統一教会シンパが衝撃の告白 「木原官房副長官の選挙支援を呼びかけ、そこには信者も」

木原誠二官房副長官に統一教会が選挙支援か 教会シンパが声かけをしたと告白

記事まとめ

  • 木原誠二官房副長官が統一教会関連団体のシンポジウムに出席したことがあると判明した
  • この時の窓口役が統一教会の関係者らしく、地元の教団票を取りまとめているという
  • この窓口役は統一教会のシンパで、「選挙に行こうな」という声かけはするらしい

統一教会シンパが衝撃の告白 「木原官房副長官の選挙支援を呼びかけ、そこには信者も」

“汚染”されていた木原官房副長官

 事態は収束どころか、さらなる混迷へと向かっている。遅ればせながら自民党が発表した統一教会に関する調査結果を“点検”すると浮かび上がるのは、責任逃れのための「カラクリ」と「うそ」。

 ***

〈国際情勢の新展開と日本の安全保障〉

 そう題されたシンポジウムが都内で開かれたのは2016年12月18日のことだった。

 師走でありながら秋のような陽気に恵まれたこの日、会場では4名のパネリストが登壇した。そこには元新聞記者、元海上幕僚長らに交じり、いまや官邸で権勢を振るう岸田文雄首相の最側近の姿があった。日本の将来を憂える者たちにより行われたかのように見えるこのシンポジウムを手掛けたのは、統一教会と太いパイプを持つ男性と教団の関連団体。しかし、いまに至るまでその事実は明るみに出ることはなかった――。

「俺は忙しいんだ!」

 安倍晋三元総理が射殺されて2カ月が経った今月8日、自民党は統一教会と国会議員の関係についてのアンケート結果を公表した。直前に度々目撃されていたのは、責任者たる茂木敏充幹事長が記者らにそう吐き捨てる姿だ。

問題のシンポジウム

■「調査ではなく点検」と威圧


 その約2週間前には、自民党議員に対し、教団との関係についての調査票を送付している。質問は全部で8項目あり、統一教会や関連団体の会合への祝電送付や出席、選挙でのボランティア支援などを問う内容だった。

「今月2日に締め切られ、結果のとりまとめは党職員のほか、議員では茂木さんが先頭に立って行っていました。そのため、8日に公表するまでイライラを募らせていたんです」(政治部デスク)

 この間、記者らには「調査ではなく点検だ」と威圧する一方で、「どの党よりも細かい報告を受けている」などと胸を張る姿がテレビで映し出されていた。

 自民党所属の国会議員379人のうち179人が過去に統一教会と関係があったことを明らかにしたこの調査。茂木幹事長の自信とは裏腹に、議員からの回答はあいまいなものも多く、集約する作業は難航を極めた。一時は公表延期もささやかれ、6日、党本部で開かれた総務会ではこんな一幕もあった。

「その場に出席していた茂木さんが“できるだけ今週中に公表する”と発言したんです。これに党の重鎮議員がかみつき、“できるだけというのはおかしい。延期したら国民の失望を買ってしまう”と一喝しました。茂木さんは慌てて“必ず今週中に公表します”と訂正していました」(同)

山際大志郎氏

■「内容は極めて不十分」


 しかし、公表結果はとても世論を納得させられる代物とは言い難かった。

「結果を見ると内容は極めて不十分です」

 と語るのは、全国霊感商法対策弁護士連絡会代表世話人の山口広弁護士。

「メディアなどで報道されている通り、関係性が明らかになっている議員でも名前が出ていない人が多くいます。例えば、細田博之衆院議長が点検対象から外れているのは明らかにおかしい。今後、本当に教団との関係を断てるのか、非常に心配です」

ゴマカシで乗り切る安倍氏側近(生稲氏と萩生田氏)

■実名が公表されなかった麻生氏


 加えて、この調査にはその正当性を揺るがすほどの大きな疑惑がある。茂木氏の独断で結果を“調整”したことで、首相側近や党の重鎮らが優遇されたのではないか、とされているのだ。

