「ウクライナ軍も裁かれるべき」と言う鳩山由紀夫氏 いま振り返るロシアの「クリミア併合」を絶賛していた原罪

鳩山由紀夫氏は徹頭徹尾ロシアを擁護する姿勢 ロシアと鳩山家は密接で深い関係

記事まとめ

  • ウクライナ侵攻問題で、鳩山由紀夫氏は徹頭徹尾ロシアを擁護する姿勢を見せている
  • かつて鳩山一郎氏がソ連との国交を回復しており、ロシアと鳩山家は密接な関係だという
  • 鳩山由紀夫氏はロシアのクリミア侵攻の際も、クリミアを訪問してロシアを擁護している

「ウクライナ軍も裁かれるべき」と言う鳩山由紀夫氏 いま振り返るロシアの「クリミア併合」を絶賛していた原罪

「ウクライナ軍も裁かれるべき」と言う鳩山由紀夫氏 いま振り返るロシアの「クリミア併合」を絶賛していた原罪

鳩山由紀夫元首相

 ウクライナ侵攻問題で、鳩山由紀夫元首相(75)は徹頭徹尾、ロシアを擁護するつもりらしい。“非常識”な発言を、多くのメディアが記事にしている。

 ***

 何しろ、あだ名は「宇宙人」だ。我々の常識は通じない。その発言内容を紹介しても無意味だろう。

 そこで、鳩山氏の的外れな発言を伝える記事から、見出しだけを引用する。

◆鳩山由紀夫元首相がゼレンスキー大統領を批判 「親露派住民を…虐殺までしてきたことを悔い改めるべきだ」(中日スポーツ電子版・3月1日)

◆「ウクライナは親露派住民を虐殺」“真偽不明”情報を流す鳩山元首相に批判続出(女性自身電子版・3月1日)

◆鳩山由紀夫氏、ゼレンスキー大統領に疑問「なぜ外交努力しなかった」(デイリースポーツ・3月23日)

◆鳩山元首相がロシアだけじゃなくウクライナ軍も米軍も日本軍も「裁かれるべき」(東スポWeb・4月5日)

 こうした報道から、鳩山氏が“ロシアびいき”なのは分かった。とはいえ、その理由となると理解に苦しむ。担当記者が言う。

「鳩山さんがロシアに甘いのは、彼の祖父である鳩山一郎さん(1883〜1959)がソ連と国交を回復したことが大きいのではないでしょうか。1956年、つまり昭和31年、当時、首相だった鳩山一郎さんは、日ソ共同宣言に調印しました。これで日本とソ連の国交は回復し、外交は正常化したのです」


■ロシアと鳩山家の深い関係


 ただし、日ソ共同宣言の調印により、北方領土の問題が先送りになってしまった。この稿では本題ではないにしても、重要な点だ。鳩山家に詳しい関係者が言う。

「ロシア人は非常に義理堅いところがあります。鳩山一郎さんが日ソ共同宣言に調印したという“恩”を忘れることはなく、国交回復50周年となる2006年に、一郎さんの銅像を寄贈しました」

 鳩山会館の公式サイトには、「鳩山一郎記念像について」というタイトルで、経緯が記載されている。興味のある方は閲覧いただきたい。

「また、鳩山由紀夫さんの長男である鳩山紀一郎さん(45)は、筑波大附属駒場高校から東京大学の工学部を経て、同大の大学院に進みました。その後、モスクワ大学経営管理学部の客員講師を務めたことがあります。更に、由紀夫さんの弟である鳩山邦夫さん(1948〜2016)は、日本・ロシア協会の会長を務めていました。鳩山家とロシアの関係は密接で深いのです」(同・関係者)

 いくら世話になっているからといっても、もしロシアに問題があれば批判すべきだろう。いや、真のロシア通なら、そうするに違いない。


■ウクライナ擾乱


 ところが、である。どうやら鳩山由紀夫氏はロシアのことなら何でも擁護するようなのだ。これならロシア通どころか、ただの“使いっ走り”に過ぎない。

 鳩山氏が極めて問題のある発言を行ったことは、歴史の審判によって明らかだ。その“原罪”をご紹介しよう。

 週刊新潮は2015年の3月26日号で、「クリミア訪問『鳩山由紀夫』元総理への大ブーイング」との記事を掲載した。

「2014年2月に起きたロシアによるクリミア侵攻と編入は、現在のウクライナ侵攻の原点とも言えるべき内容です。ロシアはウクライナ領だったクリミア半島の一部に軍隊を送って実効支配。傀儡政権を樹立してしまったのです」(前出の記者)

 クリミア侵攻については、もう少し説明が必要だろう。これは同じ2014年2月に発生した「ウクライナ騒乱」が大きな影響を与えている。

「当時のウクライナは親ロ派政権で、汚職や経済停滞という問題を抱えていました。打開策としてEU(欧州連合)加盟を模索しますが、最終的に政権は加盟を諦めます。これで反政府デモが激化し、親ロ派の大統領だったヴィクトル・ヤヌコーヴィチ氏(71)は失脚。ロシアに亡命せざるを得なくなってしまいました」(同・記者)


