「蓮舫」「辻元」「小川」にフラれて多難な船出 内閣支持率急落でも「立民」に復活の兆しなし

「蓮舫」「辻元」「小川」にフラれて多難な船出 内閣支持率急落でも「立民」に復活の兆しなし

泉代表を支える新執行部には「先祖返り」「昔の名前」の声

「“党が危機だ”っていう人に、いざ仕事を頼んでみると肩透かしを食らう」

 周囲にそう嘆くのは、立憲民主党の泉健太代表(48)だ。7月の参院選での惨敗を受けて、8月末に新執行部の発足を宣言。が、そこには岡田克也幹事長(69)をはじめ、安住淳国対委員長(60)、長妻昭政調会長(62)ら重鎮がズラリ。「野党としての普通の攻撃力を取り戻した」(立民閣僚経験者)との声から「まるで“昔の名前で出ています”だ」(自民党幹部)といった揶揄も。こうなった最大の理由は、泉氏が岡田幹事長と練り上げた人事構想が、ことごとく暗礁に乗り上げたからだ。【政治ジャーナリスト/青山和弘】(「週刊新潮」2022年9月22日号に掲載した記事を加筆・再構成しています)


■「そんなに泉が嫌いなのか」


「泉代表は当初、蓮舫さん(54)に代表代行への就任を打診した。圧倒的な知名度と攻撃力に期待したようだが、彼女は参院選の直後から執行部の刷新を訴えていたからね。当然のように固辞した」

 とは立憲の中堅議員。関係者によると岡田幹事長は首を縦に振らない蓮舫氏に「そんなに泉が嫌いなのか」と問いただしたという。

「6年前の参院選でトップ当選だった蓮舫さんも、今回得票を45万票も減らして4位。彼女は泉代表の路線が間違っていたせいだと思っている。表舞台に立つ泉代表の陰に隠れる、地味な代表代行に収まるわけがないでしょう」(先の中堅議員)

 立民内にはいまも参院選の敗因は、泉代表が対決路線から提案路線へと舵を切り、共産党との共闘を見直して中道保守路線に寄ったためだと考える議員が少なくない。

 さらに泉代表の受難は続く。参院議員として国政復帰を果たした、辻元清美氏(62)への役員室長就任の要請も断られた。

「役員室長の主な仕事は代表の相談相手やマスコミ相手の情報収集で、発信力に定評があり人脈も広い辻元さんは適役と思われました。しかし彼女は、蓮舫さんと同じかそれ以上に泉路線に懐疑的。決断は早かったそうです。泉代表には彼女を近くにおいて、自身への批判を封じ込めようとの目算もあったはずですが……」(前出中堅議員)


■「ササーッとどこかに行っちゃう」


 かくして前執行部では半分を占めた女性議員の登用や当初目指した挙党体制の構築は頓挫した。そして泉代表が最も苦々しく思っていたのが、執行部内の足並みの乱れだった。別の立民議員が語る。

「泉代表は、執行部にいながら早々に参院選敗北の責任論と執行部の刷新を訴えていた小川淳也・前政調会長(51)を、幹事長代理として残そうと考えた。小川さんは執行部から退く意向を示していましたが、青臭く理想を語る発信力と党内外での根強い人気は他では得難いと考えたのでしょう」

 だが小川氏は「一兵卒として支えたい」と要請を固辞し、目論見はあっさりと潰えた。その後、泉代表は周辺に不愉快そうにこう話したという。

「党幹部としての責任を全然背負わないで、ササーッっとどこかに行っちゃう。何でかっこよく振舞っちゃうんだろう」

 小川氏に真意を尋ねると、次のように語気を強めた。

「自分にまったく疚しさはないので、何を言われても結構。私利私欲で動くほど器用でもないし、格好つけたいとかでこんなことやれますか。党内融和を重視して、(参院選敗北の)責任感覚を曖昧にするようでは、国民はおろか、党内の信も得ることはできないですよ。政調会長として、自民党が放置してきた人口減や財政赤字などの構造問題にアプローチできなかったことは責任を感じています」


■「やるなら最後まで馬鹿でしょ」


 かくして党の要職を離れた小川氏。今回の動きに対しては、あるベテラン議員が「独断専行で、スタンドプレーが過ぎる」と話すなど党内に批判がある。その一方で映画「なぜ君は総理大臣になれないのか」で知られる注目度の高さと、その実直さなどから「党を担う逸材だ」という評価も少なくない。そんな小川氏が蓮舫氏、辻元氏らと共に立憲の「非主流派」となったわけだ。小川氏はこれからどうしていくつもりなのか。

「仲間づくりは一つ大きな課題だと思っています。ただ一番大事なことは、私の動きに批判的な人に理解して頂くためにもちゃんと一兵卒をやり切ることだと思っているんです。地に足をつけて一兵卒をやっていると」

 しかし、民主主義で自らの考えを実現するには、賛同する仲間を増やし、多数を取る状況を作らなければならない。いつまでも一兵卒では何もできないのではないかと問うと、「自分は孤高の一匹狼みたいなところがある」と前置きして、小川氏は語り始めた。

「構造問題に取り組んで持続可能な社会を次世代に残さなきゃいけないし、国民と政治家との関係性や政治文化を改革したい。ただそれは野心や上昇志向に満ちた人にできるはずがない気もするし、そもそも私は群れたり、戯れたりというのは得意でも好きでもないんです。従来型の(多数派)工作も必要なんでしょうが、国民も今まで見たことないようなリーダーが欲しいなら、今までと同じ資質を求めるべきではないかも知れませんよね。これまで理想論でやってきて馬鹿とか狂人とか言われ続けてきているので、やるなら最後まで馬鹿でしょ」

 田中角栄元総理はかつて「政治は数」と喝破し、強力な田中軍団を率いたが、小川氏はそうした政治を「従来型」として、政治文化の改革を訴える。ただ現実問題としてどのようにその理想の実現にこぎつけるのか。一兵卒からスタートする道筋は遠く、五里霧中だ。

 そして政治は動き続けている。岸田政権が危機的状況に陥り、野党の存在価値がかつてないほど問われている今、求心力の低下が明らかな立憲民主党がしっかり責任を果たせるのか。そして小川氏が必要とされる局面は訪れるのだろうか――。

青山和弘(あおやま・かずひろ)
政治ジャーナリスト 星槎大学非常勤講師 1968年、千葉県生まれ。元日本テレビ政治部次長兼解説委員。92年に日本テレビに入社し、野党キャップ、自民党キャップを歴任した後、ワシントン支局長や国会官邸キャップを務める。与野党を問わない幅広い人脈と、わかりやすい解説には定評がある。昨年9月に独立し、メディア出演や講演など精力的に活動している。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)