「消費増税見送り」のサイン?  政府広報が出稿延期に

「消費増税見送り」のサイン?  政府広報が出稿延期に

選挙の“勘”には自信アリ

 目下、永田町は解散風に乗って漂う観測気球の動きに釘付けである。

 4月18日、このやっかいな気球を飛ばしたのは、安倍総理の一の子分ともいわれる自民党幹事長代理の萩生田光一氏だった。

「この日、ネット番組に登場した萩生田さんが、10月に予定される消費増税を延期する可能性に言及。その場合は解散して信を問うことになると明言したのです」(政治部記者)

 これに対し、菅官房長官は“予定通り引き上げる”と萩生田発言を即座に否定。もっとも、

「あくまで“リーマン・ショック級の出来事が起こらない限り”という逃げ道を残すことを忘れなかった。萩生田発言は計算されたものだったのでしょう」(同)

 だが、官邸が飛ばしたのは“観測気球”だけではなかった。

 広告代理店関係者曰く、

「政府広報を“飛ばした”んですよ」

 一体、どういうことか。

「法律や制度が変わる場合、事前に政府広報を新聞やテレビに出稿し、周知徹底を図る。ところが、この5月中旬に掲載が予定されていた、消費税に関する政府広報が出稿延期となったんです。これにより、すわ増税延期かと話題になった」

 もちろん、政府広報が延期になったからといって、消費増税延期が既定路線となったわけではなく、

「10日には、JR北海道が増税に伴う値上げを発表していますし、増税分を財源に当て込んだ幼児教育無償化も可決されました。ただ、総理は前回、“直感で”解散を打ち、棚ボタ的大勝を手にした成功体験を忘れていない。今回も油断はできません」(先の記者)

 我々の生活も“風”頼みである。

「週刊新潮」2019年5月23日号 掲載

関連記事(外部サイト)