三原じゅん子が語った、私設秘書夫への“のろけ” 過去には「公私混同」と批判も

三原じゅん子が語った、私設秘書夫への“のろけ” 過去には「公私混同」と批判も

笑顔の裏で……

 参院選で神奈川選挙区から自民党候補が2人出馬する異例の事態だ。6年前の参院選で圧勝した三原じゅん子参院議員(57)に加え、自民党は元衆院議員の浅尾慶一郎氏を公認することになったのだ。

 ***

 6年前の参院選では約100万票を獲得し、圧勝した三原氏も、今回は様相が異なる。

「定数4の神奈川選挙区が今回は、事実上の定数5となっています」

 と政治部デスク。

「もともと神奈川の参院議員だった松沢成文さんが昨年の夏に横浜市長選に挑戦して失職したため、今回その補欠選挙も合わせて行われるのです。そこで自民党は三原さんに加え、元衆院議員の浅尾慶一郎さんも公認し、2議席を獲得しようとしているのです」

 自民党から前回1人しか公認しなかったところが2人になったのだから、当然“後方支援”も二手に分断されることになる。

「県内の国会議員や県議はおおまかに“菅系”“麻生系”で分かれている。三原さんは菅義偉前総理のお気に入りですから、菅さんの子飼いの議員たちが三原さんの、それ以外の麻生派や彼らに近い議員たちが浅尾さんの応援をするという格好になっています」(同)


■「いじめでは」との声も


 ただし、と県連関係者が言うには、

「三原さんの決起集会には地元の県議や市議は70人ほどが集まったのですが、浅尾さんの方はその倍以上が参加していました。ポスター張りも明らかに浅尾さんの方に力が入っていて、三原陣営からは“ちゃんと動いてほしい”“いじめでは”という声が上がっています」

 三原氏の川崎後援会長を務める斎藤文夫・元参院議員は展望をこう語る。

「今回の選挙はかなり厳しい戦いになると思います。三原と浅尾を比べた時にどうしても三原は知名度があるし、人が寄ってくる“スター”です。ただ、自民党としては二人を当選させないといけない。必然的に三原に票が流れてしまうから、どうにか浅尾を勝たせようとしているわけです」


■「最高の秘書」


「こちらにお並びください」

 12日に藤沢駅前で行われた三原氏の街頭演説。菅前総理が駆け付ける前には、雷鳴轟き、突風吹き荒(すさ)ぶ大雨に見舞われた。そんな中、カメラ片手に雨合羽姿で聴衆を誘導するなど、かいがいしく彼女に寄り添う一人の男がいた。藤沢市議選に落選した後、16年に結婚した24歳年下の夫・中根雄也氏である。

「結婚前には一時期、三原さんの公設秘書としても働いたため、当時は“公私混同だ”と批判されました。結婚後は私設秘書となり、今回の選挙ではカメラマンとしても同行しています」(先の県連関係者)

 前回の選挙戦の最中には、スタッフとして手伝う中根氏と三原候補との“親密ぶり”が自民党内で話題になった。今回、その彼について、

「公設秘書5人分くらいの働きをしています」

 と言って夫を立てるのは、他ならぬ妻の三原氏ご本人。

「実は中根は随行やカメラマンをしているだけではありません。選挙で配られる配布物などのデザイン、校正、発注、印刷の色校までもチェックし、さらには、私の日程調整もしているのです」


■「パートナーとして最高の秘書」


 その“活躍ぶり”をさらに続けて語る。

「うちの選対にはいま40〜50人くらいいますけども、その中でも中根が一番仕事をしています。他の秘書はローテーションで休ませていますが、中根はここ何カ月も休みなく働き、それでも不平不満一つ言わない。選挙戦の大きな力となっています。私たちの仕事は朝から晩まで。公私混同という言葉はそぐわないですし、彼ほど仕事ができる秘書がいるならば、ぜひ紹介をしていただきたいくらいです。パートナーとして最高の秘書だと思います」

 のろけを通り越して、こちらが気恥ずかしくなるほど真っ直ぐな言葉の数々が飛び出したのだった。

「週刊新潮」2022年6月23日号 掲載

関連記事(外部サイト)