「公選法はクソみたいな法律」 小川淳也が憤慨、昨年の衆院選では選挙ハガキを巡る騒動も

立憲民主党・小川淳也議員が公選法の問題点を指摘 自身は昨年に選挙ハガキを巡る騒動

記事まとめ

  • 立憲民主党・小川淳也議員は選挙ハガキを衆院選の公示日前に送付して物議を醸した
  • 『準備行為』として違反に当たらないらしいが、小川氏は「事前運動」と発言している
  • 小川氏は「準備行為の言い間違え」としつつ、「公選法はクソみたいな法律」と主張した

「公選法はクソみたいな法律」 小川淳也が憤慨、昨年の衆院選では選挙ハガキを巡る騒動も

「公選法はクソみたいな法律」 小川淳也が憤慨、昨年の衆院選では選挙ハガキを巡る騒動も

今は政調会長

 映画「なぜ君は総理大臣になれないのか」で一躍全国区となった立憲民主党小川淳也衆院議員(51)。何事にもホンネで向き合うその政治姿勢は、常に賛否両論を巻き起こしてきた。今回は、昨秋の衆院選で物議をかもした選挙ハガキの事前送付について聞くと――。

 ***

 4月25日、永田町の関係者たちが見守る中、奈良地裁では、日本維新の会の前川清成(きよしげ)衆院議員の初公判が開かれていた。

 政治部記者がいう。

「前川氏は、先の衆院選の公示日である10月19日より前に、自らへの投票を呼び掛ける選挙ハガキなどを有権者らに送付。これが公職選挙法の禁じる事前運動に当たるとみなされ、3月22日に奈良地検に在宅起訴されていたんです」

 起訴当日に大阪で記者会見を開いた前川氏は、

「どの陣営もやっている」

 と、猛反発。

 子供の言い訳にも聞こえる恨み節だが、確かに、際どい綱渡りをしていたのは同氏だけではない。


■小川議員も選挙ハガキを公示日前に送付


 昨秋の衆院選で注目選挙区の一つに数えられた香川県第1区。ここでも、候補者の送ったハガキが物議を醸していた。

 地元記者が言う。

「香川1区で当選した立民の小川議員も、選挙ハガキを公示日前に送付していたんです」

 香川1区といえば、自民党の平井卓也・前デジタル担当相と小川氏が熾烈な戦いを繰り広げてきた激戦区。12年ぶりに小選挙区で勝利を収めた小川氏の大金星も、果たして違法な“事前運動”のなせる業だったのか。

 実は、この選挙ハガキにはカラクリがあるという。


■SNSの動画が問題に


 地元記者が続ける。

「前川氏も小川氏も、ハガキを送ったのは支援者に宛名書きを依頼するため。これなら公示前にバラまいても“準備行為”として事前運動には当たりません。屁理屈にも聞こえますが、これが選挙の常識。ただ前川氏は、大学の卒業名簿を使っていたため“不特定多数に送付した”として立件されてしまった。一方の小川氏は、支援者に限定して送っていたようです」

 これだけ聞けば、小川陣営のハガキ送付はセーフ。

 ところが、

「小川氏は、選挙準備をしていた9月下旬、SNS上にアップした動画で、選挙ハガキについて『唯一事前運動ができる』と発言。ガラス細工のごとき“準備行為”の理屈が、この一言で砕け散った」(同)

“準備”は建前で、ハナから事前運動をもくろんでいた。そう見られたのである。


■「バカみたいな制限」


 この点について小川氏本人に見解を問うと、

「それは準備行為の言い間違えですね。申し訳ない」

 と神妙に発言を撤回。

 しかし“抜け穴”だらけの公選法の問題点について尋ねると、態度は一変。

「公選法は、根本的な抜本大改正が必要ですよ」

 そう前置きした上で、

「そもそも、ポスターが貼れないとか、選挙カーの看板に名前を出せないとか、バカかと。アメリカでバイデンやトランプが名前を出さずに大統領選をやっている姿が想像できますか」

 小川氏の舌鋒はさらに鋭さを増す。

「悪いのは買収だけなのに、事前運動はいけないとか、バカみたいな制限ですよ。文書や看板を使ってじっくり候補者の名前を浸透させるのは当たり前じゃないですか。今の公選法は、政治への参入障壁であり、民主主義を退化させる。クソみたいな法律ですよ!」

「週刊新潮」2022年5月5・12日号 掲載

関連記事(外部サイト)