 その一人として取沙汰されているのが、麻生太郎副総裁だ。今回、統一教会と関係があったとして実名が公表されたのは179人のうち121人だったが、その中に麻生氏の名前はなかった。

 しかし、本誌(「週刊新潮」)は9月15日号で、警視庁公安部が極秘裏に作成していた「議員名簿」と題される資料の中に麻生氏の名前が取り上げられていることを報じている。そこには麻生氏について、

〈勝共推進議員〉

 と記述されている。勝共推進議員とは国際勝共連合の理念に賛同する政治家のこと。その資料には麻生氏が平成11年2月18日、3月4日、13日に関連団体へ祝電を打ったことが記録されていた。さらに本誌が調査を進めると、新たな事実も明らかになった。統一教会の関連団体である国際勝共連合の機関紙「思想新聞」には麻生氏の名前が度々掲載されていたのだ。


■公表・非公表のライン


 例えば、1998年9月12日。福岡県内のホテルで開かれた統一教会の関連団体・世界平和連合福岡県連合会の福岡大会で麻生氏の祝電が披露されている。その前年にも同じ団体の大会に祝電を送っているほか、94年5月には、国際勝共連合の北九州市八幡支部が市内で開いた支部総会で麻生氏の秘書が来賓のあいさつを行ったことが紹介されている。

 これらから浮かび上がるのは、麻生氏が統一教会および関連団体と継続的に関係を結んでいた、という実態である。にもかかわらず、麻生氏の名前が党の調査結果にないのはなぜか。

「秘書の代理出席や祝電送付は公表の対象にしなかったからです」

 とは先のデスク。

「会合への出席やその会合であいさつをした議員と違い、祝電送付程度であれば、教団との関与の度合いは薄い、という判断です。しかし、問題なのはこうした基準が事前に議員の間で漏れ伝わっていたことでした」

 自民党関係者が継ぐ。

「8月末、茂木幹事長と副幹事長らが一堂に会した会議の席でこの“公表・非公表のライン”について話し合われていたそうです。そこでは、秘書の代理出席や祝電の送付については非公表の対象になるという話になり、出席した議員や派閥を通じて、伝わってきていた。そのためアンケートを提出した議員の中には、名前を出されないように、回答を祝電のみに絞った議員もいたのです」


■「隠蔽しているととられかねない」


 麻生事務所は、

「秘書が退職したり、亡くなっている。記憶も記録もございません」

 この点、統一教会問題に詳しいジャーナリストの鈴木エイト氏は手厳しい。

「公表しなかった議員の中にむしろ教団と関係が深かったり、政権の中枢にいる議員が含まれるかもしれません。麻生さんは祝電を送っていることがすでに明らかになっているのに、名前を出さないのであれば、岸田さんと茂木さんが麻生さんと統一教会の関係を隠蔽(いんぺい)しているととられかねません」

 茂木幹事長はポスト岸田の座を狙う身。その際、安倍元総理亡き後、今や自民党の最高実力者で、麻生派の領袖である麻生氏の支援は必須だ。氏の名前が出ないようにしたのは、それを得るための“ゴマすり”だったのか。

 公表の対象となる関連団体の会合への出席やあいさつ、講演の有無も、自己申告であるがゆえ“実態”を反映しているものとは到底言えない。


■シンポジウムに登壇した木原官房副長官


 その筆頭格が、最初に触れた宰相の最側近。岸田総理誕生の立役者であり、懐刀として知られる木原誠二官房副長官(52)の例である。

 木原氏と統一教会との関係について、松野博一官房長官が会見で“木原氏の地元秘書が関係団体の会合に出席した”旨を明らかにしているものの、今回の調査では名前が記されていなかった。

 しかし、首相最側近がひた隠しにしていたのは、統一教会関連の会合に出席していた過去だ。冒頭で紹介したのがその場面である。

 東京都府中市で開かれたシンポジウムの主催となっているのは、「アジアと日本の平和と安全を守る東京都フォーラム」。後援は産経新聞多摩支局、そして西東京平和大使協議会とある。平和大使協議会は統一教会の関連団体で、天宙平和連合の付設機関である。

