「AV対策法案」に業界寄りと批判噴出 塩村文夏議員が「魔女狩りだ」と激怒したワケ

「AV対策法案」に業界寄りと批判噴出 塩村文夏議員が「魔女狩りだ」と激怒したワケ

塩村文夏参議院議員

 今国会で超党派の議員たちが成立を目指している「AV新法」は、アダルトビデオ(AV)への出演被害を防止するため、撮影から一定期間は契約解除が可能となる法案だ。だが、同法案をめぐり、国会提出一歩前で、「仲間割れ」が起きる異常事態となっている。この問題で、ひときわ目立ってきた立憲民主党の参議院議員・塩村文夏氏に対する“個人攻撃”まで起きているというのだ。当人も自分を指して「魔女狩りだ!」と騒ぎ出し……。

 ***


■私は魔女のように黒髪


〈煽動は本当に恐ろしい。この人は魔女だと焚き付けて火炙りにしようとする。私は女性で魔女のように黒髪。だからみんな信じてしまう〉

〈騒いでいる人は本当に法案の中身や立法趣旨、限界を理解しているのか。画期的救済法が発表以前に一部の人の煽動により、とんでもないレッテル貼りされた〉

 5月15日、塩村氏は自らを「魔女」と表現し、Twitterに感情的な文章を投稿した。いったい、何が起きているというのか。

 まずは、これまでの流れからおさらいしたい。新法が動き出すきっかけとなったのは、今年4月に始まった「成人年齢の18歳への引き下げ」である。

 これまでもAV出演契約は18歳から可能だったが、未成年者が親の同意なく契約した場合は、民法で規定された「未成年者取消権」が行使できた。4月以降は18歳と19歳が成人とみなされ、取消権が行使できなくなっている状態だ。

 施行直前、それに待ったをかけたのが、NPO団体「ぱっぷす」などAV出演被害者の支援団体である。「女子高生AV女優が誕生してしまう」などと訴え、18歳と19歳の取消権復活を訴え始めたのだ。国会でも塩村氏などを中心に議論されたが、結局、見送られた。


■年齢にかかわらず、1年以内は契約解除できる


 だが、その流れで、今度は新法を作って、AV出演被害を防止しようという機運が一気に高まったのである。

 5月13日、超党派の実務者会合でまとめられた素案は、これまで野放しだった制作サイドを大きく規制する画期的な内容であった。

▼出演者の年齢や性別にかかわらず、被害者が申し出れば契約を自由に解除できる。解除期間は原則1年以内(施行後2年に限り2年間)。

▼契約を交わしてから1カ月間は撮影に入れない、撮影の終了から公開まで4カ月間、期間を置く。

▼虚偽の説明をするなどして契約した場合、法人には1億円以下の罰金、個人には3年以下の懲役、または300万円以下の罰金を科す。

 AV被害防止を訴えかけてきた側からみれば、よくぞこの短期間でここまで仕上げた、と賞賛されそうな内容である。だが、蓋を開ければ、一部の界隈から「とんでもない法案」だという批判が噴き出したのだ。


■「業者寄り」の法案という批判


 批判の急先鋒となったのが、作家の北原みのり氏や立憲民主党の元衆議院議員・井戸正枝氏である。

〈AV新法に反対します。未成年者取消権がなくなることからはじまった議論でしたが、「被害者を救済する」という名目で出されてきた法案は、「業者がつくったんですか?」というような内容でした。特に、性交が契約にはいっていることは、非情に深刻な問題です〉(北原氏のTwitterより=5月11日)

 北原氏らが問題視したのは、与党が示した骨子案のなかで、「性行為映像作品」すなわちAVを「性交などを行う姿態が撮影された映像を含む作品」と定義している点だ。これでは、本来、売春防止法などに照らせば違法であるはずの“本番行為”に、「合法」とお墨付きを与えてしまいかねないと噛みついたのである。

〈#AV新法に反対します〉は瞬く間に拡散。5月22日に新宿駅前で、「AV業界に有利なAV新法に反対する緊急アクション」という集会を予定するなど、大きなうねりを見せている。


■もともと仲が悪い


 こうした、いわば“身内”から起きた反対の声に対し、冒頭のように感情を爆発させたのが塩村氏なのである。

〈未成年者取消権の復活要求からスタートした「AV被害防止救済法」。それを今さら「AV禁止法」じゃないから反対と言い出す議員がいます。全く異なるものであり、禁止法を作りたいなら別法かつ、議論も数年かける必要があります。未成年者取消権も成年年齢引き下げに係り、数年間の国会議論があるんです〉(塩村氏のTwitterより=5月14日)

 早急に法案をここまで仕上げたのだから、土壇場のちゃぶ台返しはやめてくれ、と訴えているのである。

 両者の隔たりについて、ある立憲民主党関係者はこう明かす。

「もちろん、考え方の違いが論争の根底にあるわけですが、実はもともと塩村氏と北原・井戸氏サイドは仲が悪いのです。3年くらい前、リベラル系の女性政治家や弁護士などに、注文していない品物を送りつけられる嫌がらせが多発した際、北原氏らは女性著名人だけで『送りつけ被害の会』を結成し、記者会見をしたことがあります。その際、参加を呼びかけられた塩村氏は、『男性も同じような被害に遭っている。女性だけの被害を強調するのはいかがなものか』と一線を画す発言をした。北原氏らはその発言に反発。以来、両者は険悪な関係なのです」


■「彼女が綺麗だからじゃないの?」


 現在もTwitter上で激しい応酬が繰り広げられているが、作家の室井佑月氏も参戦し、塩村氏をこんな言い回しで擁護。

〈塩村さんに対する言い掛かりももうイジメみたいになってるし。はっきり言うわ、それって彼女が綺麗だからじゃないの?〉(5月14日)

 まさに「塩村応援団」VS「反塩村」のような様相を呈してきたのだが、それにしても、自身を「魔女」と称するのはどんな気持ちなのだろうか。塩村氏に取材を申し込んだが、「申し訳ないのですが、国会質問に向けた準備に追われていて取材を受ける時間がございません」とのことだった。

「AV被害」を撲滅したいという両者の思いは同じはず。議論を深め、実効性の高い法案にして欲しい。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)