評判ガタ落ちの生稲晃子議員 後ろ髪ひかれ隊、ソロデビューに見る生き方が今後のカギ

評判ガタ落ちの生稲晃子議員 後ろ髪ひかれ隊、ソロデビューに見る生き方が今後のカギ

生稲氏"地頭がいい"と評価も

評判ガタ落ちの生稲晃子議員 後ろ髪ひかれ隊、ソロデビューに見る生き方が今後のカギ

当選が決まって挨拶する生稲氏

「『ダンスが下手なうえに音痴だったので今でも恥ずかしい』と、よく言っていました。それが印象に残っています」と振り返るのは、民放キー局の関係者。誰のことを回想しているのかといえば、先の参院選で初当選した生稲晃子氏(54)だ。

 ***

 7月10日に投開票が行われた参院選に、生稲氏は東京選挙区(定数6)から出馬。61万9792票を獲得し、5位で当選を果たした。

 抜群の知名度もあり、早くも選挙戦が始まる前から、当選確実が予測されていた。自身が癌患者だった経験から患者への支援モデルを提唱したことなども評価され、「単なるタレント候補ではない」と期待する声もあった。

 ところが選挙戦が始まると、生稲氏の“政治家としての能力・資質”を疑問視する指摘が相次いだ。担当記者が言う。

「選挙期間中、NHKや日本テレビのアンケート調査に、ほとんど回答していなかったことが判明しました。更に、他候補の回答を“パクった”のではないかという疑惑も浮上。『富裕層への課税強化』に関しては、毎日新聞には『反対』、朝日新聞には『どちらかと言えば賛成』と矛盾した回答をしていたことも明るみになりました。報道機関からの調査依頼に、真面目な態度で対応していたとは思えません」

 更に、投開票日の特別番組で“問題行動”を起こし、有権者の批判は一気に高まった。

「テレビ東京系列で放送された『池上彰の参院選ライブ』で、MCの池上彰さん(71)が『生稲氏はインタビューを拒否した』と明かしたのです。結局、生稲さんは、すべてのテレビ局への出演を断りました。池上さんは、インタビューを受けるのは政治家の責務と指摘。TwitterなどSNS上でも、『有権者への説明責任を果たそうとしないのは政治家失格』という厳しい意見が相次ぎました」(同・記者)


■「うしろ髪ひかれ隊」


 この件を巡って、生稲陣営はテレビ東京に事実無根と抗議しているのだが、その内容は後で触れる。重要なのは、抗議したにもかかわらず、生稲氏への評価が回復していないことだ。

 女性自身(電子版)は7月20日、「参院選『期待できないタレント議員』ランキング…批判続出の生稲晃子を抑えた圧倒的1位は?」の記事を配信した。

「この記事で生稲氏は、『期待できないタレント議員』として2位にランクインしてしまいました。その理由としては『自分の言葉で何も語れない』など、政治家の資質を疑問視する意見が多かったようです。やはり、すべてのテレビ局の選挙特番に一切出演せず、自分の言葉で語ることを避けた、それが致命傷になったことがよく分かります」(同・記者)

 ところが、「時間がたてば生稲さんへの“支持”は回復すると思います」と予想するのは、冒頭で紹介した民放キー局の関係者だ。

「ご記憶の方も多いと思いますが、生稲さんはおニャン子クラブに在籍していた1987年、工藤静香さん(52)、斉藤満喜子さん(51)と『うしろ髪ひかれ隊』を結成しました。デビューシングルの『時の河を越えて』がヒットし、3人は一気にスターダムにのし上がったのです。彼女が芸能界でどう生き延びてきたのかを振り返ると、“政治家・生稲”の今後も見えてくると思います」


■「地頭がいい」


 ちなみに、工藤静香は2000年に元SMAPの木村拓哉(49)と結婚。斉藤満喜子氏は1998年に「スジャータ」のブランドで知られる「スジャータめいらくグループ」社長と結婚し、今は芸能界から距離を置いている。

