38歳「小泉進次郎」の結婚問題、父親・純一郎氏が送った2つのアドバイス

38歳「小泉進次郎」の結婚問題、父親・純一郎氏が送った2つのアドバイス

父親・純一郎氏が送った2つのアドバイスとは

 令和の幕開けとともに多くのカップルが婚姻届を手に役所に駆け込んだ。一方、新元号発表で世が祝賀ムードに浸る4月14日、政界の“大物独身”たる自民党の小泉進次郎厚生労働部会長が38歳の誕生日を迎えた。父親の純一郎元首相(77)も気をもむ、永田町きってのモテ男の「令和婚」の行方は……。

 5月23日、進次郎氏のある発言が、場をざわつかせた。東京都内で開かれた講演会でのことだ。

「この国に必要なのはスピード感を持った変革だ」と説く進次郎氏。出席者から、将来首相に就任した暁に目指す国家ビジョンを問われ、答えた。

「なんとかこのまま行きたいという人が本当に多い中、大胆に変えることに血道を上げ、スピードも伴って変えたいと訴える男には出番がないのではないか」

 つまり、今の日本の政治状況のままでは「改革」に邁進する自分には宰相の座はめぐってこない――ということらしい。

「彼は弱気になっているわけではない。改革を阻む自民党へのいらだちを、進次郎流に吐露したものだ」。同党中堅議員は、そう胸の内を解説する。図星だろう。「出番はない」を額面通りに受け取るわけにはいかない。

 端正なルックスに父親譲りの歯切れのいい発言、聴衆の心をとらえる演説……。進次郎氏が「将来の首相候補」であることは、政界のみならず国民の誰もが疑わない。

 2009年の衆院選で父親から地盤(神奈川11区)を譲り受けて初当選し、現在4期目。この10年の間に、内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官、自民党農林部会長、自民党筆頭副幹事長などのポストをこなした 。今なお「親の七光り」「天才子役」といった雑音も聞こえてくるが、人材難ここに極まりの自民党にあって、紛れもないホープである。

 本人の意思はさておき、近い将来、大臣のイスに座ることが現実味を帯びているが、進次郎氏の未来をめぐって政界で俄然ささやかれているのが、「入閣が先か、結婚が先か」――の“予想”である。


■何が結婚の“足かせ”に?


 自民党関係者いわく「進次郎氏の結婚問題は、芸能マスコミも追い続けている“重大案件”。お相手は、すなわちファーストレディー候補であり、一政治家の慶事にとどまらないネタだ」。

 とはいえ、「適齢期」を迎えている進次郎氏の周辺では、結婚話が一向に表に出てこない。自身の携帯電話番号を同僚議員にも明かさない「秘密主義者」とはいえ、衆人に顔が知られている超有名人だ。

 女性との交際など、浮いた話の一つや二つはあろうに、数年前の復興大臣政務官時代に週刊誌に書かれた役所の女性職員との「噂」以降、とんと音沙汰がないのである。

 小泉家に近い関係者に訊けば、「実際に結婚への具体的な動きはない。政治活動同様、結婚についても父親の指示に本人が従っている」と言うのだ。「父親の指示」とは聞き捨てならない。一体、何が結婚への“足かせ”になっているのか。

 この関係者によると、純一郎氏がここ数年、機会あるごとに進次郎氏に言い続けていることは、「結婚は40(歳)までしなくていい。それまでは勉強だ」「最後は惚れ抜いた女と一緒になれ」――の2点だという。

 純一郎氏といえば、1978年にエスエス製薬の元会長・泰道照山氏(1907〜1984)の孫で青山学院大の学生だった宮本佳代子さんと見合い結婚した。泰道氏はこの結婚に猛反対したが、純一郎氏は速攻で押し切ったとされている。

 しかし、3人の子供をもうけながら、1982年に離婚した。離婚時に佳代子さんは、三男を懐妊中だった。

 離婚原因は公開されていないが、純一郎氏は長男で現在は俳優の孝太郎氏(40)と次男の進次郎氏を引き取り、調停の末、佳代子さんが三男の親権を勝ち取った。

「純一郎の進次郎への2つの指示は、政治家として家庭を持つことの難しさを、身をもって知った体験を踏まえてのものだ。進次郎も、父親の苦い離婚体験と、生みの母と別離させられた悲しみを分かっている。結婚は急がず慎重にというのが、この父子のスタンスになっている」(同・関係者)

 純一郎氏は今年1月に喜寿を迎えた。ここ数年は「原発ゼロ」をテーマに全国各地を講演して回るなど、悠々自適な生活を送っている。

「特に病気もなく、健康状態はほぼ良好。血糖値がやや高いが、好きなゴルフを定期的にやり、毎晩酒を楽しんでいる」

 最近も周囲にそう漏らしている純一郎氏だが、小泉家の「五代目政治家」となるであろう孫の顔を、1日でも早く見たいのが本心かもしれない。

 とまれ、進次郎氏が結婚を“解禁”される40歳になるまで、あと2年足らず。政界きっての大物独身が身を固めるのは、早くても来夏の東京五輪を挟んで2021年の春以降になるわけだ。

 そういえば安倍晋三首相(64)の自民党総裁任期は同じ年の9月。「ポスト安倍」レースの行方ともども、進次郎氏の公私にわたる去就は大いに気になるところである。

週刊新潮WEB取材班

2019年6月7日 掲載

関連記事(外部サイト)