 主催となっている団体も同じく教団の関連機関だ。この団体の上部団体と見られるのが「アジアと日本の平和と安全を守る全国フォーラム」で、所在地は東京都新宿区内の統一教会が所有するビルなのである。

 出席者が言う。

「その日、木原さんはあいさつや講演はしていたと記憶しています。同じくパネリストだったのは海上幕僚長だった人物で、読売新聞の元アジア総局長も登壇していました」


■「記憶にないなあ」


 議題は集団的自衛権だったという。参加していたかどうかについて、当の木原氏は、

「記憶にないなあ」

 そう惚(とぼ)けるので、こちらからシンポジウムの概要を説明すると、

「確かにパネリストとして出たね。いまお話を聞いて思い出したけど、まったく(統一教会関連という)認識がなかった。事務所に出てほしいという依頼があって。そのパネリストのメンバーを私が確認して、まあいいんじゃないか、と。内容も適切なので出席した、ということです」

 しかし、問題はこれにとどまらない。このシンポジウムで木原事務所との窓口役を務めた男性が統一教会の関係者と見られているのだ。

 永田町関係者が言う。

「木原さんは初当選から統一教会の支援を受けているといわれています。このシンポジウムに限らず、何度も関連団体の会合に出席しており、手引きをしているのが木原さんの選挙区に住むこの男性で、信者ともいわれている。彼が地元の教団票を取りまとめているのです」


■仲間に統一教会


 つまり、木原氏は統一教会から選挙支援を受けていることになる。無論、党の調査における選挙支援の項でも、木原氏の名前は記載されていない。事実かどうか、その男性に質した。

「(シンポジウムは)アジアと日本の安全保障の会ということで活動していて、国際勝共連合や家庭連合(統一教会)とはまったく別でやっています。信者だけではなく、広い範囲でいろんな人が入っていると私は認識しています。当時のシンポジウムでは、木原さんが外交関係をやっておられるので受けていただいた、という感じです」

 選挙支援に関しては、

「支援というか、選挙区内に住んでいますから、個人的に応援しています。私は友人が多いので、家庭連合のシンパかもしれませんけど、(信者とか)そういうアレではありません。仲間に“選挙に行こうな”“応援しよう”という声かけはします。その仲間には確かに家庭連合の人もいます」


■「外部からの指摘により思い出すことができた」


 再び木原氏の談。

「(その男性と)シンポジウムのやり取りはしていませんし、私の知るところでは統一教会の信者ではないと認識しています」

――ご自身の選挙でその男性が声をかけている中には信者もいる。

「それは全然知らない。私にはどうにもならないことですよ、申し訳ないけど」

 この取材の直後、今月12日深夜に木原氏はこの関連団体のシンポジウムへの参加と、党の調査で申告していなかったことを自ら発表している。概要を記した紙を官邸記者に配る妙な丁寧さで、「外部からの指摘により思い出すことができた」とした。この「外部からの指摘」とは本誌の取材のことを指す。教団との関係を隠そうとしながら、それが露見しそうになると、隠蔽ではないと子飼いの記者たちに報じさせる。官邸の要職に就くものとは思えぬ姑息さだ。


■虚偽の報告を行った山際大臣


 実は選挙支援に関しては、他の現職大臣も虚偽の報告を行っている。

 秘書の中に信者がいるという疑惑と、その秘書へ高額家賃を支払っていた問題を本誌に取り上げられた山際大志郎経済再生相である。

「山際さんは統一教会の関連団体の会合に出席し、あいさつ、講演した、という項目で名前が明示されました。しかし、選挙支援に関しては名前が記されていません」(先の政治部デスク)

 だが、山際大臣の古くからの支援者はこう証言する。

「事務所には統一教会の関連団体である世界平和連合の関係者が複数出入りしていて、彼らが選挙区内の信者を集めている。その信者に選挙期間もビラ配りなどをさせていました。中には秘書でもないのに選挙活動をバリバリ手伝う信者がいて、ボランティアの人が不審がっていた。その人は安倍さんの銃撃事件の後、姿を見せなくなりました」

