統一協会「文鮮明」を無理やり入国させた金丸信の大罪 今なら政権が吹っ飛ぶ大スキャンダル

統一協会「文鮮明」を無理やり入国させた金丸信の大罪 今なら政権が吹っ飛ぶ大スキャンダル

金丸信

 統一教会(註1)の創始者・文鮮明(ムン・ソンミョン=1920〜2012)と“政界のドン”と呼ばれた金丸信(1914〜1996)は、少なくとも一時期、密接な関係を持っていた。おまけに金丸も、拳銃で狙撃された過去を持つ。(文中、敬称略)

 ***

 元首相の安倍晋三(享年67)が7月8日、奈良市内で射殺されたことは記憶に新しい。

 安倍も金丸も自民党の大物議員。統一教会と関係を持ち、共に“テロリスト”に命を狙われた──これほど類似点が重なると、薄ら寒い思いをする人もいるだろう。

 自民党と統一教会の闇を象徴しているかのようだが、まずは「金丸副総裁狙撃事件」の顛末から振り返ってみよう。

 1992年3月20日、栃木県足利市の市民会館で「山岡賢次を励ます『春分の日の集い』」が開かれた。

 当時、山岡賢次(79)は自民党の参議院議員。この年の7月に行われる衆院選に鞍替え立候補することが決まっていた。

 自民党副総裁だった金丸は、市民会館で応援演説を行った。金丸が30分ほどの演説を終え、山岡と握手を交わした瞬間、右翼団体の構成員だった男が拳銃を両手で握って発砲。会場内には銃声が3回、響いたという。弾に当たった人は誰もいなかった。

 栃木県警の警備が問題視されたことも今回の事件と同じだ。毎日新聞は事件翌日の21日夕刊に「また右翼の暴力、2000人騒然 最前列から狙い1発は演台貫通――金丸氏銃撃事件」の記事を掲載した。


■金丸・金の密談


《会場周辺には栃木県警の警察官126人が警備にあたり、舞台の両そでには10人前後が、また、客席最前列や客席の間の通路でも10人ほどの私服警官が警戒に当たっていた。しかし、客席最前列と舞台の間の約1・5メートルの通路には警官はおらず、発砲に対応できなかった》(註2)

 なぜ金丸は右翼から狙われたのか、担当記者が言う。

「1990年9月、自民党と社会党の国会議員らが北朝鮮を訪問しました。自民党の代表が金丸さんだったので、“金丸訪朝団”とも呼ばれました。自社の議員団は朝鮮労働党と共同宣言に調印したのですが、その中に『戦前・戦中の植民地支配だけでなく、戦後の北朝鮮に与えた損害に対しても謝罪と償いを行う』という内容が盛り込まれました。これを右翼団体が“土下座外交”と厳しく批判しました」

 当時、北朝鮮のトップは金日成(キム・イルソン=1912〜1994)、日本の首相は海部俊樹(1931〜2022)だった。

「訪朝中、金日成の依頼に応じ、金丸さんは金日成と2人だけで密談を行ったことが明らかになっています。正確に言えば、北朝鮮側の幹部1人だけが列席していたので合計3人だったそうです。意思疎通には日本語も使われたという情報もあります」(同・記者)

 後に金丸の次男が取材に応じ、父から聞いた経緯の一部を明かしている。だが、密談の内容までは伝えなかったようだ。

「北朝鮮側もメモを取っていなかったらしいという推測もあるほどで、日朝両国に公的な記録は全く残っていない可能性もあります。いずれにしても、2人が何を話し合ったのか、現在に至るまで詳細は分かっていません」(同・記者)


■金丸訪朝団の“暴走”


 金日成と密談するほどの信頼関係を構築したとも言える。実際、金丸訪朝団によって、与党・自民党と北朝鮮との間にパイプが生まれたと評価する関係者もいる。

 だが、拳銃を使ったテロ行為は言語道断だとしても、右翼団体の批判も決して的外れではなかった。

 何しろ共同宣言の内容を把握した外務省も、金丸訪朝団の“暴走”に慌てたようなのだ。

 共同宣言が調印されたのは1990年9月28日。読売新聞は翌29日、「日朝三党共同宣言の『戦後の償い』には応じられぬ/外務省筋言明」の記事を朝刊に掲載した。

「記事では《外務省筋》が『植民地時代の償いは当然だが、戦後の償いには応じられない』とコメントしています。外務省が読売新聞に記事を書かせ、金丸さんを牽制したのでしょう」(同・記者)

 そして金丸訪朝団の余波が覚めやらぬ91年12月、金日成は文鮮明とも会談し、日韓の関係者を驚かせた。

「統一教会は共産主義の打倒を重要な目標に掲げています。ところが、“国際勝共連合”を創設した文鮮明が、共産主義国家である北朝鮮を訪問。金日成との3時間に及ぶ会談を経て、統一教会による経済協力を約束したのです。日韓の関係者が驚いたのは当然でしょう」(同・記者)