■制裁を無視した鳩山氏


 ロシアにとってウクライナは、文字通りの隣国だ。西欧への接近は、自分たちの喉元にナイフを突きつけられるに等しい。

「そこでウラジーミル・プーチン大統領(69)は、クリミア半島に侵攻しました。半島の南端を占拠し、ここに親ロ派のクリミア自治共和国を樹立しました。この成功体験からウクライナ東部でも親ロ派勢力が活動を活発化させ、2021年にはドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国という2つの“国家”をロシアは承認しました」

 ロシアのクリミア侵攻は、ウクライナ侵攻の原点だということがよく分かる。歴史の審判という観点からは、クリミア侵攻を擁護したという“過去”は、ウクライナ侵攻を擁護することと同義だと言っていい。

 そもそも当時の国際社会は、ロシアのクリミア侵攻に異議を唱え、制裁を科していたのだ。にもかかわらず、鳩山由紀夫氏はロシアを擁護した。週刊新潮の報道を改めてご紹介しよう。


■全国紙も批判


《鳩山由紀夫元総理がこれまで繰り返してきた“宇宙人的言動”は、改めて説明する必要もあるまい。だが、3月9日から強行したクリミア共和国訪問は、さすがに驚いた人も多いはずだ。何しろ、クリミアが昨年ロシアに併合されたことに端を発して、ウクライナでは内戦が勃発。西側諸国がこぞってロシアを非難し、G7などによる制裁が行われている真最中である。にもかかわらず、ロシアから発給されたビザで現地に入った鳩山氏は、ロシア政府が泣いて喜ぶような応援演説をぶって回ったのだ》

《「多くの日本国民は間違った情報で洗脳されてしまっている」》

《「クリミアがロシアの一部に戻ったことは、必然かつ肯定されることで、昨年の(ロシア編入の)決定の正しさを証明している」》

 そもそも日本政府は鳩山氏に、クリミアに行かないよう、ずっと要請していた。

 毎日新聞は2015年3月11日「鳩山元首相:政府の制止振り切り、クリミア入り」との記事を掲載した。

 あまり突出した表現を好まない全国紙でさえ、「振り切り」という表現を見出しに使ったことは異例だった。


■理解に苦しむ発言の数々


 共同通信は同じ日に「鳩山氏『住民投票は合憲』 クリミア編入で」との記事で、以下のような発言を伝えている。

《編入の是非を問うとして昨年3月に実施された住民投票について「ウクライナの憲法にのっとって平和裏に、民主的に行われた」と述べた》

《「民主的に実施されたクリミア住民投票により領土問題が解決した。歴史上、最も意義深い出来事の一つだ」》

 こんな“親ロ派”としての発言を、ロシアが喜ばないはずがない。ロシア側がお膳立てした「日本クリミア友好協会」設立が取り沙汰され、鳩山氏と協議を行ったという。

 前掲の週刊新潮の記事から、《大手紙のモスクワ特派員》と、政治評論家の屋山太郎氏の批判を引用しよう。

《「鳩山氏の訪問には官邸サイドは怒りを通り越して呆れるばかりです。菅官房長官も“何を考えているのか”と困惑していましたが、それもそのはず。もし、クリミアで行われた住民投票を北方領土でやられたら、日本としては非常に困るからです。日本政府の元首脳が不法な占領を追認することにもなる。政府はロシア制裁に同調しつつも、北方領土返還交渉を念頭に置いて慎重姿勢で臨んできたのですが、鳩山氏の訪問は、それをぶち壊しかねないインパクトがあった」》(大手紙のモスクワ特派員)


■立民への悪影響


《「そもそもクリミアはタタール人が住んでいたところをスターリンが追放してロシア人を入植させた歴史があるのです。鳩山氏はロシアによる“民主的編入”と評価していますが、住民投票だってロシア軍が現地を掌握した状態で行われている。そのことを分かって訪問したのでしょうか。少なくともウクライナをはじめとする西側諸国はインチキだとして認めていません」》(屋山太郎氏)

 前出の鳩山家に詳しい関係者が、苦笑交じりに言う。

「鳩山家は、それほどソ連=ロシアの世話になってきたということです。ロシア軍によるウクライナ侵攻という事態が発生しても、だからこそロシアを擁護しようとするのでしょう。普通の人には理解できないかもしれませんが、鳩山家とロシアの深い関係を間近に見ていると、驚くことではありません」

 かつてのヨーロッパでも、ナチスドイツに理解を示した層はいた。だが、そうした人々は全て、歴史の審判を受けた。

 ノーベル賞作家のカズオ・イシグロ(67)は『日の名残り』(ハヤカワepi文庫)で、ナチスに理解を示したイギリス人貴族の没落を描いた。

 鳩山氏の言動にも、同じような審判が下ってもおかしくない。いずれにしても、現在の立憲民主党がどれほど努力を重ねても、こうした“前科”が有権者の頭に思い浮かぶ。これでは“旧民主党アレルギー”は、いつまで経っても消えない。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)