックした
・所得制限撤廃などの内容を問題にしたのではない
・ブロックは秘書・スタッフの判断による
・心ない投稿を衆目にさらさないようにする目的があった
・政策提言などにはしっかり耳を傾けており、「嫌なことでもしっかり受け止める」というスタンスは変わらない。

 政策とは無関係な「心ない」投稿をブロックしただけだ、というのだ。さらに番組では、投稿があたかも誹謗中傷であったかのように位置づけられて話が進行。野田氏の弁が正論のように印象づけられる形で終わってしまった。

 同番組に出演した明石市長もこれには困惑の色を隠さなかった。以下はツイッターから。

〈今夜の『アベプラ』は予想外の展開でした。誹謗中傷された被害者のブロックなら、気の毒で、政策提案なのにブロックしてしまう大臣なら、無責任。誹謗中傷を前提とした出演者ばかりだと、結論は明らか。番組内容に失望した皆さん、私の力不足もあり、議論を修正できず、申し訳ありませんでした〉

 しかし、これは泉氏の責任なのだろうか。野田氏と、この日の番組に関わった制作陣にこそ問題があるのではないか。

 そもそも、どういったツイッターを野田氏は「心ない」と判断したのか、さかのぼって調べてみた。

〈子どもに対する理不尽な差別に、我慢の限界です〉
〈訴えても野田さんには届かないのでしょうか〉
〈誰1人取り残さず、抜け落ちることのない支援ということは、私たち所得制限世帯の子どもたちも支援の輪に入れてもらえるんでしょうか〉
〈子どもに少しでも良い暮らし、生活をさせてあげたくて一生懸命働いただけで、制限されるって納得いかない〉
〈楽して稼いでるわけじゃありません。相応の税金も納めているのに恩恵受けられないことがおかしいのでは〉


■自身はベビーシッターに「月50万円」


 中には、誹謗中傷めいた投稿もあったのかもしれない。しかし、至極真っ当なコメントまでがブロックされていた事実がわかったのだ。これでは、泉氏から「子育て層の生の声をブロックしていて、少子化担当大臣が務まるわけがない」と非難されたことに、野田氏として反論の余地もないだろう。

 所得制限の撤廃を求める声が上がった児童手当は「こども家庭庁」の所管になることが決まっている。野田氏が「こども家庭庁では、誰一人残さず」と言明している以上、児童手当の行く末に関する国民からの要望をブロックするのは不当である。いや、国民から発せられた言葉を「ブロックしない」とした自身の言明を裏切ったものともいえる。これはある意味、河野太郎氏より酷いとは言えまいか。

 野田氏は仕事を持つ母として、障害のある長男の預け先を探したが、なかなか見つからなかった。そこで看護師に来てもらってベビーシッターをお願いし、これに月50万円かかったという話がある。他ならぬ私にも障害を抱えた子がいる。せめて野田氏は障害児がいる家庭における親の就労の難しさ、経済的状況の厳しさを理解してくれているかと思ったら、残念だがまったくそうではなかったらしい。

 私は再度、事務所に確認取材を行った。しかし、十分すぎるほどの回答期限を設けていたのに、前回と同じく「秘書の判断でブロックしました」と答えるのみで、所得制限撤廃の件や児童手当の所管の件、ベビーシッターに50万円支出していた件などについては一切、無回答だった。

 昨年、医療的ケア児法が施行された際、野田氏が先導して議員立法を可決させたように喧伝されていた。しかしあの法律は、元民主党議員の荒井聡氏が障害児の置かれている状況を目の当たりにし、改善に向けた取り組みを始めたのが端緒となったものだ。無論、野田氏のパフォーマンスが成立に資した面も否定できないが、このたびのブロック騒動を見るにつけ、自身には改革に取り組んだり、環境整備に努めたりるする気などないのではないかとさえ思えてくる。

 質問状では「野田議員の思い、考え、母親として、議員として、大臣としての声を届けたい」といった主旨を伝えた。にもかかわらず、国民にメッセージを届ける機会までも自らブロックした。信頼感が著しく損なわれた今般のネットでの騒動を、野田氏は軽く考えるべきではない。

中西美穂(なかにしみほ)
ジャーナリスト。1980年生まれ。元週刊誌記者。不妊治療で授かった双子の次男に障害が見つかる。自身の経験を活かし、生殖医療、妊娠、出産、育児などの話題を中心に取材活動をしている。障害児を持つオンラインコミュニティ・サードプレイスを運営。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)