「在日本朝鮮人連盟」誕生の歴史 共産主義者が反共民族派の幹部を拘束・監禁

「在日本朝鮮人連盟」誕生の歴史 共産主義者が反共民族派の幹部を拘束・監禁

金斗鎔

「在日本朝鮮人連盟」内には、設立準備段階から活動資金の使途を巡り激しい対立があった。そして両国公会堂で開かれた団体結成式典の2日目、ついにクーデターが起きる。共産主義者らが、反共民族派の主だった人物を拘束・監禁、激しい暴力を加えたのである。

 ***

 金斗鎔をはじめとする朝鮮人共産主義者たちは、「在日本朝鮮人連盟結成中央準備委員会」に集い、朝鮮民族同士手を取り合って一大組織を作ろうとした。だが集まった顔ぶれの多くは、愛国的な在留朝鮮人組織の中枢にいた人物だった。

 新しく誕生するこの巨大な組織が彼らに牛耳られた場合、かつて朝鮮人の統制に使われた相愛会や協和会、興生会、一心会のような日本政府御用機関になる可能性がある。朝連を「革命組織」にするには、日本政府と縁がある人間、すなわち、革命の思想に反対する人間を組織から徹底的に排除する必要がある――金斗鎔はこう考えた。

 だが組織を作るには、準備委員会の右派リーダーたち、在留朝鮮人主流派の協力も不可欠だった。なぜなら、革命を成し遂げるには彼らの資金が必要だったのだ。

 相愛会や興生会などの親睦団体は、日本政府と密接な関係を持ちながら運営されていた。その背景には、政府からの多額の資金投入があった。

 むろん朝鮮人の多くはそれを好ましいと思ってはいない。だから新しい組織を作る上で、親日団体の幹部が中枢に座ることは、戦前からの体制が続いているような印象を与え、終戦を機に敗戦国民とは一線を画したいという朝鮮人の心情を逆なでしたことは否めない。


■警察の機嫌をうかがいながら活動


 朝連結成時の72人の中央委員の一人であり、日本共産党の組織再建に関わった張錠壽には、準備委員会がこう見えていた。

「はじめは元協和会の指導員や相愛会の流れをくんだ反民族行為を犯した人たちもいっしょに入っていた。ところが、この人たちが自分の過ちを反省せずに勢力を握ろうとして、あまりにでしゃばりすぎていた。自分たちが中心となって、自分たちが指導をするのだ、ということをやりだすと同時に、日本の警察とつながって機嫌をうかがいながら運動をしていた」(張錠壽『在日六〇年・自立と抵抗』社会評論社)

 金斗鎔たちは思想犯として投獄された朝鮮人同胞を解放することを目標に、「政治犯釈放運動促進連盟」を結成したが、当然ながら政治犯は朝鮮人より日本人共産党員が中心だった。金たちはこの運動を通して獄中の日共幹部と深く連帯し、日本共産党の再建を通して革命を成就させようと考えていた。

 戦時中に転向した朝鮮人の共産主義者は、特に日共の再建に熱心だった。

「金斗鎔をはじめとする朝連準備委の共産主義者たちは日本共産党に入党し、その再建のために政治犯釈放運動促進連盟を組織したと思われる。彼らは戦時中に転向した者たちなので、その罪責を免れるために日本共産党の再建にもっとも積極的であったようである」(権逸『権逸回顧録』)


■資金流用問題


 その関係は人的交流のみならず、金銭にも及んだ。

「朝連準備委の反共民族派たちは、共産主義者たちのこのような動きを全然知らなかったが、彼らが朝連準備委の資金を減らし始めてから、その陰謀を知るようになった。朝連準備委では、運用資金を在日同胞たちの献金で充当していたが、共産主義者たちはこの浄財を政治犯釈放運動促進連盟に流用し、更に日本共産党の再建に利用した疑いがもたれた。最初このことに感づいて、資金を何処へ使用したのかと追求したところ、朝鮮人政治犯釈放のために使うのだと誤魔化した。しかし嘘が長く続くはずはなく、共産主義者たちの陰謀は発覚し、左右の対決が避けられなくなってきたのは十月初めの頃であった」(権逸・同前)

 政治犯釈放運動や10月10日の日本共産党幹部の出獄、彼らの歓迎会などをめぐって、「誰が歓迎会を主催するのか」「なぜ朝鮮人連盟の資金を使わなければならないのか」という議論が勃発したのだ。