 山際事務所に問うと、

「当該団体や関係者から組織的に選挙活動の支援を受けたり、依頼したりしたことはありません」

 ご自身の手で真相を明らかにしようという気はさらさらないようだ。


■取材へのウソが白日の下に


 先の参院選直前に、立候補していた生稲晃子氏を伴って統一教会の関連施設に訪問していたことを本誌が報じた萩生田光一政調会長の場合、逆に、調査結果により、うそがバレてしまったケースである。

 取材時、萩生田氏は本誌の取材にこう答えていた。

「ご質問の団体(注・統一教会)に選挙戦のお手伝いをしていただいた事実はありません」

 だが、今回の調査結果では「選挙におけるボランティア支援」があったという議員の中にその名が見られた。つまり、本誌の取材には「うそ」をついていた事実が白日の下にさらされたのだ。

 萩生田事務所はこう回答した。

「世界平和女性連合が開いた国政報告会に出席した際、先方から会場設営の手伝いを受けたため、『選挙におけるボランティア支援』の項目に回答しました」


■「やるも地獄、やめるも地獄」


 なぜ、かくも自民党調査はデタラメなのか。

「茂木さんは調査の結果を矮小化しようとしていた形跡があるんです」

 そう解説するのは、前出の自民党関係者。

「茂木さんはアンケート結果に疑問がある場合は直接議員に電話をかけ、確認をするという作業を行っていました。例えば、会合への参加回数があいまいだった時は“何回なのか”と茂木さんが尋ね、なるべく少ない回数に調整しようとするんです」

 さらに選挙支援に関しては、実際に「有」と答えていた事務所が非公表となっていたケースがあった。

「選挙支援は“事前に統一教会の支援と知っていたか”が裏の基準になっていた。つまり、事務所が“支援はあったが、統一教会とは知らなかった”と答えれば、非公表となりました」(同)

 そうした「小細工」の数々が、調査結果の「うそ」を生み出したのだった。

 欺瞞に満ちた自民党調査が今後の大きな火種になることは間違いあるまい。さらに、支持率急落を招く原因となった「国葬」が9月27日に待ち構えている。

 官邸関係者によれば、

「国葬への批判は岸田さんにとっては完全に誤算でした。実は安倍さんが亡くなった直後、麻生さんは周囲に“岸田に電話した。国葬にした方がいいってな”と話していた。保守派に配慮しろという意味ですが、岸田さんはそのアドバイスを真に受けて、国葬にすることを決めたのです」

 政治アナリストの伊藤惇夫氏は、

「国葬はやるも地獄、やめるも地獄です」

 と断じる。

「国葬への反対が国民の間で高まる中、やめれば閣議決定をひっくり返すことになり、政権がつぶれてもおかしくない事態に陥ります。世論を読まずに自民党の内側ばかり見ていたツケが岸田さんに回ってきているのでしょう」(同)


■麻生氏の思惑は


 無論、キングメーカー然として居座る麻生氏にも誤算だった。麻生派関係者は、

「麻生さんは国葬を経て、支持率が安定すれば、早期解散を進言する肚(はら)でした」

 これには麻生氏自身の事情もあった。側近の松本純前衆院議員の問題だ。現在は麻生氏の手引きで副総裁特別補佐の任に就くが、

「昨年、緊急事態宣言中に銀座で飲み歩いていた一件を週刊新潮に報じられ、離党し、衆院選で落選しました。松本さんはその後、復党するも来年春、比例に重複立候補できなくなる73歳の定年を迎えます。すると、次の選挙は小選挙区で勝たなくてはならず、再選の確率がぐっと下がる。可能ならば、親分の麻生さんは、その前での選挙を狙っているのです」(同)

 だが、この国葬騒動で支持率はガタ落ち。とても選挙どころではない。

 主体性なきリーダーを裏で操る木原、麻生、茂木。不都合な事実を隠蔽し、我欲を押し通そうとする参謀たちは、自分たちの手で政権を瓦解へと導いてはいまいか。

「週刊新潮」2022年9月22日号 掲載

関連記事(外部サイト)