「れいわ新選組」と「NHKから国民を守る党」はなぜ躍進できたのか

■「山本太郎」を台風に育てる慄然「衆愚の選択」(1/2)


 れいわ新選組とNHKから国民を守る党。新たに政党要件を満たしたこれら2党、しらけ切った参院選の徒花と見くびれないという。国会をかき乱すばかりか、特に「れいわ」は台風に発展するという声も。衆愚の選択は、時に国を滅ぼすこともあるだけに……。

 ***

 しらけた参院選の、代わり映えがしない結果のなかで、良くも悪くも、変化の芽と呼べるのだろうか。

「下馬評を覆してれいわ新選組が2議席を獲得し、泡沫中の泡沫と見られていたNHKから国民を守る党も1議席を得たのは、両党とも、既成政党とは違う問題設定を有権者に示すことができたからです」

 と見るのは、帝塚山学院大学の薬師院仁志教授である。もう少し具体的に尋ねてみよう。

「投票率が過去2番目に低かったのは、有権者は旧来の、戦前的なものと戦後的なものとの対立図式に飽き飽きしているからです。一番わかりやすい対立のキーワードは“護憲派”と“改憲派”でした。左右の対立を語る語のように思われがちですが、実は違う。一度は否定した戦前的な価値観を支持するか、戦後民主主義的なものを守るか、という二者択一を迫るもので、有権者はそういう選択にうんざりしています」

 そんななか、

「れいわは、民衆の身近な悩みに寄り添い、それを解決するための政策課題を提示した。N国は反NHKという、国民の関心が高いとはいえなかった話を、あたかも問題のように取り上げて対立軸を煽った」(同)

 いずれにしても、既存の対立軸から離れた場所に問題を設定し、わかりやすい言葉で説いた結果、有権者が揺さぶられたというわけだ。実際、れいわの山本太郎代表の演説は、

〈生活が苦しいのを、あなたのせいにされていませんか? 努力が足りなかったからじゃないか? 違いますよ。間違った自民党の経済政策のせいですよ。消費税は増税じゃない。腰が引けた野党のいう凍結でもない。減税、ゼロしかないじゃないですか〉

 あるいは、

〈あなたに何ができるんですか? あなたは世間の役に立ってるんですか? っていうような空気、社会に蔓延しているからです。だから、そんな社会を、政治を変えたいんです。生きててよかった。そう思える国にしたい〉

 などと、どこを切り取ってもわかりやすい。

〈NHKをぶっ壊す!〉

 と訴えつつ、職員の不祥事について、

〈不倫ですよ、路上ですよ、カーセックスですよ〉

 と連呼した、N国の立花孝志代表の政見放送も、わかりやすさという点で甲乙つけがたいといえよう。


■野党の“顔”になりうる山本氏


 なかでも今後、台風の目として侮れないのが、れいわ新選組だという。

 山本代表の言葉を借りれば、当選が確実視された東京選挙区から〈捨て身の改革〉で比例区に転出。優先的に当選する特定枠に、重度の障害を抱える2人を立て、自分が当選するためには3人当選しなければならない、と訴え、自分は落選しながら2人を押し込んだ。しかも、山本代表は介助者として事実上、日々登院することになるし、政党要件も満たしたので党首討論にも登場する。今後、露出は確実に増えるわけだ。

「選挙戦術と同様に、あっと驚くことを国会でも仕かけてくるかもしれない。秋に始まる臨時国会は、山本太郎に引っかき回される可能性があります」

 とは、ジャーナリストの池田信夫氏の見解だが、もう少し先に目をやれば、

「山本さんはすでに次期衆院選への出馬を明言し、れいわ新選組から100人を立てると言っています。政権を取りに行く、総理を目指す、という宣言も、どうやら本気のようです」

 と政治部デスク。大風呂敷のようにも見えるが、政治部記者は、

「今回の参院選で、れいわは特に都市部で支持されました。勢いは立ち上げ時の小池新党、のちの希望の党に似ています」

 という。山本代表が勢いに乗じ、野党の“顔”になりうるという話である。


■野党共闘はどうなる


 むろん、野党もそれぞれ温度差があって、

「山本代表は野党共闘の条件として、消費税率5%への引き下げを挙げています。共産党は、協力できる点はしていきたいと秋波を送っていて、国民民主の玉木雄一郎代表も共闘に乗り気。条件を飲んでもいいと周辺に語っています」(同)

 一方、れいわブームの煽りを一番受けるのが、同様にリベラルを旗印に掲げる立憲民主党である。

「総選挙で共倒れを防ぐためには野党共闘が必須。いまのところ、枝野幸男代表は、表向きは山本代表を相手にする気がなさそうですが、海江田万里党最高顧問が山本、枝野両氏をつなごうとしています。ただ、党幹部たちは、れいわが侮れない存在だとは認識していて、自らすり寄ることはためらいながらも、総選挙の前に調整する必要があることは否定しません」(同)

 自民党の一人勝ちが続くのは、野党のスター不在が原因だ、と囁かれて久しい。いよいよ山本代表が、待望のスターになるのか。

 では、解散総選挙がいつ行われるかだが、別の政治部記者によれば、

「年内の可能性も十分あります。消費税率が引き上げられると景気の各指標は確実に落ち込みます。しかし、年内ならまだ景気への影響も軽微なので、解散するなら早い方がいい、という理屈です。大嘗祭が行われる11月中旬以降に解散、12月中旬から下旬に総選挙というシナリオです」

 そこに、れいわは100人を擁立できるのか。

「ネックになるのは選挙運動資金。参院選で4億円の寄付を集めたのは立派ですが、それだと供託金は賄えても、運動費用までは捻出できない。最低でも1人1千万円、単純計算で10億円は必要です」

 政党交付金6700万円では、むろん足りない。しかし、勢いに乗るれいわのこと。再び予想を超える寄付を集める、と見る向きもあるのである。

「週刊新潮」2019年8月8日号 掲載

関連記事(外部サイト)