再審確定の湖東病院事件 取調べ捜査官への恋慕が招いた獄中生活12年の悲劇

再審確定の湖東病院事件 取調べ捜査官への恋慕が招いた獄中生活12年の悲劇

再審の女性 刑事に恋し自白

再審確定の湖東病院事件 取調べ捜査官への恋慕が招いた獄中生活12年の悲劇

西山美香さん(撮影・粟野仁雄)

■取材・文/粟野仁雄(ジャーナリスト)


「出たで」。3月19日、滋賀県彦根市のリサイクル工場で仕事中だった西山美香さん(39)に母・令子さん(68)から涙声の電話があった。待ち望んだ再審開始決定書が、最高裁から届いていた。早退して家に走り、その日、大津市内で弁護団と喜びの会見をした西山さんは、「再審は弁護団や支援者のおかげです。無罪判決がもらえるように頑張りたい」「何度も諦めかけ無罪になったらマイカーを買って両親をいろんなところに連れて行きたい」などと話し、時折、眼鏡をはずして涙をぬぐった。一昨年8月に12年の服役を終えてから1年半。

 主任弁護士の井戸謙一氏は「ようやくあるべき結論が出た。ホッとしました」と笑顔を見せた。決定書は、同弁護士が「ほぼ完璧と言ってよい」と高く評価していた大阪高裁の再審開始決定を、ほぼ踏襲していた。

 冤罪事件を概略する。

 2003年5月22日、滋賀県の湖東記念病院で男性患者(当時72)が死亡した。人工呼吸器のチューブが外れたことを報じるアラーム音に職員が気づかず、窒息死したとみた滋賀県警は、過失致死事件として西山さんを含む2人の看護士を任意聴取していた。ところが西山さんは、事件から1年以上が経過した翌年7月6日になって「呼吸器のチューブを外した」と殺害を自白し、逮捕された。当時24歳だった。動機は職場での待遇への不満で、「誰でもよかった」と供述したのだ。

 しかし西山さんは、第2回公判から無実を主張した。主張は通らず、大津地裁は懲役12年の実刑判決を下し、07年に最高裁で刑が確定した。獄中からの第一次再審請求は10年9月に最高裁で棄却されたが、第二次再審請求は17年12月に大阪高裁が「警察官などから誘導があり、迎合して供述した可能性がある」と再審開始を決定。そして今回、最高裁も検察側の特別抗告を棄却し、再審開始が確定した。西山さんは「刑事さんのことを好きになって、気に入ってもらおうと思って、どんどん嘘を言ってしまった。こんなことになるとは思わなかった」と話していた。


■供述変遷の裏に刑事の誘導


 一般的には、明らかな殺人事件が起き、逮捕された容疑者が刑事に問い詰められ、「犯行」を自供する。だが西山さんは、警察が殺人事件とも考えていなかった逮捕前の任意取り調べの段階で、「殺した」と言ってしまったのだ。井戸謙一弁護士は「それだけに虚偽自白の証明は困難でしたが、不自然な西山さんの供述変遷に刑事の誘導を確信した」と話す。
 
 自白の変遷の一端を見てみよう。

【7月2日】A看護師が寝ていた。忙しいのにと腹立った。病院の待遇は悪い。咄嗟に思いついてチューブを外した。アラームが10分鳴り続けた。A看護師が入ってきてつないで消した。
【5日】チューブを外して部屋出た。鳴り続けていたので自分がつないで戻った。
【10日】アラームは鳴っていない。消音ボタンを押し続けていた。
【11日】消音ボタンは1分経つ前にもう1回押せば鳴らない。1秒2秒と頭の中で数えて1分前に再び押した。(殺人は)1週間前から計画していた。

 当初「鳴った」とされたアラーム音は、その後の捜査で誰も聞いていなかった。捜査陣は、アラーム音が「鳴っていた」だと立件ができないと判断、後にわかった「音を消し続ける仕組み」を西山さんに教え、自白と合うように供述させた。ただし、看護助手だった西山さんに呼吸器操作の資格はなく、止める仕組みも知らなかった。


