「小泉進次郎」に多くの疑問符 原発発言はポピュリズム、山本太郎氏に売られたケンカは

 小説家の徳冨蘆花は、政(まつりごと)の本質をこう喝破した。

〈政治は一種の賭博、戦争、相場である〉

 ならば、今回の内閣改造という名の「賭場」で儲けたのは誰だったのか――。

〈際立ったのは、菅氏への配慮だった〉(9月12日付毎日新聞)

〈自民党内では「菅氏に近い議員が多く処遇された」(幹部)との見方が出ている〉(同日付読売新聞)

〈(安倍晋三)首相周辺によると、首相は(総裁選で)石破氏に票を投じた小泉(進次郎)氏の起用に当初は後ろ向きだったが、小泉氏と同じ神奈川県選出の菅義偉官房長官ら複数の関係者から「小泉氏本人が入閣を希望している」と伝えられると起用を決断したという〉(同日付朝日新聞)

 今月11日に行われた内閣改造の舞台裏を、各紙はこう解説してみせた。つまり、「陰の総理」と称される菅義偉官房長官(70)の存在感が、安倍総理も無視できないほど増してきているというのである。実際、

「当初、安倍総理は『ポスト安倍』候補のひとりとして認めている岸田さん(文雄・自民党政調会長)を、幹事長に“格上げ”しようとしていたんですが……」

 と、ある官邸スタッフは説明する。

「菅さんが、親しい二階さん(俊博・同党幹事長)とそれを阻止したり、森山さん(裕・同党国対委員長)の続投を二階さんと話し合って決めてしまったりと、官房長官の“暴走”が目立った。閣僚でも、菅さんを『常に闘っている方』と持ちあげている環境相の小泉さんをはじめ、菅側近として知られる菅原一秀(いっしゅう)さんと河井克行さんが、それぞれ経産相と法相に抜擢されました」

 確かに、内閣人事局を事実上仕切り、官僚人事を意のままに操る菅氏に楯突く者は霞が関では皆無となり、永田町でも「令和の会」や「向日葵(ひまわり)会」、「ガネーシャの会」といった、菅氏を囲むグループが複数発足している。これらに所属し、「菅系」と目される議員は約50人に膨らんでいるのだ。ちなみに、先に触れた菅原経産相は令和の会、河井法相は向日葵会の中心メンバーである。

 無論、安倍総理も菅氏の台頭に拱手傍観しているはずはなく、

「岸田さんを政調会長に留まらせたのをはじめ、自身に忠誠を誓っている茂木敏充さんを重要閣僚の外相に、加藤勝信さんを厚労相に起用し、安倍総理自身の手持ちのポスト安倍カードを党と内閣の要所に配置しました」(全国紙政治部デスク)

 その結果、小泉氏同様、菅氏と同じ神奈川県を地盤とし、外相から防衛相に横滑りした河野太郎氏を加えたポスト安倍争いの構図は、目下、永田町で密かにこう命名されている。

「菅進太郎vs.岸倍敏信」

 久しく「安倍一強」と言われてきたなか、こうした構図が浮かび上がってきたこと自体、この度の賭場の勝者が誰であるかを物語っていると言えよう。「vs.構図」を生み出した菅氏その人である。

 そしてもうひとりの勝者として、世間の関心を一身に集める人物をあげないわけにはいかない。言わずもがな、政界きっての人気者である小泉進次郎氏だ。


■ポピュリズム


 田中角栄をしのぐ38歳の若さで閣僚の座を射止め、戦後における男性政治家の入閣最年少記録を更新した彼は、女性閣僚がわずかふたりと「地味」な新内閣にあって、話題性という意味では群を抜いた存在である。

 だが、光が眩(まばゆ)ければその影も濃いもの。光り輝く自民党のスターである小泉氏に対しては、一方で疑問符がつけられている。まずは彼の原発政策だ。

「大臣就任後の記者会見で、小泉さんは原発について『どうやったら残せるかではなく、どうやったらなくせるかを考えたい』と述べました。原発ゼロを意識した発言ですが、それに向けた現実的対策を持ち合わせているのかは全く不明です」(前出デスク)

