西村康稔、高級新タマネギを周囲に配布 狙いは「維新との個人的なパイプ」?

西村康稔、高級新タマネギを周囲に配布 狙いは「維新との個人的なパイプ」?

地元の特産品を有効活用

 東京・永田町は“贈り物文化”の街。毎年、お中元やお歳暮のシーズンには多くの議員が地元から自慢の品々を持ち帰り、それを秘書が配って歩く。議員会館内を行き交う台車はもはや風物詩だが、今年は自民党の西村康稔・前新型コロナ対策担当相(59)が見せた意外な気遣いが話題だという。

 政治部デスクが言う。

「西村事務所の土産といえば、淡路島特産のタマネギ。過去にも与野党議員だけでなく、自民党の職員にも“世話になっているから”と、党本部に段ボールを運び込んで喜ばれていました」

 兵庫県の淡路島は、西村氏のお膝元・兵庫9区の一画を占める。ここでは一年を通じて栽培・出荷されるが、とくにいまの時期は中生(なかて)と呼ばれる甘みが強い種類が旬とされる。

「時には1玉数百円で売られるブランドタマネギで、最近はふるさと納税の返礼品としても人気。西村氏はそんな高級品を、野党の日本維新の会に所属するすべての議員に届けたのです」


■「どうぞお手柔らかに」


 西村氏は当選7回。岸田内閣の誕生後は、最大派閥・安倍派のナンバー2である事務総長に就任し、安倍元総理の後継候補の一人として派内ににらみを利かせる。

 どうやらタマネギの配布は、参院選への思惑や、地元・兵庫県の事情が絡むらしい。

「兵庫選挙区の改選議席は3で、今回は自民党と維新が首位を争い、公明党が3位をうかがっていますが、2019年の前回選挙での得票数は維新、公明、自民という順でした。維新は昨年の総選挙でも比例で兵庫県首位の票を獲得したほか、選挙区と比例で出馬した9人を全員当選させています」

 そんな躍進を2度も目の当たりにした自民党は、今回の参院選に際し、一度は公明党への推薦をためらった。ホンネでは、他党を支える余裕などないのである。

「西村氏は党の兵庫県連会長の職にもある。いまも維新の勢いは衰えないだけに、“どうぞお手柔らかに”との意識が働いたのでは」


■個人的なパイプの構築とこじれた関係の修復


 とはいえ、西村氏が安倍政権や菅政権で経済再生相を務めた当時、維新は“与党の別動隊”と揶揄されるほど、とくに自民党とは蜜月関係にあったはず。しかも、先の総選挙では兵庫9区での候補者擁立を見送り、西村氏との対決を避けている。事情を知る自民党幹部が西村氏の狙いを推し量る。

「最近は茂木敏充幹事長と維新の松井一郎代表が互いを批判しているように、維新は与党の“補完勢力”どころか“脅威”と化した。西村氏は自身の将来を見据え、維新との個人的なパイプの構築やこじれた関係を修復するための布石を打っているのかもしれない」

 ともあれ、タマネギが届いた議員の中には戸惑う向きも。維新関係者が言う。

「西村先生と面識がない議員にも届いています。中には対応に窮し、事務所の隅に放置しているところも」

 西村氏に真意を尋ねると、

「仕事で関わりや親交のある方のうち、選挙区外には地元のアピールを兼ねて地元県産品を送ることはあります」(西村事務所)

「週刊新潮」2022年6月23日号 掲載

関連記事(外部サイト)