 狙撃事件が起きたのは翌92年3月。そして4月、金丸は都内で文鮮明と会談を持った。これが実は大問題だったのだ。


■金丸の圧力


 文鮮明は3月26日に来日したが、本来なら入国は許可されない。この問題をいち早く詳報したのが週刊新潮だった。

 同誌4月9日号に掲載された「文鮮明来日を画策した『金丸』の深謀遠慮」から、一部を紹介しよう。

 記事の冒頭、法務省関係者が《「実は、文氏の入国許可を巡って、法務省と自民党議員の間でゴタゴタがあったんですよ」》と明かす。

《「文氏はアメリカで脱税の罪に問われ、1982年に懲役1年6カ月の有罪判決を受け、服役もしており、入管法の規定では上陸を許可されていない人物なんですよ。それに、79年に入国申請が出された時にも、統一教会の霊感商法や合同結婚式の問題があって不許可になっている。ところが、今回だけ法務大臣の特別許可がいとも簡単に降りたのは、裏で自民党議員の強い圧力があったためなんです」》

 文鮮明を招いたのは、自民党議員の有志が結成した「北東アジアの平和を考える国会議員の会」というグループ。週刊新潮は、そのバックに金丸がいるとする関係者の指摘を紹介している。

《「法務省に圧力をかけたのも彼だし、今回の文鮮明来日の本当の目的も、金丸さんとの秘密会談にあるんだ。北朝鮮の問題について、今後、手を組んでやっていく相談のために金丸さんが呼んだんだよ」》


■岸信介の機密文書


 訪朝をきっかけに、金丸は北朝鮮に融和的な考えを持つようになったとの指摘も根強い。記事によると、文鮮明も似たようなものだったという。

《「徹底した反共主義者である文氏が、金主席と抱きあって現れたのですから驚きましたよ。文氏は祖国訪問の名目で訪朝したのですが、至れり尽くせりの大歓迎を受けたところなど、金丸訪朝の折とそっくりでした。それ以来、文氏は一転して南北統一と米朝関係改善の仲介役となって動いているんです」(コリア・ウオッチャー)》

 ちなみに、自民党の大物議員が文鮮明のために尽力したのは、これが初めてではない。

 デイリー新潮は今年7月29日、「『文尊師は誠実な男』 岸信介が統一教会トップを称賛した“異様”な機密文書」の記事を配信した。

 週刊新潮7月28日号の特集記事を再構成したものだが、安倍の祖父である岸信介(1896〜1987)が、米大統領を務めていたロナルド・レーガン(1911〜2004)に、文鮮明の“釈放”を要請したという驚愕の事実が書かれている。

 ジャーナリストの徳本栄一郎が5年前に発掘した、貴重な資料だという。


■自民党の厚遇


「岸さんがレーガン大統領に宛てた書簡は、時候の挨拶など前置きを経た上で、《大統領、今日は、貴殿にお願いがございます》と本題に入ります。岸さんは、文鮮明氏が《不当にも拘禁されています》と主張。《解放されるよう、お願いしたいと思います》と、堂々と“釈放”を求めていたのです」(同・記者)

 書簡で岸は、文鮮明を絶賛する。《文尊師は、誠実な男》、《彼の存在は、現在、そして将来にわたって、希少かつ貴重》──といった具合だ。

 週刊新潮の取材によると、元首相からの書簡をアメリカ側も無視するわけにはいかなかったようだ。岸に返事を出したが、それは機密解除されていないという。

 結局、「さすがに釈放は難しい」とアメリカ政府は判断したらしい。即座の釈放は叶わず、文鮮明が出所したのは翌年のことだった。

「いずれにしても、文氏が収監されれば岸さんが釈放を求めて書簡を送る。日本への入国が不可能だとなると金丸さんが法務省に圧力をかける、という具合です。どれほど自民党が文氏を“厚遇”していたか、これだけでも充分すぎるほど明らかです」(同・記者)


■文鮮明の歓迎晩餐会


 金丸の圧力で許可が下り、92年3月26日、文鮮明は日本に特別入国を果たした。言ってみれば“超法規的措置”なのだから、大人しく行動するかと思いきや、実際は違った。

 日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」は2001年1月、「『霊感商法』の統一協会教祖/文鮮明が来日工作/ビザ申請『言論人会議』口実に」の記事を掲載した。この記事では来日中の文鮮明がどのような行動を取っていたのか、詳細に伝えている。

 先述のように、文鮮明が来日したのは自民党の議員グループが招いたからだ。赤旗によると、入国理由も「議員の会との懇談」だったという。ところが、日本滞在中の文鮮明は、こうした“約束”を反故にしてしまう。

《入国後は各地の統一協会信者集会に出席し、ハッピーワールドなど霊感商法企業も訪問。「事前に提出した予定表にない行動」(法務省担当者)を許し、「政府みずから統一協会や霊感商法にテコ入れをした」との強い批判を浴びました》

