議員辞職の「田畑代議士」 性犯罪で告訴も「書類送検」が関の山という警察捜査の腰砕け

 性犯罪で刑事告訴されるや、説明責任も果たさずに雲隠れ。議員辞職にあたっても何の釈明もなかった田畑毅代議士(46)だが、官邸はこの「魔の3回生」の起訴はおろか、議員辞職すら避けたかったようだ。それを警察が「忖度」したことで捜査にも暗雲が垂れ込めて――。

 ***

 まずは、週刊新潮2月28日号にて詳報した彼の破廉恥極まりない行状についておさらいしてみよう。

 元日銀マンの田畑代議士は2012年に自民党から初出馬。比例東京で2度の当選を果たし、一昨年の総選挙では愛知2区に国替えして比例で復活当選した。いわゆる「魔の3回生」のひとりで、バツありの独身だ。

 そんな彼が昨夏、SNSを通じて知り合い、交際を始めたのが名古屋市在住の20代会社員・中村清美さん(仮名)だった。だが、昨年のクリスマスイブに「事件」が起きる。彼と食事を共にし、酔いつぶれた彼女が自宅で目を覚ますと全裸に毛布をかけられた状態。その後、些細なことで口論となり、中村さんが彼のスマホを見たところ、

「画像フォルダには大量の盗撮動画が入っていました。そこには当日の“行為”の様子を舐めまわすように撮影した動画もあり、後に病院で検査したところ、私が気付かないうちに彼が避妊もせずにレイプに及んだことも分かりました。しかも、私との過去の性行為を盗撮した動画ばかりか、別の女性との行為の動画まで保存されていたんです」(中村さん)

 彼女はその場で110番通報し、被害届を提出。さらに、2月6日には〈準強制性交等罪〉で愛知県警に告訴状を提出し、その日のうちに受理されている。

 性欲の赴くままに女性を貶めた彼のふるまいは、決して国政を担う選良に相応しいとは言えまい。

 元東京地検特捜部副部長の若狭勝氏もこう断じる。

「今回の一件は交際女性による告訴であり、現場は密室です。さらに、相手が不逮捕特権のある国会議員となれば警察もそう易々とは動けない。にもかかわらず“受理”したのは、疑いが強いことの証左です。性犯罪での刑事告訴が受理された時点で国会議員を辞職すべきだったと思います」

 ご承知の通り、田畑代議士は被害女性の告訴を受けて離党届を出し、自民党は週刊新潮2月28日号が発売された21日に了承。つづいて27日には議員辞職願を提出し、3月1日にこれが認められた。

 統一地方選と参院選を控えた「選挙イヤー」の幕開け早々、性犯罪で身内が刑事告訴されては、「女性活躍」を看板政策に掲げる安倍政権の面目も丸つぶれである。ところが、自民党幹部から「議員辞職」を求める声は一向に聞こえてこなかった。それどころか、刑事告訴を受理した愛知県警の捜査も、ここに来て雲行きが怪しくなってきたという。

■幹事長への「配慮」


 捜査関係者によれば、官邸は、すでに昨年末の段階で「事件」について把握していたようだ。

「今回の一件は“政治家案件”ということで、愛知県警は発生当初から警察庁に情報を上げていました。そして、田畑さんが刑事告訴された2月上旬以降、警察庁の中村格(いたる)官房長が頻繁に官邸を訪ねています」

 中村氏といえば、警視庁の刑事部長時代に、安倍総理ベッタリと言われた元TBS記者・山口敬之氏の準強姦容疑(当時)による逮捕状を握り潰した人物である。秘書官として仕えた菅官房長官からの覚えがめでたいことでも知られている。

 そんな中村氏が、刑事部長時代の官房長だった栗生俊一警察庁長官の意を受け、捜査の進捗を官邸にご注進していたことは想像に難くない。とはいえ――当初の官邸の反応について、先の関係者はこう解説する。

「この件に関する官邸側の動きはあくまでも情報収集止まり。少なくとも、捜査に口出しするような素振りは見受けられません。詳細な情報を得ているはずの菅官房長官も静観の構えを崩さない。週刊新潮が田畑さんの行状を明らかにした以上、ヘタに庇い立てすれば政権に飛び火しかねませんからね」(同)

 確かに、またぞろ性犯罪疑惑で政権の関与が取り沙汰されてはたまったものではなかっただろう。ただ、それならば離党ではなく除名処分を下したり、強く辞職を迫ってもよさそうなものだったが、

