「火をつけてこい」発言の泉房穂・前明石市長 “出直し選挙”出馬で当選の可能性は?

「火をつけてこい」発言の泉房穂・前明石市長 “出直し選挙”出馬で当選の可能性は?

会見に臨んだ泉房穂氏(撮影・粟野仁雄)

■取材・文/粟野仁雄(ジャーナリスト)


 市職員への暴言で兵庫県明石市長を辞任し、それ以降、「潜んで」いた泉房穂氏(55)が、告示3日前の3月7日、自らの辞職に伴う明石市長選に立候補を発表した。同日夜に市民会館で開かれた支援者集会では大拍手で迎えられ、「決して許されない、明石の名前が不名誉な形で全国に報道され、払拭できないほど罪深いことをした」などと半泣きで頭を下げ、帰路につく人たち一人一人と笑顔で握手していた。


■女性らの署名が後押し


 その後、長時間の記者会見を開いた。「悩んだ末の」出馬については「3月3日に、5000人の署名を集めてくださった支援者に出馬要請をされた。壇上で立ち上がって受け取ることはできないほど泣いてしまいました」と、これが大きな後押しだったと明かし、「最終的には出馬に反対していた家族と協議した結果」とした。短期間に5000人の署名はすごい。

 2月1日の辞任会見後、姿を隠していたが、「明石を離れ一人で部屋にこもり、コンビニに行くのも変装した。(怒りの感情を制御する)アンガーマネジメントの本を読んだりしていた」と振り返った。

 投開票は3月17日。泉氏が当選すると、公職選挙法上の任期は残留期間のみとなるため、4月の統一地方選で、再度、市長選が行われる。明石市選挙管理委員会によると、3月の出直し選挙だけでも8000万円ほどかかるという。辞職せず統一地方選を待てば税金の無駄遣いにならないことを記者に問われると、泉氏は「市役所に抗議電話が殺到し、影響を出さないためには辞職しかないと思った」と答えた。

 とはいえ、泉氏の人気は高い。署名を集めていた子連れの女性は、「ふさほ」と書いた団扇を手に、「税金が余計にかかるけど、それでも泉さんに今の優しい政治を続けてほしい」と話していた。

 泉氏は市長時代、所得制限なしで中学生までの医療費の無料化や、第2子以降の保育料の無料化、元夫からの養育費が滞っている離婚女性に対する市による立て替えや、犯罪者から被害者へ払われていない賠償金も市が立て替えるなど、斬新な政策を次々と断行。他の自治体からも議員などが勉強に訪れるほどだった。そのため、地方都市の凋落にあっても、明石市は人口が増えている。

 立候補を発表した2日前の5日に出馬を求めた「全国犯罪被害者の会」(昨年6月に解散)の林良平・元代表幹事代行は「泉氏は国会議員時代、他の会派にも働きかけて犯罪被害者のために力を尽くしてくれた。そんな政治を継続してもらわなくては。(出馬の)約束を守ってくれた」と喜んだ。


■変わった風向き


 2017年6月14日、泉氏は用地買収に関わる担当職員を市長室に呼び、ヤクザ顔負けの暴言を吐いた。JR明石駅と山陽明石駅南側の再開発事業の関連で放置されていた変則交差点の改良のため、市は道路を拡幅する方針を打ち出していた。しかし、所有者が買収に応じないビルが残っていた。交渉が進捗していないことを知るや、「7年間、何しとってん、ふざけんな、なんもしてないやないか、7年間。(事業が始まった)平成22年から何してんねん、7年間。お金の提示もせんと。(中略)アホちゃうか、ほんまに」と叱責。職員が「すみません」と謝ると、さらに激高する。「立ち退きさせてこい、お前らで。今日、火つけてこい。今日、火つけて捕まってこい」「行って壊してこい建物。損害賠償は個人で負え。当たり前じゃ」などと一方的にまくし立てた。

 今年1月29日、この音声がメディアに大々的に公表され騒動となった泉市長は、2月1日、市議会に辞表を提出して辞任した。「いかなる理由があっても、今回の自分の行為が許される行為になるわけではなく、結論は変わらない」「怒りをコントロールできず、苦手分野を放置して部下を叱責するリーダーは、リーダーとしてふさわしくない」「苦手な道路行政を放置した責任は自分にあり、現場の職員が悪いのではなく市長がちゃんとやってこなかった」などと反省の弁を述べた。福祉政策などは高く評価されており、女性の放送記者から「『辞職の必要はない』という市民の声もある」と向けられると涙を浮かべた。

 だが、すぐに風向きが変わる。当初、断片的だった音声報道に世論は批判の嵐となったが、その後、「市民の安全のためやろ(交差点では以前、死亡事故が起きていた)」「私が行って頭下げて土下座でもしますわ」など暴言後の泉市長の音声が紹介されると、批判は半減し、逆に「職員が怠慢すぎる」などの批判が増え、市長擁護の声や出馬要請が強まる。職員批判に慌てた泉氏は「職員が職務を怠っていたという報道もあるが、職員は今もしっかりと仕事をしており、私の責任である」と盛んに訴えた。

