DAIGOに囁かれる後継説 “爺ちゃん”の「竹下王国」再興の切り札に?

DAIGOが政界転身し『竹下王国』を再興するとの声も 竹下亘元復興相は食道がんを公表

記事まとめ

  • 『竹下王国』再興の切り札として、竹下登元首相の孫・DAIGOの名が囁かれている
  • 竹下亘元復興相は食道がんを公表しており、声帯を取る可能性もあるという
  • DAIGOは堺屋太一さんの葬儀・告別式に参列したが、『次』の匂いが漂っていたらしい

DAIGOに囁かれる後継説 “爺ちゃん”の「竹下王国」再興の切り札に?

DAIGOに囁かれる後継説 “爺ちゃん”の「竹下王国」再興の切り札に?

結ばれた2人の将来は?

■「竹下亘」重篤説の陰で囁かれる再興の切り札は「DAIGO」(1/2)


 今年1月に食道がんを公表した竹下亘元復興相(72)。重篤説も流れ、後継の名が浮かんでは消える。来る島根県知事選では自民が分裂選挙を強いられ、竹下王国の落魄はここに極まれり。そんな王国再興の切り札に、竹下登元首相の孫・DAIGOの名が囁かれているのだ。

 ***

 ファミリーの血の結束を描いた映画「ゴッドファーザー」で、マーロン・ブランド扮するドン・コルレオーネが長男をこう諭す場面がある。

「お前が考えていることを家族以外には二度と言ってはいけない」

 竹下登氏が田中角栄元首相と袂を分かって経世会を立ち上げ、新たな“ドン”として首相に就任したのが1987年11月のことだった。会の結成プランは秘密裡に進み、その意味で“家族”だけにしか共有されることはなかった。権謀術数に長けた角栄氏を悔しがらせ、酒に走らせたのもむべなるかな。

 ちょうどその少し前、登氏の異母弟・亘氏は勤務先のNHKを退職して兄の秘書に就いた。彼の引退後に地盤を継ぎ、2000年の総選挙で初当選して連続7選。復興相や自民党総務会長などの要職を歴任している。

 登氏には3人の娘があり、長女は金丸信元自民党副総裁の長男と結婚。角栄氏の地元・新潟県の建設会社「福田組」会長の娘2人が小沢一郎、竹下亘の両氏に嫁いでもいるから、経世会は藤原摂関家を思わせる閨閥形成にも積極的だった。

 ちなみに、登氏の次女と元毎日新聞の“竹下番”記者との間に生まれた次男がタレントのDAIGO(40)=本名:内藤大湖=であり、女優・北川景子(32)と16年に結ばれている。

「経世会支配」に話を戻すと、わが世の春を謳歌したものの、92年の佐川急便事件での「金丸失脚」、93年の「小沢脱退・集団離党」などを機に、じりじりと影響力を失っていく。

 それは、小渕恵三元首相を最後に約20年間、総理総裁が輩出していないことに端的に表れている。

 わけても額賀福志郎前会長が派閥をまとめられず、その後を18年4月に襲った亘会長の下でも、昨秋の自民党総裁選で派閥は自主投票に追い込まれた。更に、亘氏のお膝元で今年4月に投開票の島根県知事選では、自民が保守分裂選挙を強いられている。島根県連の会長でもある亘氏の鶴の一声に反発の声があがることもあり、かつて「一致結束・箱弁当」と評された往時は茫々である。


■亘会長の食道がん公表


 そんななか、亘会長が食道がんを公表したのだった。「医師には早ければ数カ月で復帰できるとの説明を受けている」と述べ、会長辞任や議員辞職については否定したのだが、それを覆すような竹下派所属議員の証言がある。

「会見したころは、自宅からの通院治療でと考えていたようですが、そうも行かず、一定の期間、入院して治療を受けては退院し……を繰り返しているようです。当初は手術をすると聞いていたけど、それもできないでいる。声が出ないのもあってか、青木さん(幹雄元官房長官)には、“面会には来ないでと皆に言ってほしい”と伝えていますね」

「青木さん」は登元首相の懐刀として地元と永田町いずれの事情にも精通し、参院議員を退いた今もなお、派閥に影響力を与え続けている。別の所属議員は、

「竹下さんはヘビースモーカーに更に超がつくくらいで、ハイライトを1日に4〜5箱吸っていました。彼が国対委員長時代、その部屋はタバコが吸いやすい環境で、愛煙家はこぞってそこに集まっていましたね。食道がんと聞いてあぁタバコだなと思ったし、人間ドックもロクに受けてなかったと聞いていますよ」

 と話す。そして、治療にかかわる慶応病院の関係者によると、

「がんは咽頭部分とリンパ節に転移していて、放射線でそれらを叩くという治療を行なっている。そう楽観できる状況ではないと聞いていますが……」

 医学博士の中原英臣氏は、

「私自身も7年前に中咽頭がんにかかり、そのあと肺への転移もありましたが、こうして元気に取材を受けています」

 と笑って、こう続ける。

「ただ、咽頭への転移があるというのは心配です。咽頭がんの切除手術をすれば、声帯を取る可能性が高い。そうなれば政治家にとって大切な声を失うことになります。仕事をして社会的な意味で復帰をすることができるのか、悩ましい判断になりますね」

 従って、亘氏の後継問題が浮上してくるのは当然のことなのだ。


■DAIGOを政治家に…


 それを占う上で、“次”の匂いが漂ってきたのは、作家・堺屋太一の葬儀・告別式の席でだった。

 2月17日、およそ千人の参列者を集めたこの式は、故人の活躍の幅広さをなぞる風で、政財官、そして芸能界のいわば交差点のようなセレモニーだったと言えよう。

 堺屋と40年来の付き合いだったという元講談社の編集者は、DAIGO自身も参列している席上で、「(堺屋さんは)タレントのDAIGOさんを政治家にしたいと常々仰っていた。ずっと彼を見てきて、高い素質があると見ていたのでしょうね」と話したのだった。当の編集者に改めて聞くと、

「いやいや、囲みで言っただけなんですよ……」

 と、とぼけたように言うのだが、DAIGOが竹下元首相とのエピソードを「爺ちゃんネタ」として披露していた頃のことが頭を過(よぎ)る――。

(2)へ続く

「週刊新潮」2019年3月14日号 掲載

関連記事(外部サイト)