「そこは二階幹事長への“配慮”ですよ」

 とは政治部デスクである。

「二階派に所属していた田畑さんが議員辞職すると、岸田派の吉川赳(たける)さんが繰り上げ当選となる。しかし、吉川さんの地元・静岡5区は、二階派の特別会員となった細野豪志元環境相の選挙区でもあります。これまでは、“比例復活もできない候補なら差し替えもやむなし”という空気もありましたが、現職となればハナシは別です。現職を差し置いて新たな候補を擁立することは永田町の常識では考えられません」

 二階幹事長は「安倍3選」を支持しただけでなく、つい先日も「4選」を示唆したと報じられている。

 幹事長の顔を立てるためにも、起訴され、辞職に追い込まれては官邸としても困る状況だったということか。

 しかし、田畑代議士に突きつけられたのは、起訴されれば懲役5年以上の刑罰に問われる重い罪である。

 性犯罪被害に詳しい上谷さくら弁護士によれば、

「準強制性交等罪は抗拒不能な状態、つまり、薬や飲酒によって酩酊した状態を想定しています。計画的に酒を飲ませたわけではなく、結果的に被害者が酔いつぶれていた場合でも、性交についての合意がなければ成立します」

 被害女性の告白を聞く限り、本来なら起訴される可能性は十分に思える。


■書類送検が関の山


 一方、被害女性が交際相手だったことから、「痴話喧嘩に毛が生えたようなもの」と評した二階派の幹部もいたが、これは事件の「矮小化」に他ならない。

 たとえば、内閣府が公表した14年度の調査。性犯罪の被害者に加害者との関係を尋ねたところ、全体の28・2%を〈交際相手・元交際相手〉が占めた。「顔見知り」まで範囲を広げれば実に74・4%に及ぶ。つまり、圧倒的多数の性犯罪は見ず知らずの変質者による行きずりの蛮行ではなく、むしろ被害者の知人によって引き起こされているのだ。

 実際、東京高裁は07年に、妻を脅迫して姦淫した夫に強姦罪の有罪判決を下している。

 だが、性犯罪の厳罰化を推し進めた警察は、いまや官邸の顔色ばかりを窺い、あまつさえ、捜査の現場までもが「忖度」を余儀なくされていたという。愛知県警関係者が声を潜めて言う。

「この事件は本部長マターなので警察庁の意向は無視できません。告訴状こそ受理したものの、国会会期中ということもあり、準強制性交での逮捕は絶望的。在宅で書類送検するのが関の山ではないか。また、警察は書類送検する際、送致書に検察に対する“意見”を書き添えます。たとえば、起訴が相当と考えているケースでは“厳重な処分を願う”といった具合です。ただ、今回は“しかるべき処分を願う”になる公算が高いと囁かれている。これは、起訴は困難という警察の意思表示です」


■「田畑家の野望だ!」


 改めて田畑代議士の周辺を取材したところ、聞こえてくるのは政治家としての資質を疑わざるを得ないエピソードの数々だった。

 後援会関係者が嘆息する。

「普段の田畑は気が小さくて優柔不断。ポスターのデザインひとつ決められなかった。ただ、焼酎をロックでがぶ飲みすると途端に気が大きくなって、地元の市議のことを口汚く罵ることも。当然、地元の議員とソリが合わず秘書はハローワークや求人サイトで募集していました。また、事務所の共有アカウントを使って彼が覗いていたのはデリヘル業者や、五反田辺りのホテルのHPばかりでした」

 日銀時代の同僚はこんな発言を覚えていた。

「田畑は入行して数年目に早大時代からの恋人と結婚しています。奥さんは司法試験の勉強中で“彼女が弁護士になればダブルインカムでウハウハだ。そして、俺は日銀を辞めてビッグビジネスを手掛ける。それが田畑家の野望だ!”と熱く語っていました」

 どうしてこんなトホホな人物が赤絨毯を踏めたのか不思議でならない。

 ひとつだけ確かなのは、彼が引き際もわきまえずに血税で禄を食み続ける可能性があったということだ。

 議員辞職前、被害に遭った中村さんは改めて心情をこう吐露していた。

「田畑さんにはまず、人前に出てきて事件についてしっかり説明してほしい。その上で国会議員を辞めるべきだと思います。一部で私が“ハニートラップを仕掛けたんじゃないか?”と疑う声も耳にしましたが、お金が目的であればとっくに示談に応じているし、今回の件で私は誰からもお金をもらっていません。私は彼の行いが許せないだけ。警察にはしっかり捜査をしてもらい、厳正な処分を下してほしい」

 辞職には至ったものの、“説明”と“厳正な処分”という被害者の願いは、果たして叶う日が来るのだろうか。

「週刊新潮」2019年3月7日号 掲載

関連記事(外部サイト)