石原伸晃氏がYouTuberデビュー “とっておきネタ”で再生回数アップを狙うも500回台と苦戦中

石原伸晃氏がYouTuberデビュー “とっておきネタ”で再生回数アップを狙うも500回台と苦戦中

いつの間にかYouTuberになっていた石原伸晃・元自民党幹事長(本人のYouTubeチャンネルより)

 猫も杓子もYouTuberの時代である。有名になりたい、金持ちになりたい、承認欲求を満たしたい……。動機は人それぞれだが、この人の場合はどうか。先の衆院選で落選した石原伸晃・元自民党幹事長(64)である。今年2月からYouTuber活動を開始。週1〜2本ペースで配信しているのだが……、再生回数が伸びる気配はまったくない。

 ***


■父の逝去をきっかけに


 昨年10月の衆院選で比例復活すら叶わず、“ただの人”になってしまった石原氏。12月には岸田文雄首相から内閣官房参与として拾ってもらったが、わずか1週間で辞任に追い込まれた。

「自身が代表を務める政党支部が、新型コロナウイルス対策の助成金・約60万円を受給していた件がバレてしまい、批判が殺到したためです。そもそも、“なぜ落選した議員を”という声も大きかった」(永田町関係者)

 あれからしばらく音沙汰がなかった石原氏が再び注目されたのは、今年2月に父・慎太郎氏が逝去した時だった。どうやらこのタイミングで、YouTuber活動に目覚めたようだ。チャンネル自体は20年9月に開設されていたのだが、急に本人が登場して語り出すようになったのである。


■サムネイルが変わった


 最初の動画は、喪主として父の逝去を報告する神妙な内容だった。その後、2回にわたり父との思い出話を披露。やがて、落選後の心境や岸田首相の人物像について語り出し、しまいにウクライナ情勢の解説を3日連続で投稿し始めた。気づけば、いっぱしの「演者」になっていたのである。当初は地味だったサムネイルに色を入れたり、音響を挿入するなど、凝った見せ方までするように。現在も週1〜2本のペースでアップし続けている。

 石原氏のYouTuberとしての実力はいかに。企業のYouTube番組を制作しているプロの編集マンに見てもらった。

「あれ? 登録者数が出ていない。珍しいですね」

 編集マンがまず気づいたのは、そこだった。

「恐らく、まだ少なくいので恥ずかしいからじゃないですかね。登録者数を増やして盛り上げていこうという世界なのであまり見かけません」


■収益はゼロ


 4月7日現在、アップされた動画は44本。総再生回数は約6万回と表示されている。ここから、何人くらいの登録者がいて、どのくらいの収益を上げていると推測できるのか。

「まず金額ですが、1再生回数につき0・1円程度のチャンネルが多いです。だから、数千円程度の収益しか上がっていない計算になります。ただし、YouTubeチャンネルの収益化にはいくつか到達しなければならない目安があり、その一つに登録者数1000人があります。この総再生回数だと恐らくクリアできていないので、収益化はできていないと思います。つまりゼロかと」(同)

 ただ、登録者獲得を目指している節があるという。

「3月くらいから、サムネイルを工夫したり、急に凝った作りになりましたね。恐らくプロを雇ったのでしょう。最近は1分くらいの長さのショート動画をよくアップしているようですが、これは登録者数を伸ばす手法で最近の流行です。最初に上げた慎太郎さん永眠の報告動画は1万2000回ほど見られていますが、ほかは平均して500〜600回くらい。だいぶ苦戦しているようですね」(同)


■石原ファミリーの話ばかり


 次に、ベテラン政治部記者に感想を聞いた。記者は、3月31日にアップされた動画をまじまじと観ながら首をかしげていた。石原氏が、父や叔父・裕次郎氏に「政治家になりたい」と相談した場面を回想した動画である。

「あれだけ二世議員と呼ばれることを毛嫌いしていたのに、石原ファミリーの話ばかりですね。私たちが取材していた頃、伸晃さんは、父親の名前を出すだけで不機嫌になったものです。若い記者がそれを知らずに慎太郎さんのことを『お父上が……』などと言うと、『都知事だろ』って言い直させたりして。実際は、選挙に毎度のように石原軍団が応援に駆けつけ、おんぶに抱っこだったんですがね」

 3月11日に公開された被災地復興への想いを語っている動画についても、辛口にこう批評する。

「自分の失言を棚にあげてって思っちゃいますね。伸晃さんは、2014年に環境大臣をやっていた時に、国と地元との交渉が続いている中間貯蔵施設をめぐって『最後は金目でしょ』と発言して福島県民の怒りを買った。あれで大臣を交代させられたんですよ」(同)


■選挙に負けた理由


 YouTuber活動を始めた理由については、「次の選挙に出るためのイメージアップ戦略なのでしょう」と分析する。

「ただし、人脈自慢っぽく聞こえる話が多すぎて、果たしてプラスに働くかどうだか。この間の選挙で負けたのも、地元でもいつも偉そうにふんぞり返っていたからだと言われています。野党統一候補が出てきて窮地に陥り、慌てて公明党に泣きついたものの、そっぽを向かれてしまいました。これまでのイメージを覆すような親しみやすい内容にしたほうがいいのでは」(同)

 とはいえ、まだスタートしたばかりで試行錯誤の最中なのだろう。どうせなら、カムバックを忘れるくらいの人気YouTuberを目指して頑張って欲しいものだ。目指せ、ヒカキン。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)