 キムタク夫人、有名企業の社長夫人、そして参議院議員──と、うしろ髪ひかれ隊の3人は、なかなか数奇な人生を送っているのだ。

 話を元に戻せば、おニャン子クラブが解散してからは、工藤静香の存在感が圧倒的だった。だが、生稲も地道に芸能活動を続けた。

「生稲さんは学業にも力を入れ、高校卒業後は恵泉女学園短期大学に進みました。元おニャン子は高卒の人が多く、短大卒は珍しい。今回の参院選では、SNSなどで生稲さんをバカ呼ばわりする投稿も目につきました。ただ、一緒に仕事をしたスタッフの間では『地頭がいい』と評価されていたことは、ここで言っておくべきだと思います」(同・関係者)

 うしろ髪ひかれ隊の活動が休止となると、生稲氏も歌手としてソロデビューした。だが、早々に“壁”にぶつかったという。

「生稲さんは『ダンスが下手なうえに音痴だったので今でも恥ずかしい』と言っていて、自分のことをしっかり分かっているんだなと感心しました。実際、彼女は歌の世界からは離れ、ドラマやバラエティ番組への出演にシフトしました」(同・関係者)


■「じゃないほう政治家」


 特に注目されたのは、情報番組の「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ・2015〜20年)で、2018年からレギュラーのコメンテーターを務めたことだ。

「本当のところを言えば、たいしたことを言うわけではなかった。しかし、制作スタッフが求めるようなコメントを、ちゃんと言えるという頭の良さが注目されました。なおかつ真面目で謙虚、愛想もいいので、スタッフから高評価を得ていました」(同・関係者)

 真面目で謙虚、愛想もいい──このような生稲氏の性格が有権者に伝わっていけば、支持の回復も夢ではないという。

「生稲さんは芸能界で『自分の立場をよく分かっている』、『出しゃばらない』と評判でした。これが高く評価されたのです。同じことを政治の世界でも実践すれば、『有権者や先輩議員に嫌われない』と見直される可能性があるのではないでしょうか」(同・関係者)

 工藤静香や斉藤満喜子氏の人生と比較することでも、生稲氏の“セールスポイント”が浮かび上がるという。

「生稲さんは、お笑いの世界でいう『じゃないほう芸人』の要素を持っていると思います。もし工藤静香さんが参議院議員になったら、アンチも物凄い数になったでしょう。スターは毀誉褒貶に晒されます。だからこそ視聴者は『じゃないほう芸人』を安心して応援するのです」(同・関係者)


■スタッフが勘違い!?


「じゃないほう芸人」である生稲氏。とにかく謙虚に大人しく、真面目に国会へ通い続ければ、有権者の見る目も変わってくる──。

「東京選挙区でのライバルの1人が蓮舫議員(54)です。彼女の人気は高いですが、それこそ『批判ばかり』というアンチも相当な数に上ります。生稲さんが謙虚な姿勢で議員活動を続ければ、蓮舫さんより人気を獲得しても不思議ではありません」(同・関係者)

 テレビ東京は選挙特番で、生稲氏がインタビューを拒否した理由を「陣営関係者は、国会議員としての資質、勉強が圧倒的に足りないからだと話していた」と解説。これが事実無根だと生稲陣営はテレビ東京に抗議文を送り、Twitter上で公開している。

「今となっては、真相は“藪の中”でしょう。しかし、テレ東に抗議したのは、対応策としては失敗だったと思います。なぜなら、謙虚な姿勢が生稲さんの魅力だからです。『池上さんのご指摘どおりでした。今後、一生懸命に勉強します』とでもコメントすれば、有権者の反応は違ったのではないでしょうか。ひょっとすると、生稲さんの魅力を分かっている人が陣営にいないのかもしれません。あの抗議は、生稲さんではなく、周りのスタッフが勘違いしている印象を受けました」(同・関係者)

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)