 とはいえ、自民党の国会議員と精力的に会合を持ったのも事実だ。3月29日には、元首相の中曽根康弘(1918〜2019)と会談。30日には「北東アジアの平和を考える国会議員の会」主催の歓迎晩餐会が開かれ、文鮮明は議員を前に講演を行った。


■圧力を認めた金丸


 まるで国賓のようなスケジュールだが、最終日の31日、文鮮明は金丸と会った。朝日新聞は4月1日、「金丸氏と統一教会の文教主が会談」の記事を朝刊に掲載した。

《自民党の金丸信副総裁は31日、来日中の世界基督教統一神霊協会(統一教会)の文鮮明教主と都内で約2時間会談。双方の希望で実現》

 4月1日午前、文鮮明は大韓航空で日本を発ち、韓国に向かった。だが、話はまだ終わらない。

 朝日新聞は4月18日、金丸の独占インタビューを朝刊に掲載した。この記事で金丸は、法務省に圧力をかけたことを認めたのだ。「金丸自民党副総裁インタビュー<要旨>」から該当部分を見てみよう。

《さきに来日した世界基督教統一神霊協会の文鮮明教主とはどんな話を》との質問に、金丸は以下のように答えた。

《教主は北朝鮮を訪れ、金日成主席と会っている。日本に入国できないというので、私が便宜を図ってもらえるように法務省にかけあった。反共主義で知られる文氏がなぜ、南北朝鮮の橋渡しに動くようになったか、北朝鮮とのかかわりなどについて話を聞いた》

 余裕綽々で《法務省にかけあった》と答えるあたり、まさに“政界のドン”という印象だ。しかしながら、金丸の政治生命は、この時が頂点だっただろう。その後は転落の一途をたどっていく。


■金丸の死去


 インタビュー記事が掲載されてから4カ月後の8月、東京佐川急便から金丸に対する5億円の闇献金、いわゆる東京佐川急便事件が発覚した。

 政治資金規正法違反を認める上申書を提出し、9月に罰金20万円の略式命令が出たことで幕引きを図った。だが、明るみになった巨額の蓄財や刑罰の軽さを世論は許さず、金丸は10月に議員辞職せざるを得なくなる。

 当時も全国霊感商法対策弁護士連絡会(全国弁連)の元には、統一教会による霊感商法の被害相談が殺到していた。91年だけで約1800件、被害額は約92億円だったという。

 こんな大問題を引き起こしている宗教団体に便宜を図ろうと、政治家が法務省に圧力をかけたとなれば大問題だ──全国弁連は金丸に公開質問状を送り回答を求め、衆参両院議長に国会での証人喚問を請求したが、いずれも実現しなかった。

 ただし、収穫もあった。法務省は公式に金丸の働きかけを認め、自民党の国会議員6人からも特別入国を求める要請状が出されていたことを明らかにした。

 1996年3月28日、金丸は脳梗塞で死去した。なぜ文鮮明と密接な関係を持ったのか、朝日新聞社のインタビューには応じたものの、全容を明らかにしたとは言いがたい。秘密を墓まで持っていったことになる。


■旧田中派の意外性


 ベテランの政治記者は、「戦後の政治史を考える上でも、金丸さんが文鮮明と深い関係を結んでいたという事実は、非常に重要だと思います」と指摘する。

「少なくとも現時点で、統一教会と密接な関係を持っていた自民党の国会議員は、清和政策研究会=安倍派に集中しています。例えば、国際勝共連合の創設に岸信介さんが深く関わり、それは福田赳夫さん(1905〜1995)、そして亡くなった安倍さんにも引き継がれました。ところが金丸さんは、清和研の国会議員ではありません」

 金丸の“ホームグラウンド”は、田中角栄(1918〜1993)が創設した「七日会」(のちの「木曜クラブ」)だ。しかし1985年、竹下登(1924〜2000)と共に反旗を翻し、勉強会「創政会」を結成する。

 竹下派の結成を意図しているのは明らかで、田中は阻止しようとした。だが田中は脳梗塞を発症し、政治生命の危機を迎える。

 これで竹下の“クーデター”は成功し、87年に経世会=竹下派が誕生した。その後の平成研究会で、現在のトップは自民党幹事長の茂木敏充(66)だ。


■汚染は自民党全体?


「旧田中・竹下派の流れを組む平成研の国会議員は、統一教会とは距離を置いているイメージがあります。親台湾の清和研と違い、平成研は中国本土を重視する傾向があります。共産主義を敵視する清和研はタカ派ですが、旧田中・竹下派はハト派で知られていました。ところが、金丸さんも文鮮明と関係を持っていたとなると、自民党全体が統一教会に汚染されていたと言ってもよいのではないでしょうか」(同・政治記者)

 8月2日、幹事長の茂木は記者会見で、自民党と統一教会は「一切の関係を持っていないことが確認できた」とし、調査の必要性を否定した。世論が反発するのも当然だろう。

註1:現在の名称は「世界平和統一家庭連合」だが、本稿では「統一教会」とした。

註2:本稿の引用文は、漢数字を洋数字に改めるなどデイリー新潮の表記法に従った。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)