 また、前任の原田義昭環境相が福島第一原発の汚染水について、浄化後の処理水を、

「思い切って(海に)放出して、希釈する以外に、ほかにあまり選択肢がない」

 こう発言していたことを受け、就任の翌12日、福島県を訪れた小泉氏は、

「率直に申し訳ない」

 と、原田氏に代わって勝手に被災地でのお詫びを始めたのだ。しかし、では溜まり続ける汚染水をどうすればいいのかという具体的な提言を小泉氏の口から聞くことはなかった。

 東京工業大学の澤田哲生助教(原子核工学)は、小泉氏の一連の「原発発言」についてこう指摘する。

「原発を減らすとなると、CO2を大量に出す火力発電に頼らざるを得ないのが現実です。つまりCO2を減らすためには、スウェーデンやドイツなど各国で既に実証されているように、原発を上手く使っていくしかない。CO2の削減は環境省にとって最も大きなテーマのひとつのはずです。原発をなくそうとするとCO2は増えてしまうという現実を踏まえない発言は、ポピュリズムの謗(そし)りを免れないのではないでしょうか」

 澤田氏が汚染水に関して続ける。

「福島第一原発の汚染水に含まれるものよりも多量のトリチウムが、現在進行形で世界中の原発や関連施設から毎年海洋に放出されています。科学的に見れば、福島第一原発の汚染水に含まれるトリチウムは、量的にも質的にも問題はなく、それを希釈して海洋放出することも何も問題はない。しかし、『3・11』の事故由来ということで危険であるとのレッテルを貼られてしまっています。これは一種の風評被害であり、科学的ではなく社会的な問題なんです」

 したがって、

「この社会的誤解、不安を取り除くことこそ、政治家の役割なのではないでしょうか。しかし逆に、科学的には問題のない原田氏の発言を小泉大臣がお詫び行脚している。結果的に、社会的な不安を煽る結果につながってしまうと思います」(同)


■「山本太郎」に売られたケンカ


 さらに小泉氏には、他にもその真意を質(ただ)したいことがある。そもそも、なぜ今回「安倍内閣」に入閣したのか。昨年秋の自民党総裁選時、彼は安倍総理の政権運営を念頭に、

「率直におかしい」

 などと評して、石破茂元地方創生相に投票した。しかも、彼が支持した石破氏は依然「在野」を貫いているのに、その石破氏を「置き去り」に入閣した道理は果たして奈辺にあるのだろうか。

 また育休についても、入閣前に「育休宣言」とも取れる発言をしておきながら、入閣後には、

「(育休を)検討していますと言っただけで、賛否両論を含めて騒ぎになるということが、日本って堅いね。古いね」

 こう煙に巻いた。

 こちらの気を引いておいて突き放す。男女関係における「ツンデレ」を髣髴(ほうふつ)とさせるが、責任を伴う大臣になった以上、恋愛テクニックにも似た、有権者の歓心を買うためだけのツンデレは、そろそろお止めいただいたほうがよろしいのではないだろうか。

 なお、この政界きってのスターに、こちらは政界きってのトリックスターである山本太郎・れいわ新選組代表が、こうケンカを吹っかけている。

〈例えば、小泉進次郎さんの選挙区(神奈川11区)で私が立候補するという選択肢もありますよね〉(「文藝春秋」10月号)

 神奈川県政関係者が振り返る。

「かつて進次郎さんの対抗馬として立候補した横粂勝仁(よこくめかつひと)さんが、地元のお祭り会場で進次郎さんに挨拶しようとして無視され、話題になったことがありました」

 世間受けする発信は得意でも、都合の悪い直接対決からは逃げる傾向が見られる小泉氏。山本氏が本当にケンカを仕掛けてきた場合、彼はどう対処するのだろうか――。

 以上が、小泉氏に対し、有権者に代わって本誌(「週刊新潮」)が行う「代表質問」である。

「週刊新潮」2019年9月26日号 掲載

関連記事(外部サイト)