丸山穂高が「アルコール依存症」だと思われる「これだけの理由」専門家が解説

「戦争しないと」発言を始め、“議員以前に人として”あるまじき言動を国後島で見せた丸山穂高議員(35)。これまでにも院外であれこれ“勇名”を馳せてきた人物である。

 例えば週刊新潮は5年前、議員が銀座で知り合った「東大生ホステス」に甘言を弄して関係を持ち、しまいに“ポイ捨て”していた一件を報じた。

 この時、丸山議員からは、

〈取材をお受けするに値しません〉

 などと、至極ご立派なお返事を頂戴している。また3年前には、都内で飲酒した後に複数の男性とトラブルになり、相手の手に噛みつくという蛮行に及んでいた。

「党の事情聴取には『口論になり、先に殴打されて首を絞められたので反射的に噛んだ』と釈明していました。結局は党から厳重注意を受け、本人は『公職にいる間は断酒する』と宣言し、飲んだ場合は議員辞職するとまで言い切っていたのですが……」(前出記者)

 それも改選を経て、都合よく“解禁”していたというわけだ。


■強すぎる自己愛


 騒動後に行われた囲み取材では、維新の松井一郎代表がツイッターで議員を「アルコール依存症」と関連づけた点を論(あげつら)い「撤回と謝罪を」などと息巻いていたのだが、精神科医の片田珠美氏に聞くと、

「これまでの振る舞いからして、丸山議員は明らかにアルコール依存症だと思われます」

 とのことで、

「一番の特徴は『否認』。つまり“自分は依存症ではない”と、現実を認めないわけです。多くのケースがこの否認のおかげで悪化していきます。通常、東大を出て経産省に入り代議士となれば十分満足な人生だと思いますが、本人は自己愛が強いのでしょう。自身を過大評価するあまり高い理想にたどり着けず、酒に逃げることを繰り返した結果ではないかと思います。これは『コントロール障害』でもあり、早めに専門機関での治療を開始すべきです」

 とはいえ、ちっぽけな自己愛で不透明な日ロ関係にくさびを打ち込まれてはたまったものではない。

「週刊新潮」2019年5月30日号 掲載

関連記事(外部サイト)