 権逸と、金斗鎔ら共産主義者との対立は先鋭化していった。

「論争は金(斗鎔)が、朝連準備委は日本共産党と密接な関係を持たなければならない、と強弁したことから始まった。金は、今日の情勢下では、一つの国の問題は決してその国の意思だけで決定されることはない。周辺の国際関係によって決まる。今の世界の趨勢は進歩的民主主義(共産主義)を指向している。だから、在日朝鮮人は日本共産党の発展に寄与し、その指示に従わなければならない、と強弁した」(権逸・同前)


■共産主義者と朝鮮人の対立が


 これに対し権逸は「このような論理は共産主義者たちの世界観から出てきたものでしかない」と反論し、次のように語っている。

「共産主義者たちが在日同胞の貴重な浄財を日本共産党のため流用していることを、おそまきながら知った反共陣営の私たちは、そのような策動を阻止することで意見の一致をみた。もっとも意見が強硬であったのは趙得聖委員長と康慶玉地方部長であった。日本共産党員が出獄するのに、どうして日本人でもない朝鮮人が歓迎会をしなければならないのか。私たちはこのように頑強な態度で相対し、両者は正面から衝突せざるを得なかった」(権逸・同前)


■一夜にして左派一色に


 1945年10月15日と16日に「在日本朝鮮人連盟」の結成式典がとり行われた。公安調査庁の法務官・坪井豊吉は当時の様子を次のように紹介する。

「かくして十月十五日には、東京の日比谷公会堂に全国の代表者約五千名が参集し、全国的な結成大会を開催し、権赫周(権逸)の結成経過報告を承認して満場一致をもって『在日本朝鮮人連盟』(略称朝連)を正式に結成することを決定した」(坪井豊吉『在日朝鮮人運動の概況』法務研究報告書)

 この日までは、準備委員会で選ばれた親日派が組織の中枢にいて、式典も彼らが運営していた。ところが翌16日になると、状況は一変する。この日は会場を東京・両国公会堂に移して開催されたが、その日の様子を法務官の坪井はこうつづる。

「開会にさきだち、二階の各所から『朝鮮民衆新聞』創刊号やビラが配布されたり撒かれたりした。その中にはかつて相愛会、協和会、一心会、興生会などに参加していた朝鮮人幹部名をならべ『親日派と民族反逆者を徹底的に朝連から一掃せよ』と力説されていた」(同前)

 会議は、左派の指導者である金正洪によって進行され、府中刑務所から出獄した共産党幹部の金天海が演壇にあがり朝鮮統一と天皇制打倒と親日派糾弾について応援演説をぶちあげると、新しい役員人事が発表され、圧倒的声援と拍手により承認された。

 その顔ぶれは、準備委員会時の愛国組織の団体の長が一掃され、左派とその同調者によって独占されてしまった。朝連の中央役員陣は、一夜にして左派一色に塗り替えられてしまったのである。


■結成式典での乱闘


 大会を前に、権逸は悪い予感がしていたという。

「私たちは初日の会議を無事に済ませたことでひとまず安心はしたが、どうしても何か起こりそうな気がしてならなかった。私は申君(申鴻シク・前朝鮮奨学会朝総連側主席理事)に『明日の会議には出ない』と言った。申君は『それは話にならない、今日まで苦労したのだから、明日一日我慢しよう』と言ってきかなかった。(略)会議場に入ってみると事態は心配していた通りであった。全国から集まった代表たちに、金桂淡(金天海直系の部下)が発行した謄写版刷りの『朝鮮民衆新聞』創刊号が配られ、そこには『×××などを徹底的に葬れ!』などという激しい煽動記事が満載されていた。場内の雰囲気は今にも爆発しそうに騒がしかった」(権逸・同前)

 危険を感じた権逸は京都帝国大学教授の李哲在博士(のち越北)とともに会場を出て、隅田川河畔に向かった。だが何人かの青年たちが追いかけてきて捕まり、両国公会堂の4階に押し込められてしまう。

「そこには、既に康慶玉、李能相、朱基栄等の同志が閉じ込められていて、恐怖に震えていた。共産主義者たちはとうとう白昼テロをやってのけたのである。罵倒と喊声が乱れ飛ぶなかで、拳と靴、棒切れが容赦なく私を襲った。私は、生まれてはじめて経験する暴挙の前になす術もなく、私の運命を彼らの残忍な手にゆだねるほかなかった。頭と顔が裂け、血がほとばしり瀕死の状態に陥った。『こいつを、外にほおりだせ!』と叫ぶ声がかすかに聞こえてきた。混沌としている意識のなかで、この叫びを聞いた私は心臓が止まる思いだった。四階の窓から外へほおり出されたらすべて終わりだ。私は何か叫びたい衝動にかられたが、声にならなかった」


