国葬が閣議決定「故・安倍元総理」自宅をカジュアルな服装で訪問した「なべおさみ」

国葬が閣議決定「故・安倍元総理」自宅をカジュアルな服装で訪問した「なべおさみ」

亡くなった安倍元総理

 選挙演説中に銃撃を受け、帰らぬ人となった安倍元総理大臣(享年67)。政府は、安倍氏の功績を鑑み、9月27日に元総理の「国葬」を日本武道館で執り行うことを閣議決定。戦後の総理大臣経験者の「国葬」は、吉田茂元総理以来、2人目となる。そんな安倍総理の自宅には日々、喪服姿の弔問客がひっきりなしに訪れているが、その中には、タレントのなべおさみ氏(83)の姿も。しかしその姿は、なんともラフで――。


■鳴り響く警報音


 なべおさみが渋谷区富ヶ谷の安倍邸を訪れたのは、7月16日(土)の昼。自ら運転する白のベンツを安倍邸前に停めると、ピンク色のシャツにスニーカーというラフな格好で車内から登場。銀色の保冷バッグを持ちながら、中に入っていった。するとしばらくして、停車中のベンツから、警報音が鳴り響き、警備している警官たちが困惑していると、手ぶらのなべ氏が慌ててエントランスから出てきた。再び車に乗り込むところを記者が直撃した。

――今日は弔問で?

「……」

――安倍昭恵さんはいらっしゃいましたか?

「……おたくどちら?」

――新潮社です。

 それを聞くなり、車を発進させ、安倍邸を去って行った。


■只ならぬ仲


 永田町関係者が言う。

「古くから政界から裏社会まで、幅広い人脈を持つなべ氏は、当然、自民党との縁も深かった。とりわけ仲がよかったのは、安倍元総理だと言われています。あの『桜を見る会』にも、少なくとも3回は招待されています。しかもそこで、安倍さんと、長時間に渡って話し込む様子も目撃されている。只ならぬ中であるということは、永田町では周知の事実でした」

 2019年になべ氏が吉本興業に入った際も、

「安倍さんが吉本の大崎洋会長に話をつけ、契約に至ったという話でした」(同)

 となると察するに、なべ氏はすでに正式な弔問を終えていて、今回の訪問は、対応に追われる妻の昭恵さんや母の洋子さんへの「差し入れ」を持ってきた、ということだったのかもしれない。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)