安倍元総理の「ゼレンスキーとの友好関係」アピール 過去には“プーチン詣で”に執心

安倍元総理の「ゼレンスキーとの友好関係」アピール 過去には“プーチン詣で”に執心

安倍晋三元総理

 帝政ロシア期の外交官にして詩人が物した以下の詩は、ロシアの不可解さを表す言葉として昔から世界的に有名で、数多(あまた)引用されてきた。〈ロシアは、頭では分からない/並の尺度では測れない/何しろいろいろ、特別ゆえ〉。安倍晋三元総理もあの人物に、この歌を捧げているのだが……。

 ***

 詩は四行詩で本来はこう結ぶ。

〈ただ信じるだけだ〉

 しかし2019年、ウラジオストクで開催された東方経済フォーラムでスピーチした安倍氏は、末尾を次のようにアレンジした。

〈ただ信じる。それがロシアとの付き合い方だ〉

 その“信じる外交”の結果はいかほどだったか。

「ロシアは3月21日、一方的に平和条約交渉を中断すると通知してきました。日本はこれまで、安倍氏肝入りの平和条約交渉に向けた対ロ経済協力費として、過去6年間で200億円の血税を投入してきたのですが……」(政治部デスク)

 貢いだものが水泡に帰したやにも映るが、元総理がここに至って取った行動は、

「ゼレンスキーとの2ショットを自身のツイッターに掲載して、かねてからウクライナとも強い友好関係を築いていたかのように振る舞っています」(同)

 あっさり“救国のヒーロー”に乗り換えていたのだ。フットワークの軽さには、目を見張るものがあろう。また一方で、月刊誌では自身への批判にこんな反論も。

〈プーチン大統領と何度も会談するのは当然であり、非難の意図が全くわかりませんね〉


■問題は会談の仕方


 相手国元首との接触なくして何事も始まるまいというのはその通りだろうが、北方領土問題に詳しい北海道大学スラブ・ユーラシア研究センターの岩下明裕教授は手厳しい。

「問題は会談の仕方ですよね。安倍氏は在任期間中、プーチンと27回も会談していますが、日本国内で会ったのはたったの2回です。外交は相互主義が原則ですから、どう考えても対等の外交とは言い難い」

 安倍氏がプーチン詣でを続けたワケについては、

「祖父の岸信介が日米安保の改定を手掛けたように、安倍氏は偉業を達成し、歴史に名を残したかったのだと思います。対ロ平和交渉は歴代総理が積み残してきた外交的課題でしたから」

 一方、現代ロシア論が専門の袴田茂樹青山学院大学・新潟県立大学名誉教授は次のように語る。

「安倍元総理の対ロ外交は、これまでのメディアの報じ方にも引きずられてしまったところがあります」

 というのも先の交渉中断に関しても、NHK等が、

〈ロシア外務省が北方領土問題を含む平和交渉を中断する意向を表明〉

 などと伝えているが、

「“北方領土問題を含む”なんて言うはずがない。日ロ間に領土問題は存在しないというのがあちらの立場です。実際、原文を確認しましたが、そんなことは述べられていません」(同)


■安倍元総理が勝手に抱いてきた幻想


 今にしてなお、大手報道機関は条件次第では、北方領土返還交渉の余地ありという誤解を国民に与えている。在任中の安倍氏も、そうした視点をそのまま受け入れてしまっていたという指摘だ。

 だが振り返ると、プーチンは05年に国営放送で、

〈南クリル(北方四島)は第2次大戦の結果ロシア領になり国際法的にも認められている〉

 と一方的に断言し、その後立場を変えていない。

「私はプーチンが2島返還論に乗り気だったこともなければ、北方領土問題の交渉に前向きだったこともないと思っています。それは、安倍元総理が勝手に抱いてきた幻想です」(同)

「週刊新潮」2022年4月7日号 掲載

関連記事(外部サイト)