小池都知事、3年ぶりのパーティーの思惑 弟子の参院選出馬、本人の国政復帰は?

小池都知事、3年ぶりのパーティーの思惑 弟子の参院選出馬、本人の国政復帰は?

カメラ映りはどうかしら?

 今夏の参院選で混戦が予想される東京選挙区。目下、注目を集めているのは都民ファーストの会の共同代表を務める東京都議の荒木千陽氏(40)である。

 政治部記者によれば、

「荒木氏は、前回の衆院選前に都民ファの国政版である『ファーストの会』を設立。衆院選での出馬はかないませんでしたが、今年3月、参院選に打って出ることを表明したのです」

 東京選挙区といえば、自民党が擁立を決めた元おニャン子クラブの生稲晃子氏や、立民の蓮舫参院議員など大物ぞろい。荒木氏では見劣り感も否めないが、

「関係者が固唾をのんで見守っているのは、荒木氏の背後にいる小池百合子東京都知事の動向ですよ」(同)

 定数6の東京選挙区では、生稲氏と蓮舫氏、それに盤石な組織がある公明・共産の候補者が議席を獲得するのは確実。残り2議席を荒木氏と日本維新の候補、自民、立民それぞれの2番手候補が四つどもえで争う構図になるとみられる。

「ただ、小池氏が荒木氏の応援に本腰を入れれば、彼女が上位集団で楽々当選する可能性もある。昨年7月の都議選でも“過度の疲労”で入院していた小池氏が、選挙最終盤に都民ファ候補の応援に入り、自民の大勝を阻止。今回も、小池氏が動けば何十万の票が上積みされそうです」(同)


■一時期は同居していた愛弟子


 そんな小池都知事の周辺では“新たな動き”が。

 都民ファ関係者いわく、

「5月末に、都庁の隣にある京王プラザホテルで小池氏の後援会関係者らを集めたパーティーが予定されているんです。小池氏はコロナ禍で政治資金パーティーが開けず、今回開催されれば約3年ぶり。時期が時期だけに参院選を見据えているのは明らかで、後援会の引き締めと選挙資金稼ぎが目的とささやかれている」

 荒木氏による国政進出の先には、自身の国政復帰もちらつく小池都知事。

 もっとも、党内には別の見方もあるという。

「小池氏は今年7月で70歳の大台に。体調も芳しくなく、国政復帰は負担が大きい。一方、荒木氏は小池氏の元公設秘書で、一時は小池氏と同居もしていた愛弟子。二人の依存関係は想像以上に強く、小池氏は自身の“万が一”に備え、目の黒いうちに荒木氏を国会議員として自立させたいのでは、なんて声も聞こえてきます」(同)

「週刊新潮」2022年4月21日号 掲載

関連記事(外部サイト)