渦中の「丸山穂高議員」は東大生ホステスとトラブルの過去 彼女が語った一部始終

戦争発言で日本維新の会から除名された丸山穂高議員、過去に東大生ホステスとトラブル

記事まとめ

  • 北方領土返還をめぐる「戦争」発言で、丸山穂高議員は日本維新の会から除名された
  • 週刊新潮は2014年に「東大生ホステス」に手を出して逃げた丸山議員について報じている
  • 銀座有名店のホステス女性は告白され付き合いホテルに泊まったが音信不通になったそう

渦中の「丸山穂高議員」は東大生ホステスとトラブルの過去 彼女が語った一部始終

渦中の「丸山穂高議員」は東大生ホステスとトラブルの過去 彼女が語った一部始終

丸山穂高議員(撮影・上森清二)

 北方領土返還をめぐる「戦争」発言によって、丸山穂高議員(35)は日本維新の会から除名され、さらに野党から議員辞職勧告決議案が提出される事態に追い込まれている。酒に酔った末の発言とされているが、過去には夜の銀座でトラブルを起こしていた。週刊新潮は2014年7月3日号で、「東大生ホステス」に手を出して逃げた丸山議員について報じている。(以下は掲載当時のもの)

 ***

 丸山さんと初めて会ったのは、今年の4月23日。維新の先輩議員お二人とご一緒でした。こんなに若くてかっこいい議員さんがいるなんて、と驚きました。

〈若き麻丘めぐみ似の東大生、雪乃嬢(仮名)が重い口を開く。彼女が勤めるのは、座るだけで1人3万円超、メディアに頻繁に登場する美人ママが切り盛りする有名店だ。〉

 たまたま私がお隣りに座ったのですが、大学が同じ東大ということがわかって盛り上がりました。帰り際、こそっと「2人で飲まない?」と誘われ、1時頃、ソニービル前で待ち合わせて、近くの鉄板焼屋さんに行きました。そのときは丸山さんに対して特別な感情はなく、仕事の一環、アフターだと思ってました。

〈その後、2人は数軒隣りのシガーバーへ。〉

 そこで恋愛の話になりました。丸山さんは「今は彼女はいない。2年前に選挙に出たときに別れた」と言っていました。そんな話をしていくうちに、「付き合って欲しい」と。独身ですし、多少酔っていたけれど、口調は真剣で、軽い感じが全然なく、真面目に言っているんだと思いました。でも、このときは付き合う気がなかったので、お店が閉店準備をしていたのにかこつけて「迷惑ですからもう帰りましょう」と言ってごまかしました。

〈翌日、雪乃嬢は授業中、丸山氏に「もう一度お会いしたい」とメール。返信は「今日空いてる?」だった。夜9時に銀座三越前で落ち合い、コリドー通りで軽食をとった後、前日のバーを再訪した。〉

 そこで丸山さんから「一つ大事なことを聞いていい? 10年後の自分をどう考えている?」と。さらに「もう一つ大事なことを聞いていい? 付き合って欲しいんだけれど」と言われました。私は将来のことを聞かれた上で、また告白されたので、結婚を視野に入れて真剣にお付き合いしようと言ってくれたのかな、と思って信用してしまいました。それで私は「はい」と返事をしたんです。


■夜と朝の順番が…


〈店を出て2人が向かったのは「ロイヤルパークホテル・ザ・汐留」。〉

 チェックイン後、丸山さんは一旦外出し、水やメイク落としやスキンケア、コンドームを買ってきました。私は、丸山さんを入れて3人しか経験がないのですが、彼は上手だと思いました。「痛くない?」とか「気持ちいい?」とか聞いてくれて、触り方もキスの仕方も優しく丁寧でした。

 終わったあと、お互いすぐ寝てしまったんですが、朝にもう1回しました。夜にしたときと体位の順番が全く一緒で、正常位のあと、私の両脚を上になっている彼の肩にかけて、今度は私の両脚を横に下ろしてまっすぐ揃えて、最後は私をうつ伏せにして彼がその上に乗ってしました。……こういう話、恥ずかしいですね。

〈その後雪乃嬢は、週に1、2回電話を掛け、2日に1回のペースでメールを送ったが、丸山代議士は一度きり「仕事でバタバタしていて、返信遅れてごめんね」とメールを返してきただけで音信不通に。おいしいところだけ頂いて、同伴の一つもしない、世に言う“ヤリ逃げ”である。

 雪乃嬢の不安が高まる中、5月16日、彼は同じメンバーで店を再訪した。〉

 テーブルでお話しすることはなく、メールで「最後に会ってお話ししたい」と伝えると、女の子とアフターに出た彼から「2時に終わる。その後空いてる?」と。それで私は朝まで開いている喫茶店で待っていたのですが、結局彼と連絡が取れなくなり、会えずに終わりました。あとで女の子に聞くとアフターは2時に散会していました。その後も彼とは連絡が取れません。会ってちゃんと別れてくれればそれでいいのに……。

〈丸山代議士は「内容は真実ではありませんし、取材をお受けするに値しません」と回答するのみ。

 ならば言わせて貰おう。

 貴殿は真摯でも紳士でもありませんし、選良とお呼びするに値しません。〉

「週刊新潮」2014年7月3日号初出/2019年5月20日 掲載

関連記事(外部サイト)