「小池百合子」と「松井一郎」の“代理戦争”激化で崖っぷちの「山本太郎」 現実味を増す「参政党」と「ガーシー」の1議席獲得で“波乱の参院選”最終情勢

「小池百合子」と「松井一郎」の“代理戦争”激化で崖っぷちの「山本太郎」 現実味を増す「参政党」と「ガーシー」の1議席獲得で“波乱の参院選”最終情勢

「政界引退」の瀬戸際に立つ小池都知事

 7月10日の投開票日が目前に迫り、連日、熱戦が繰り広げられている参院選。「自民伸長」の大勢は揺るがないと見られるなか、最終盤に入って“新興勢力”の追い上げが加速し、波乱含みの展開も予想されている。

 ***

 最後の日曜日となった3日までの期日前投票者は約778万人と、全都道府県で前回選挙(19年)を上回る結果になった。なかでも「前回の1・5倍」と最も伸び幅が大きかったのが東京都だ。

 その東京選挙区では全国唯一の「6枠」を争って候補者34人が乱立。“首都決戦”を左右する有権者数は約1150万人にのぼるが、その4割近くは「まだ投票先を決めていない」状況だ。情勢が変わる余地はまだ残されている一方で、上位5人はすでに「ほぼ確定」しているとの声が上がっている。

 主要政党の最新の調査によれば、自民現職の朝日健太郎氏(46)が15.6ポイントでトップを走り、立憲民主党の蓮舫氏(54)が12.3ポイントで続く。そして10.9ポイントで3番手に浮上したのが共産党の山添拓氏(37)という。

「山添氏に僅差の10.6ポイントで迫るのが自民新人で元おニャン子クラブの生稲晃子氏(54)。その背中を追いかけるのが公明党の竹谷とし子氏(52)です。最終的な順位は変動する可能性がありますが、この5人の当選は固いと見られている。問題は“残りの1枠に誰が滑り込んでくるか?”です」(全国紙政治部デスク)


■猛追する維新の「女性刺客」


 現状、その最右翼はれいわ新選組の山本太郎代表(47)だ。3日の街頭演説では、自身がテレビデビューを飾るキッカケとなった一発芸“メロリンQ”を約30年ぶりに披露して話題になったが、

「それだけ追い込まれているということ。山本氏は6月上旬から支持率がほとんど伸びておらず、本人も落選危機を自覚して必死です。伸び悩みの原因は、無所属で出馬した作家の乙武洋匡氏とれいわ支持票を食い合う形になっていることと、今回の選挙では山本氏やれいわが“反自民の受け皿”になり得ていない点です」(同)

 焦る山本氏を猛追しているのが、「都民ファーストの会」が国政進出に向けて設立した「ファーストの会」代表で、国民民主党が推薦する荒木千陽氏(40)。そして大阪市議出身で日本維新の会の海老沢由紀氏(48)の2人の“女性刺客”だ。

「連日、荒木氏の応援に駆け付けているのが、小池百合子都知事です。荒木氏は小池氏の秘書を6年務め、一時同居もしていた小池氏の秘蔵っ子。かつての“神通力”はなくなったとはいえ、小池氏が前面に出てきたことで荒木氏の支持率はジワジワと上昇している。昨夏の都議選では小池氏が最終日に応援に入ったことで形勢を逆転させた。荒木氏の得票がどこまで伸びるかは最後の最後まで分からず、油断はできない」(自民党関係者)

 しかし荒木氏以上に山本氏を追い上げているのが、維新の海老沢氏という。


■富裕層からも支持を集める参政党


「同党代表の松井一郎・大阪市長や吉村洋文・大阪府知事なども東京入りして海老沢氏の応援に回っているが、実は彼らのネームバリューでなく、反自民の受け皿に“第二保守”としての維新が選ばれていることが勢いづいている理由のようだ」(同)

 選挙終盤に入って支持率を伸ばす海老沢氏の動向に各党とも神経を尖らせているというが、最後の6枠はこの3氏によって争われると見られている。

“番狂わせ”が起こりそうな兆しは全国区でも起きている。当初、過激な主張でキワモノ視されていた参政党とNHK党がいよいよ「1議席取る」確率が高まっているという。

「特に参政党は街頭演説をすると必ず数百人が集まる動員力を誇り、ひょっとしたら“2議席に手が届くかも”との声すら出ている」(前出・デスク)

 同党は“反ワクチン”や“反マスク”の主張でも知られるが、コロナ感染者が増加に転じた現在の状況が、逆に追い風になっているとも。また意外にも「同党の支持者には医師などの富裕層が少なくなく、資金力も豊富」(同)とされる。


■「ガーシーch」非公開の異常事態


 一方、NHK党の得票の原動力となっているのが、暴露系ユーチューバーの“ガーシー”こと元アパレル会社経営者の東谷義和氏である。今年2月にYouTubeを開設して以降、俳優の綾野剛や新田真剣佑などのスキャンダルを次々暴露して一躍“時の人”に。

 チャンネル登録者数も瞬く間に120万人を突破し、選挙活動もYouTubeを通じて行うと堂々宣言。しかし、選挙期間中に楽天社長の三木谷浩史氏のスキャンダルを追及し始めた矢先に事態は急変する。

「三木谷氏への攻撃を開始して間もない7月初め、選挙活動の主要ツールだった“ガーシーch”がYouTube側から警告や動画削除などの措置を受け、配信動画の大半が非公開に追い込まれ、YouTubeも生配信のみへと方針転換を迫られた。その直前には東谷氏のTwitterやインスタグラムのアカウントも凍結され、選挙終盤に入って逆風に直面しています」(スポーツ紙記者)

“逃亡先”の中東・ドバイから参戦する東谷氏だが、情報発信の手段が次々と封じられたことで「当選に土壇場で黄信号が点り始めている」(前出・デスク)とか。

 選挙戦が終わって蓋を開けてみた時、果たしてナニが飛び出してくるのか。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)