パパ活「吉川赴議員」は徹底抗戦の構え “黄金の3年”でこの男に使われる税金はいくらになるか

パパ活「吉川赴議員」は徹底抗戦の構え “黄金の3年”でこの男に使われる税金はいくらになるか

疑惑の吉川氏 25年まで議員?

パパ活「吉川赴議員」は徹底抗戦の構え “黄金の3年”でこの男に使われる税金はいくらになるか

吉川赳・衆議院議員

パパ活”疑惑で自民党を離党した吉川赳・衆議院議員(40)は議員辞職しないつもりらしい──今、こんな話が飛び交っているのをご存知だろうか。吉川氏の地盤は静岡5区で、比例復活で当選した。まずは地元・静岡新聞の報道をご覧いただこう。

 ***

 静岡新聞は7月13日、「吉川氏『女性は20歳以上』 名誉毀損で提訴検討 議員辞職も否定の意向 18歳女性との飲酒報道」との記事を配信。YAHOO!ニュースのトピックスにも転載された。記事のポイントを紹介しよう。

◆議員辞職はしない、見解は近くブログで発表する、と周囲に語った。
◆“パパ活”を報じた週刊ポストは相手の女性を18歳と報じたが、20歳であることが分かったと反論。
◆名誉を傷つけられたとして、発行元の小学館と女性に損害賠償請求の訴訟を起こすことも検討しているという。

 静岡新聞の報道で吉川氏の考えが伝えられると、マスコミも有権者も“総ツッコミ”という状態になった。担当記者が言う。

「そもそも小選挙区では落選し、比例復活という経緯があります。地元有権者から強固な支持を受けていたわけではないのです。その上でTwitterなどのSNSでは、『18歳か20歳かは問題ではない』という投稿が相次ぎ、複数のメディアも『仮にも国会議員が一般女性にお金を渡し、ホテルという密室空間で時間を過ごしたことが問題』と指摘しました」

 ちなみに週刊ポストの初報(註1)によると、同誌の取材班は吉川氏の「俺、18歳に興味あるわ」という発言を聞き取ったことを明らかにしている。

 また、女性は同誌の取材に対し、「ホテルの部屋に入ると、すぐに服を脱がされた。恐怖を感じて何度も拒否した」と証言していることも重要だろう。


■2025年まで国会議員!?


「6月30日には全国紙など主要メディアが、吉川氏に国会議員のボーナスにあたる“期末手当286万円”が支給されたことを一斉に報じ、またまた有権者が呆れ返りました。そもそも本当に“事実無根”なら、自民党を離党する必要もないはずです。反論の会見も開かず、そのくせボーナスだけはもらうという経緯を考えると、吉川氏に議員辞職するつもりはなさそうです」(同・記者)

 議員辞職しないのなら、有権者が選挙で審判を下すしかない。ところが、これも難しいという。今話題の「黄金の3年」のためだ。

 岸田首相が衆議院を解散しない限り、2025年の参院選まで大型国政選挙がない。これを「黄金の3年」と呼んでいる。

 ちなみに、2019年に選出された参院議員の任期満了は2025年7月だが、衆院議員は同年10月と更に先だ。有権者が審判を下すことができないのであれば、吉川氏の徹底抗戦が可能に、つまり、あと3年以上も国会議員を続けられることになる。

 こうなると、かなりの有権者が「一体、いくらの税金が、吉川氏のために使われるのだろうか」と憤りを感じるのではないだろうか。


■年収は1814万2400円


「『歳費』と呼ばれる国会議員の給与は、一般議員は衆参ともに月129万4000円と規定されています。ただし、7月末まではコロナ禍のため議員の歳費が2割カットされていて、25万8800円が減額されています。仮に今後も歳費カットが続くとしても、吉川氏に対して年1242万2400円の歳費が支払われます」(同・記者)

 更に、期末手当は年に2回が支払われる。「286万円×2」は572万円だから、これを加えると最低でも1814万2400円が吉川氏の“年俸”になるというわけだ。ちなみに歳費カットを無視した場合、年2124万8000円という金額になる。

「まだまだあります。以前、日割り支給にすべきという議論が起きた『文書通信交通滞在費』は毎月100万円、年1200万円支給されます。『立法事務費』は法律を作るための調査研究費を負担するというもので、各会派の議員1人ごとに年780万円が支給されます。吉川さんは無所属ですが、1人会派を作れば立法事務費を受け取れます」(同・記者)

 更に国会議員は、公設秘書3人分の給与も税金でまかなわれている。


■投入税金は7500万円?


「政策秘書、第1秘書などで金額が異なりますが、月20万円台から50万円台まで支給され(註2)、平均で年額2500万円(註3)を国会議員は手にすると言われています。率直に言って、スキャンダルが報じられた国会議員である吉川氏に、さしたる仕事ができるはずもありません。そんな国会議員の秘書給与を税金でまかなうことは、『無駄金ではないか』と世論の反発を招く可能性があります」(同・記者)

 国会議員が、どれほどの大金を手にすることができるのか。鈴木宗男・参議院議員(74)は2009年、麻生太郎・自民党副総裁(81)が首相だった際、「国会議員の歳費や定数削減等に対する麻生太郎内閣総理大臣の見解に関する質問主意書」を提出している。その中に、次のような一文がある。

《現在国会議員一人当たり、月百三十万一千円の歳費が支給される。他に、月百万円の文書通信交通滞在費や六十五万円の立法事務費、年間約六百三十五万円の賞与やJR、航空券の無料クーポン券、更には公設秘書の給与を含めると、国会議員一人当たり、月約五百七十三万円、年約七千五百万円の経費がかかっている計算になると承知する》


■3年間では1億円超


「7月には国会議員の所得が報道されました。吉川氏の給与は政務官の給与などが加わり約2284万円、それに不動産収入934万円、所得総額3218万円を報告しました。静岡県の国会議員では2位という高額の年収でした。吉川氏と同じ5区選出の細野豪志氏(50)は約1767万円、7区の城内実氏(57)は約1705万円ですから、吉川氏の年収が高いことがよく分かります」(同・記者)

 遡ってみると、2021年6月に報道された額は不動産収入などを足して3264万円。14年7月の報道分は2140万円となっている。今後も落選さえしなければ、最低でも約2000万円の年収を得られる可能性があるわけだ。

 まとめてみると、歳費と期末手当が1800万円から2000万円。文書交通費が1200万円。立法事務費が約780万円。そして秘書給与が2500万円。合計で1年に最低でも約6200万円を手にするわけだ。

 これが3年間となれば、約1億8800万円という額になる。義憤を感じるのは、静岡5区の有権者だけでなく、全国の国民だろう。

註1:【全文公開】岸田派ホープ吉川赳・衆議院議員、18歳女子大生とパパ活飲酒 「俺、18歳に興味あるわ」「胸を見せて」高級ホテルで何があったのか(NEWSポストセブン・6月9日)

註2:朝日新聞デジタル「公設秘書に関するトピックス」より

註3:現役議員と秘書への取材で判明 政治家のホントの給与とお手当 「笑っちゃうぐらいオイシイ!」(現代ビジネス・2015年8月10日)

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)