政治家ブログの最新事情 専門家が教える“有権者の賢い読み方・使い方”

政治家ブログの最新事情 専門家が教える“有権者の賢い読み方・使い方”

「永田町のブログ御三家」の1人、河野太郎氏

■麻生コールで注目の黎明期も選挙制度の壁


 トランプ大統領のツイッター発言がNHKのトップニュースで報じられれば、NHKから国民を守る党の立花孝志党首はユーチューブで連日連夜発信する。政治家のネット発信は近年当たり前のものになったが、ツイッターは140字に制限され、長時間の動画は再生回数が伸び悩むなどの「制約」もある。その点、ブログの自由度は高く、時にはマスコミ報道への反論で有効に活用されるなど、政治家のメディア戦略で重要なツールであることに変わりはない。

 ネット選挙解禁時に選挙の現場に身を投じ、現在は言論サイト「アゴラ」の編集長として多数の政治家ブログを取り扱っている新田哲史氏が、政治家ブログの小史を振り返りつつ、昨今の情報発信の狙いを読み解く。

 ***

 インターネット黎明期の90年代は、新しもの好きの政治家がパソコン通信やメール等で発信する動きは散見されたが、政治家ブログの時代が本格的に到来したのは2000年代に入り、各種ブログサービスが普及してからだろう。草創期は、自民党で河野太郎氏や山本一太氏ら“IT通”の当時の若手議員たちが歯に衣着せぬ発言で存在感を示した。福田康夫政権時代の2009年6月には、毎日新聞で大物政治記者の岩見隆夫氏(2014年逝去)が「永田町のブログ御三家」として、河野氏、山本氏、中川秀直氏の3人を指名している。

 政治家ブログが選挙民を動かした草分けとして挙げられるのが、2007年の総裁選だった。福田康夫氏が本命視された中で、麻生太郎氏の逆転勝ちを狙う陣営は、戸井田徹・衆議院議員(当時)が街頭演説や投票日の党本部入りに際してブログで結集を呼びかけた。すると、新宿では一説に2万人の若者が集結。党本部前にも多数を集め、彼らが麻生コールを送った。麻生氏は総裁選で敗れたものの善戦し、当時のマスコミも面白がってネットの影響を取り上げた。

 しかし、そのころは政治家のネット発信にいくつかの「壁」があった。特に大きかったのは選挙制度。政治家にとって最大の決戦である選挙活動で、ネットの発信が禁止されていたため、公示日から投票日までホームページもSNSも更新できなかった。また、有権者への情報の伝送路も不足していた。当初はSNSが一部の若者が愛好していたミクシィくらいで、いまのツイッターやフェイスブックのように社会的インフラと言えるまでに普及していなかった。

 何よりも日本では、そもそも政治家がブログで発信すること自体が「実験」程度にしか思われていなかった。これはネット論壇が育っていなかったことが大きい。アメリカでは2005年、ハフィントンポスト(現ハフポスト)が登場し、バラク・オバマやビル・ゲイツらの大物が寄稿するなどの発信源があったが、十数年前の日本にはそうした媒体が存在しなかった。


■ネット選挙解禁で増した重要度


 変化の兆しが見えたのは2009年。日本のネットの匿名発信の文化を打ち破ろうと、元NHK職員で当時は大学教員だった池田信夫氏がライブドア(現LINE株式会社)の協力を得て「アゴラ」を創刊。同年秋にはライブドアも自社で「ブロゴス」を立ち上げた。初期のアゴラは学術やジャーナリスト系の投稿が多かったが、ブロゴスは政治家ブログを右から左まで党派を問わず転載した。2013年にはハフポスト日本版も創刊。これらのメディアの登場で、執筆者が実名で論考を投稿する「ブログ論壇」が発展する素地ができた。

 そして、2013年の公選法改正により、同年の参院選からネットを使った選挙活動が解禁。これを機に政治家のブログ発信が広報戦略の中で重要度を増す。このタイミングで頭角をあらわしたのが、同年の都議選で初当選した音喜多駿氏(現日本維新の会・参議院議員)だ。ブロガー議員として都知事選などの政局で存在感を示し、一時、支援していた小池知事のブームの折は、地方議員として異例の多さのテレビ出演で知名度が全国区になったのは周知のとおりだ。