■優しさに魅かれ


 当初、滋賀県警の見立ては「アラームが鳴っていたはず」だった。西山さんは「『鳴ってなかった』と言うと、刑事さんに『そんなはずはない、嘘つくな』と凄まれて怖かった。でも『鳴っていた』と認めると、急に優しくなった」と振り返る。そして取り調べを担当した、当時、巡査部長だった山本誠という男は「殺人罪でも執行猶予で刑務所に入らないでいいこともある」とか、西山さんの拘置所での規律違反について「私が処分を取り消してあげる」などと優しく持ち掛けた。「飴と鞭」は取り調べの常道だが、悲しいかな、西山さんは勘違いをして彼に魅かれてしまう。

 鑑定医は「酸欠による窒息死」とした。だがこの医師は、警察から「呼吸器が外れていた」との情報を得て鑑定書を作っており、信憑性は低い。弁護団は「植物人間状態だった男性はカリウム値が異常に低く、致死性不整脈で病死した可能性が高い」とした。

 要は、単なる自然死だったのだ。井戸弁護士は「事件でも事故でもない。なかった犯罪を警察と検察がでっち上げた」と断言する。


■誰でも作れる話に「迫真性」


 有罪認定した判決は、西山さんの自白について「現場にいた人でなければ語れない迫真性に富む」などとする。供述書には「(男性患者は)眉間に深いしわをよせて口をハグハグさせて」「手に汗がにじんだ」などとあるが、そんな内容ならいくらでも創作できる。西山さんを追い込んだ裁判官たちは、何を見ていたのか。

 過失でもない、もちろん殺人など無関係。それなのに、患者の自然死が「事件」になってしまった一つの原因は、一緒に任意聴取されていたA看護士の対応にあった。A看護士が、男性患者の心肺停止を最初に見つけた。西山さんは「Aさんに『アラーム鳴ってなかったよね』と言われた。音は聞いてないし、チューブが外れているのも見ていません」と話す。実はA看護士には2時間ごとに、男性患者の痰の吸引をする義務があった。午後11時が最後なのに、「午前3時に吸引した」と看護日誌に嘘を書いた。痰が詰まって死んだと思い込み、怠慢を問われると案じたA看護士が咄嗟に「呼吸器が外れていた」と嘘をついた可能性が高い。

 しかし西山さんは、自分の供述と矛盾することで仲の良いA看護士が取り調べで苦しめられていると思い、A看護士を守ろうとした。「現場責任者のAさんはシングルマザーで、逮捕されたら生活できない。自分は正看護師でないし、親と暮らしているし」と話す。A看護師は退職し、弁護団に協力しなかった。

 西山さんは最後の取り調べで、山本刑事との別れ際、「離れたくない」と抱き着いた。「彼は拒否しなかった。頑張れよと励ましてくれた」と振り返る。一昨年、筆者が西山さんを訪ねて「騙されたと思いますか」と尋ねると「もう考えたくないです」と机に突っ伏していた。

 西山さんは高校卒業後、別の病院で働いたが、湖東記念病院に移って半年で「事件」に巻き込まれた。任意取り調べ中も、拘置所で針金を飲んで自殺未遂し、精神科に通院、軽度の発達障害と診断された。

 父・輝男さん(77)と母・令子さんは毎月、和歌山刑務所に面会に来た。西山さんは「私は勉強ができなくて、よくできた兄と比べられてコンプレックスを持っていた。それを刑事に言うと『お兄さんと同じように賢いところあるよ』と言われて、嬉しくなってしまった」「子供のころから本当の友達はいなかった。お金をあげたり、嘘ついて、友達を作ってた」とも告白する。獄中から両親への手紙は350通を超え「自分は殺していない。信用してしまったこともアカンし好意を持ってしまったこともアカン。みんなにつらい思いさせてしまって……」などと綴られる。輝男さんは「何もわからん娘に警察はあまりにも残酷な……」と唇を噛んだ。

 3人の判事で行使される最高裁小法廷は今回、全員一致の決定だったが、実は1人が最高裁長官となり抜け、もう1人の三宅守判事は、この事件を大阪高検の検事として関わっていったために外れていた。もし三宅守判事が外れていなければ、どうなったのか。従来「開かずの扉」と呼ばれた再審も、明確な新証拠が見つからなくとも認められるなど、少しずつ緩和された。志布志事件、足利事件、布川事件など、捜査側の出鱈目が相次いだからだ。

 西山さんは「20代の一番大事な時を刑務所で過ごすのは辛かった」とも吐露している。女性として最も輝いていた時期を卑劣な刑事によって無残に奪われたのだ。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」「警察の犯罪」「検察に、殺される」「ルポ 原発難民」など。

2019年3月24日 掲載

関連記事(外部サイト)