 再出馬を要請する署名者らの集会では、ボロボロ泣く姿が報じられた。「人間味がある」「短腹(たんぱら)やけど純粋な人や」など同情論が強まる。

 滑稽に見える泉氏だが、人もうらやむエリート経歴。明石市の漁師の家に生まれた泉氏は、県立明石西高校から東大教育学部へ進学し、NHKに入局してディレクターも務めた。NHKを退職後は、石井紘基(故人)・衆議院議員の秘書を経て、司法試験に合格。人権派弁護士として活動するうち、03年に旧民主党に請われて衆院選に兵庫県第2区から出馬。選挙区では敗れたが、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活当選した。衆議院議員を一期務めたが、自民党が巻き返した05年は落選。11年に明石市長に立候補し当選し、二期を務めていた。


■選挙は接戦


 さて、注目の市長選挙。「年配者は北口支持、若い人は泉支持が多いですが、反作用の擁護論が盛り上がっている泉氏が勝つでしょう」(地元テレビ局記者)という声も強いが、油断は禁物だ。強敵は前明石市長で兵庫県議の北口寛人氏(53)。候補予定は当初、泉氏、北口氏の他、共産党の新町美千代氏(71)、無所属の中川暢三(63)の4人だったが、中川氏が「票が分散し泉候補を利してしまう」と降り、事実上は北口氏との一騎打ちだ。

 明石市二見町出身の北口氏は慶応大学を卒業。三菱重工業に就職するも、99年に引退する父親の跡を継ぎ兵庫県議会議員選挙に立候補し初当選。11人が死亡した2001年の明石花火大会歩道橋事故で当時の市長が引責辞任し、03年の明石市長選挙に立候補し当選する。二期を務めたが、退職金や淡路明石フェリーの支援をめぐる発言などで、議会からの問責決議案が通り三期目を断念。自らは県議に転身した。明石市では北口氏を追放した市幹部らが擁立した市長候補が、無所属で出馬した新人の泉氏に僅差で敗北してしまう。

 今回、泉氏による2年も前の暴言の録音が取り沙汰されたことで、「リベンジを模索していた北口陣営が、格好の攻撃材料を入手し、メディアに公表した」と見られたが、北口氏は否定する。現在、北口氏は「ふるさとが悲しいニュースとして全国に流れたのは残念」「暴言を許さないか、前市長の実績を取るか。そんな二者択一の選挙にしてはいけない」と訴える。しかし、前市長の政策は認めざるを得ないのか、“前市長が作った福祉などの政策を発展させたい”と評価する。


■録音は隠し録りではない


 元神戸新聞記者で02年の明石市長選に立候補し北口氏に敗れ、現在、「市民自治あかし」を主宰する松本誠氏(74)は、「泉氏の楽勝などということはない。中川氏が降りたことで接戦になる。過去の選挙データを見ても、北口氏にはかなりの固定票がある」と見る。泉氏について松本氏は、「暴言が暴露されてから辞職までの危機管理は評価していい。しかし、その後1か月逃げまくって、市民への説明責任を果たさない市長の基本姿勢が問題」と指摘する。泉氏は3月議会での暴言についての説明や2月3日の「市民マニフェスト検証大会」もキャンセルした。松本氏らが主催する公開討論会に、他の立候補予定者はすべて参加したが、泉氏は「謹慎中の身なので」と参加しなかった。討論会は3月2日だったが、翌日には「市長継続を求める署名」の集会に出て、5日には報道関係者に出馬を明かし、7日の発表となった。

 松本氏は泉氏の8年の実績について「評価できる政策も多い。しかし、フェリー埠頭の跡地にマンションを建てさせたことや、市庁舎建て替え問題、住民投票条例案の改ざん問題など、追及してもまともに答えない。彼は地元ではなく、東京の有識者らに雑誌や本などで、自己を称賛するように発信させている。そういうアピールが、したたかで上手い。そこで彼が肯定評価している市議会なんて、ひどい状態ですよ」と手厳しい。確かに国会議員を経験し、東大出身なら、中央から発信させる人脈は豊富だろう。

 振り返って、今回の騒動の発端は「録音」だ。ところが松本氏によれば、これまでの報道と経緯はかなり違う。「隠し録りと言われていますが、録音した職員本人に確認したら、『録音機は机の上に置いたのであり、密かに録ったのではない。服に隠したら、あんなクリアな音にならない。泉市長はものすごく早口なのでメモが取り切れず、録音させてもらって持ち帰り、文字に起こすのが慣例。市長も録音されていたことを知らないはずはないのですが』と話している」と吐露する。となれば、「怒鳴ったり朝令暮改が多いので、職員がしっぺ返し目的で隠し録りしていた」という筆者も信じた説は、大きく違ってくる。やはり政治の世界は魑魅魍魎だ。

 それにしても最近、兵庫県の政治で話題になったものといえば、政務活動費の詐取がばれて号泣の野々村竜太郎元県議(52)、そして暴言のち涙の泉房穂氏……。どうも吉本新喜劇に思えてしまう。泉氏の場合、そう見せることも含めての、したたかさかもしれないが。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」「警察の犯罪」「検察に、殺される」「ルポ 原発難民」など。

2019年3月11日 掲載

関連記事(外部サイト)