■共産主義者が一大組織を乗っ取り…


 だが権逸はギリギリのところで助け出された。

「怒鳴るような声とともになだれこんできた人々がいた。趙得聖(当時の朝連準備委員長)と李康勲の両氏が青年たちを動員して駆けつけてくれたのだ。万一、この時、この人々が来てくれなかったら、私の命は救われなかったかも知れない。今でも私は生命の恩人であるこの両氏に深く感謝している」(権逸・同前)

 そして権逸はこう書く。

「今日の彼ら左翼の団体である『朝総連』はこの『朝連』を母体にしたものであり、『民団』はこのとき追いだされた私たちが、朝連に対抗するため、『建同』の過程を経て翌年十月三日に発足させたものである」

 かくして金斗鎔ら共産主義者たちは、在日本朝鮮人連盟という一大組織を乗っ取り、結成式における白日のクーデターで権逸たち親日派を追い出して組織を制したのである。米国国立公文書館に保存されている数多くの在日本朝鮮人連盟に関する史料を紐解くと、どれも「Communist Dom?inated Organization(共産主義者の支配する組織)」(RG331 SCAP)と定義している。


■穏健分子は追放


 こうした大謀略はいつ企てられたのであろうか。権逸はこう書いている。

「共産主義者たちは、この日のクーデターのため、細かい事前計画を立てていたことが後でわかった。世に『板橋会議』という陰謀会議がそれで、十五日総会の初日が終わったあと彼らは金天海、金斗鎔を中心にした朴恩哲(越北)、韓徳銖(現朝鮮総連議長)等二十余名が板橋の李秉哲の家に集まって、暴力で反共民族派を追いだすことを決議したというのである」(権逸・同前)

 警察庁警備2課の篠崎平治警視によれば、共産主義者らの活動に大きな影響を与えたのは、10月10日の政治犯釈放だったという。

「在日本朝鮮人連盟に共産主義思想が著しく扶植され、赤化した背景に、日共幹部金天海氏の存在がある」(篠崎平治『在日朝鮮人運動』令文社)

 在日朝鮮人共産主義者のカリスマ金天海は10月10日に府中刑務所から出獄すると、在日本朝鮮人連盟の最高顧問に就任した。

 金天海の指導下に在日本朝鮮人連盟が入ると、金天海は在日本朝鮮人連盟が、日本共産党の事実上の外郭団体化することを計画した。

「これが為には比較的穏健な民族主義的幹部及び親日派幹部の存在が邪魔になるので、その追放を画策、左翼的反日分子を煽動し、彼等に対する悪らつなデマ宣伝を行った。この為『朝連』結成の発起人であった権赫周(権逸)、李海三等の親日的穏健分子は遂に民族反逆者の汚名をきせられ『朝連』陣営より追放された」(同前)


■親日派は追い出されることに


 もっとも権逸の回顧録や坪井の分析では、政治犯釈放運動を始める前から金斗鎔の胸の内には、革命の母体としての日本共産党というシナリオが描かれていたように思われる。準備委員会の発足時には日本共産党再建のために朝鮮人組織を利用することを企図し、親日派団体が組織内に保有していた資金を奪取する計画ができ上がっていたのではないか。

 こうして当初は組織の中枢を占め、全国の朝鮮人団体を率いるはずだった権逸ら親日派は追い出されることになった。準備委員会の一人、張錠壽は当時を、次のように語っている。

「解放前に共産党や全協(日本労働組合全国協議会)などで社会主義運動をしていた人たちが朝連の実権を握ってくると、民族にたいする反逆をした者は追放するという規定がなされ、協和会や相愛会の役員をしていた者たちは全部排除された。さらに第二回中央委員会で、民族反逆者の処罰は徹底的に行わなければならないということが決定された」(張錠壽・同前)


■「日本帝国主義に協力した民族反逆者」という概念


 追放は各地で行われた。

「朝連中央の決議を受けて、大阪でも民族反逆者を徹底追及しようという動きが出てきた。大阪で協和会の常任委員をしていたのは金晋根、金鐘鳴、そして朴時子という人たちだった。(略)協和会の指導員をしていて朝連の常任委員をやっていた人でも、反省せずに自分は偉いのだという自惚れた気持ちをもった人は徹底的に排除された。康敬玉という済州島の人は、大阪で排除されて、韓国へ帰ってそこでも排除され、消息がわからない。この人は権逸といっしょに一心会に関係していた。いっぽう権逸のほうは東京でのさばって、いまでも民団の顧問をしている」(同前)