 筆者が思うに、政治家のブログ記事の種類は、単純な活動報告(例:「地元のお祭りに参加してまいりました」)と骨太な政策論考に大別されるが、圧倒的多数は前者、それも今でいえばインスタグラムに短いキャプションをつけて投稿する程度のもので占める。しかし、音喜多ブログが「政治家ブログのイノベーション」だったと思うのは、両者の中間で読みやすいコラムを毎日投稿するスタイルを確立した点だ。

 だから、たとえばお祭りの話題を取り上げるにせよ、普通の政治家であれば「行ってきました」で済ませるところ、「政治家はなぜお祭りに行くのか?」というような、政治に詳しくなく、選挙区外の読者にも興味を持たせ、客観性や汎用性を持たせる工夫をしているのだ。政策テーマについても、論壇誌に寄稿するよりは柔らかめの語り口調で、時にはネットスラングも交えて書くことで若い世代には親しみやすくしている。

 メディアで仕事をした経験こそないが、学生時代から積極的にブログを書いていたことで基礎的な筆力があるのだろう。なお、前述の山本一太氏も語り口調で、政治の裏舞台を積極的に書く点ではパイオニアだった。


■ママ友LINEで“待機児童”ブログ回し読み


 ただし、音喜多氏が上の世代のブログ政治家と異なるのは、前述したメディアの「伝送路」を熟知している点だ。アゴラやブロゴスなどメディアを運営する側としては、転載するに当たってニュース性も価値判断するが、ブログだと政治家本人の発信でポジショントークになることは前提とはいえ、ニュースサイトとしては転載に当たり、時事性や話題性も考慮したい。「自分語り」に終始せず、インスタの写真投稿レベルにとどまらない記事コンテンツであれば、転載されやすくなる。一度掲載されると、アゴラやブロゴスだけでなく、ヤフーニュース(アゴラは11〜18年配信)やスマートニュースなどのプラットフォームでも掲出される。

 実はそうした「伝送路」の有効性に気付いている現職政治家は、音喜多氏を含め、筆者が知る限り若手を中心に数えるほどしかいない。どういうことか。

 一つは住環境の問題だ。首都圏や大阪、名古屋、福岡といった都市部の地域ではオートロック配備の高層マンションが多く、個々の住民との関係構築が容易ではない。ただし、これらの地域はネット利用が盛んだ。ひと頃前までは「地方議員=草の根」のイメージが強かったが、都心では様変わりしている。

 筆者の住む東京・港区の区議選で連続トップ当選の清家あい氏(無所属)は、元産経新聞記者だけあり筆力は群を抜いている。待機児童や区立幼稚園入園といった問題は、まさにネットシフトした子育て世代が当事者だ。二児を育てる筆者の妻の話で偶然知ったのだが、地元の母親たちがグーグル検索で清家氏のブログを読み、区役所のホームページに載った「建前論」にとどまらない、実践的な話を参考にしている。その中身を口コミやママ友で作るLINEのグループチャットでブログを回し読みし、読んで気がつけば“支持者”になっているという構図である。

 もう一つはメディア環境の変化だ。投票に行く有権者が読むメディアといえば新聞だったが、2018年の一般紙の発行部数は約3600万と10年間で1000万部も減少(新聞協会調べ)。子育て政策の当事者である40代以下は、新聞を特に読まない。これでは、政治家にとって重要な広報ツールである、折り込みチラシを見てもらえないわけだ。

 逆に、スマートニュースのユーザーは40代と50代で過半数に達しており(※媒体資料より)、若くない世代も紙離れ、ネットシフトは着実に進んでいる。だから個人サイトにとどまらず、有名なニュースサイトで掲載されるだけのクオリティーの高い記事を書けるかどうかは、政治家のアピール力として今後もますます重要になろう。


■選挙にも威力。絶大な広告効果


 そして、これはネットに熟知した政治家の「手の内」を明かすことになるが、有名サイトに載るだけのブログは、新手の「選挙広報」としても機能する。ネット選挙は解禁されたものの、実は個人候補者の選挙期間中のネット広告掲示は、まだ解禁されていない(政党や政治団体は可能)。しかし、有名サイト編集部の査読を通過し、一定以上、質のある論考やコラムスタイルの政策記事がネットニュースに載れば、個人ブログで出すだけとは比較にならない大きな「広告効果」を発揮できる。

