「岸防衛相」に取り沙汰される「深刻な病状」 安倍元首相の銃撃死を受け、旧統一教会との「蜜月・壺議員」を認めて

「岸防衛相」に取り沙汰される「深刻な病状」 安倍元首相の銃撃死を受け、旧統一教会との「蜜月・壺議員」を認めて

旧統一教会との関係を会見で明らかにした

■潔かった「お付き合いがある」発言


 岸信夫防衛相は7月29日の記者会見で、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)をめぐって、これまで霊感商法や献金強要のトラブルが報告されてきたことについて「認識していた」と述べた。開き直りに近い発言は政界で波紋を呼んだが、その背景と共に、車いすを常用し、健康不安問題を抱える岸氏の病状と9月予定の内閣改造での処遇についてレポートする。

 岸氏は26日の会見では、旧統一教会の関係との関係について「(メンバーとの)付き合いもあり、選挙の際もお手伝いをいただいている」と説明していた。

「当然と言えば当然ですが、自民党の福田達夫総務会長の会見と対照的なこともあって、いくらか潔く映りましたね」

 と、政治部記者。

 福田総務会長は7月29日の会見で、旧統一教会との関係について「わが党が組織的にある団体から強い影響を受けて政治を動かしているのであれば問題かもしれないが、僕の今の理解の範疇だとそういうことが一切ないので」などと述べている。

「この発言自体、猛反発を浴びたのですが、その後に福田氏の祖父・赳夫元首相が蔵相時代に旧統一教会の開祖・文鮮明を称揚する動画が拡散しました。教会べったりとは言わないまでも間の悪さが際立ち、福田総務会長としては政治家としてのセンスのなさを露呈してしまいました。直後に釈明しましたが、遅きに失した感は否めませんでした」(同)


■岸信介元首相からの旧統一教会との関係


「岸氏があっさりと旧統一教会との関係を認め、“壺議員”認定を余儀なくされたのは、祖父の岸信介元首相や実兄・安倍晋三元首相、つまり岸家・安倍家と旧統一教会との深い関係がかなり伝えられた後だったからかもしれません。信者との間に相当数の問題を抱えるカルトに近い存在だと知りつつ、そのありがたみに抵抗できなかったとまでは言っていませんが、開き直りのようで、正直な感情の吐露だったと思いました」(同)

 岸・安倍一族と旧統一教会との関わり合いについては、岸元首相が当時の米レーガン大統領に対し、脱税容疑で実刑判決を受けて収監中だった文鮮明の釈放を求める親書を送付したことが報じられた。

 安倍氏についても旧統一教会宛てのビデオメッセージに加え、「選挙で旧統一教会の組織票およそ8万を差配していた」実態が報じられている。どの候補を応援するかについて安倍氏の裁量が極めて大きかったということだった。

 ここからは巷間ささやかれている、岸氏の健康不安や政治家としての将来について触れていこう。

 安倍氏が凶弾にたおれる前から、9月上旬に予定の内閣改造・党役員人事において、岸氏の処遇は最注目とされてきた。


■明らかに病状が悪化している


「交代要因としてまず取り沙汰されていたのが、防衛次官人事をめぐる“暗闘”でした。安倍氏の首相時代に秘書官を務めた人物が次官を務めてきたのですが、安倍氏は岸氏と共に“時代に即した防衛政策の実行には余人をもって変え難い。もう少し任期を長く”と岸田官邸に要望していたところ、結果として却下されたのでした」

 と、政治部デスク。

「この次官人事が遺恨となり、場合によっては政局に発展し得るとされていましたが、安倍氏の事件で沙汰やみに。そして、もう1つの交代要員が岸氏の健康状態でした」(同)

 具体的に解説してもらうと、

「岸氏は脚に不具合を抱えているとされ、国会で専用の答弁席が設けられるという前代未聞の事態にも発展しました。最初は杖に頼って歩いていたのが、杖が2本になり、最近は車いすでの移動を余儀なくされています。そのシーンの撮影も当初は自粛してほしいとの要望があったのですが、現在はそれもうやむやになっています」(同)

 ある永田町関係者は岸氏の病状について、こう明かす。

「明らかに病状が悪化しているように見受けられますね。表情にハリがなく、会見の場であっても呂律が回っていないシーンが散見され、声がかすれるようになっています」


■次の選挙に関心がない?


 この関係者がさらにこう続ける。

「股関節に爆弾を抱えているとされてきましたが、実際には脊髄に関する病気で、そう簡単に治癒しない類のものだと噂されています。歩行に障害が出ているというのは神経絡みの疾患ではないかということでした。防衛相留任はおろか、次期衆院選への出馬は難しいのではないかとの指摘が根強くありますね」(同)

 岸氏の病状の悪化と共に、後継者として、実子で元フジテレビ記者の信千世氏の名が取り沙汰されてきた。

「信千世氏は目下、防衛相秘書官として父・信夫氏を支えており、これが政治家修行の一環であることは衆目の一致するところです。ただ信千世氏はまだ30代前半で、山口県内を地盤とする選挙区的には“もう少し年齢を重ねている方が相応しい”という声があるのも事実。もちろん岸ブランドがあれば、寝ていても当選できるほど盤石なのですが」(同)

 岸氏は今回の会見で、これからの選挙でも旧統一教会からのサポートを受けるかについて問われた際に、「適切に判断し、対処したい」「軽々に答えることはできない」と答えている。

「これを聞いて、岸氏は次の選挙に関心がないのかなと感じましたね。次の候補者に判断を委ねたいという言葉が口をついて出そうにも見えました」(同)

 安倍氏の銃撃死を受け、旧統一教会と政界との蜜月ぶりなどこれまで埋もれていたものをめくりあげて行ったのは間違いない。その1つが岸氏の健康問題であり、後継問題でもある。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)