 金斗鎔本人も『朝鮮近代社会史話』(郷土書房)で、一連のくだりについて若干触れている。

「さて、これらの団体や、その団体で働いていた主なる幹部たちは、今はどうなったか? それらは、読者諸君がよく知っているだろう。そのなかの或るものは正しい路線に沿うて、民主の陣営に来ている。しかし大部分のものは相変わらず反動の途を歩きつつ、敵対的に動いている。しかもその反動とは何か? 昔日の反動は、以上のごとく日本帝国主義に協力したあまりにも明らかな民族謀反者だった。われわれはこれに明らかに親日派という規定をつけている」

 すでにこの時、昨今の韓国において耳にする「日本帝国主義に協力した民族反逆者」としての親日派という概念が確立していることは特筆に値するだろう。


■革命運動そのもの


 朝鮮人共産主義者たちは、まず民族内の戦争を始めた。思想や大義の異なる民族団体を糾合し組織を拡大していく方法論は革命運動そのものだ。敵対組織には容赦がなく、事務所や財産の収奪は暴力的なものだった。警察庁警備2課の篠崎警視は、当時の様子を前掲書で次のように記録している。

「(一)元、興生会役員乃至親日的指導者に対しては民族反逆者の烙印を押し、その『リスト』を作成してこれらの者を拉致してリンチを加える等血の弾圧をなし

(二)興生会関係その他の建物、財産、簿冊の不法占拠等彼らの所謂接収運動が敢行され

(三)戦時中朝鮮人労務者が就労していた工場事業場に対し、退職金、その他待遇改善の不当要求乃至は罷業を煽動し

(四)保安隊、治安隊等の自衛隊を組織し各種の警察権類似行為乃至は集団暴力行為を反覆し

(五)警察の各種取締に対しては熾烈な反抗乃至は集団暴行をなし、延いては警察署に押しかけて犯人を奪還する」


■激しい権力闘争


 その後、朝連は戦後の混乱に乗じて親日民族派団体組織の事務所に突如押しかけ、半ば乗っ取りのような形で、看板を在日本朝鮮人連盟に書き換え、事務所や財産を接収していった。やがて始まる朝鮮戦争の予兆ともいえるような、激しい権力闘争が繰り広げられたのである。

「中央興生会では十一月十五日の理事会で、日鮮協会と改称し、興生会の事務を継承することを決定通達した。ところが中央でも各府県でも、朝鮮人連盟などから『事務所の明渡しや備品と資金の引継』を強硬に要求されるなどごたごたが続発したので、翌二十一年一月ついに解消を決定通達し、その処置の一切は各府県当局に委任された。こうして興生会は、当初の朝鮮人の処遇改善案に呼応して、画期的な活動と企図をもちながらも、敗戦を契機としてその活動の転換もできないまま、ついに解消されていった」(坪井・同前)

 ちなみに坪井によれば、日本政府は何とかして在日本朝鮮人連盟を親日派の朝鮮人の管理下におきたいと考えていた。だが敗戦後の政府は、日本人の大陸からの引揚げと、朝鮮人の半島への帰還で手一杯で、それまで日本政府とともにあった親日派朝鮮人までは支援できなかったという。混乱期の政府は、巨大な組織が朝鮮人共産主義者の傘下で産声を上げるのを、ただ見守るしかなかったのだ。


■朝鮮人連盟と共産党、両者が勢力を拡大


 こうして「在日本朝鮮人連盟」は急速に拡大していった。戦後も日本に在留する決意をした64万7千人の朝鮮人が、共産革命の何たるかをどれほど理解していたのかはわからない。だが、終戦からわずか2年後の1947年7月には、日本在留を決めた朝鮮人と、帰還後に再び朝鮮半島から戻ってきた朝鮮人を合わせて、61万4198人が在日本朝鮮人連盟に加入している。支部は全国632カ所に及んだ。

 一方、日本共産党の地方組織は在日本朝鮮人連盟を母体として整備され、軌を一にして拡大していく。

「第四回大会当時千八十三名だった党員数が三ヵ月で七倍近くに増大して、この(第五回)大会では、正式に報告のあったものだけでも六千八百四十七名(実際は七千五百名と推定)になり、「赤旗」(当時五日刊)の発行部数も二十五、六万をこえたと発表された」(『日本共産党の五十年』日本共産党中央委員会出版局)

 両者の勢いはとどまる所を知らなかった。

(敬称略)

近現代史検証研究会 東郷一馬

「週刊新潮」2022年3月31日号 掲載

関連記事(外部サイト)