 筆者はアゴラの仕事とは別にネット発信のコンサル業務をしているが、筆力に課題を抱えていたり、筆力があっても執筆時間が取れなかったりする政治家から、しばしば相談される。プロのライターを雇って代筆してもらい、コンスタントに発信する国会議員もいる。

 アゴラで政治家ブログの力を実感したのは2017年都議選だった。当時、都民ファーストの会にいた音喜多氏を含め、現職都議でレギュラー執筆陣は4人いた。追い風の都ファ所属の2人の当選は容易に想定していたが、逆風だった自民党、維新の都議もそれまで精力的に発信していたこともあって生き残り、4人全員が当選した。

 特に自民から再選を期した川松真一朗氏(墨田区選出)は17000票台で103票差の当選だった。川松氏は、自民党都議会議員で当時、有名ブログサイトで記事が掲載されていた唯一の候補者。テレビ朝日アナウンサー時代に培った発信力で、そのころは絶頂だった小池都政の問題点を粘り強く指摘し続け、若い自民党支持層からのネットを通じ支持を取り付けたとみられる。


■小泉進次郎氏も翻弄されるブログ政局


 この1年ほども「ブログ発の政局」は健在だった。

 それも次第にローカル政局でも起こり始めており、先述した元祖ブロガー議員ともいえた山本一太氏は、地元の群馬県知事転出へのムードを作るため、昨年11月、自身と現職知事の支持率を探った独自の情勢調査結果をなんとブログにアップした。この時点で、地元の自民県議は山本氏の支持で固まる前のことだったが、現職知事の倍の支持率を見せつけて圧倒し、県内の「待望論」喚起を狙った。これが群馬県政界に与えた衝撃は小さくなかった。その思惑通り、知事はやがて引退し、その8か月後に山本氏は知事選で圧勝した。

 また、小泉進次郎氏の前任の環境相だった原田義昭氏が退任時の記者会見で、福島原発の処理水の海洋放出の必要性を説いて波紋を呼んだことは記憶に新しいが、自説を曲げない原田氏はさらにフェイスブックとブログにも「誰かが言わなければならない、自分はその捨て石になってもいい」と投稿。これもまたニュースの発信源となり、就任まもない小泉氏を追い討ちして翻弄した。

 一方で、有権者から見れば、当然のことながら政治家ブログは、政治的宣伝とポジショントークとマウンティングを凝縮したようなもので、読むときは注意も必要だ。政敵を攻撃しようと、事実を切り取って印象操作しようとするものも散見される。アゴラで多数の政治家ブログを取り扱う筆者も、査読の際は注意している。実際、アゴラに投稿してきた、ある政治家ブログの内容が、あまりに切り取りがひどく、注意して書き直させたこともある。もちろん、明らかに事実と異なったり、悪意を感じたりするものなどは載せない。

 とはいえ、政策の当事者、専門家である書き手が直接発信することで、新聞記者が聞きかじりの知識で書いたものより読み応えがある政治家ブログは多い(アゴラでは最近の日韓問題への関心を受けて、外務省時代に分析官だった松川るい参議院議員の記事は人気だ)。また、その政治家がきちんと仕事をしたのか検証する材料にもなるし、そこから政策論議を生むこともできる。メディア関係者も結構、取材や企画の手掛かりにしてもいる。

 N国の立花氏によるユーチューブ発信の影響で、最近は音喜多氏も動画発信を本格化するなど、政治家のネット発信は動画シフトする向きもあるが、ブログが政局やニュースの発信源として存在感を見せることはこれからも続きそうだ。

新田哲史(にった・てつじ)
アゴラ編集長。株式会社ソーシャルラボ代表取締役社長。1975年、神奈川県生まれ。早稲田大学法学部卒業後、読売新聞記者、PR会社を経て独立。15年に言論サイト「アゴラ」の編集長に就任。著書に『蓮舫VS小池百合子、どうしてこんなに差がついた?』(ワニブックスPLUS新書)など。

週刊新潮WEB取材班編集

2019年11月6日 掲載

関連記事(外部サイト)